もっと泣ける猫漫画はドラマのある猫キュンおすすめストーリー特集

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画 猫漫画で胸キュン! 猫なのにこんなに素敵なドラマがあるなんて! 漫画を読んでうっとりしながら、猫漫画もここまで来たなー・と感慨深くなります。 笑って泣けるて、きゅんとする。 ホロリとさせる展開がある、おすすめ猫キュン漫画


猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画


そろえてちょうだい?

猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画

そろえてちょうだい?

いくえみ綾

ストーリー性星星星星星
キャラクター性星星星星星
画力星星星星星
読後感星星星星星

猫漫画特集もっと見る

表紙の「はじめまして。ぼく、ブンたん。」の一言にノックアウト。「そろえてちょうだい?」という題名も興味を誘う。ブンたん、なんて可愛いんだ、めまいがする。

白地に入った微妙な黒い模様もかわいい。特に鼻の模様のずれがたまらない。模様フェチの方はぜひ読んでほしい。

書店で数ページ立ち読みしたら、吹き出すのを我慢しているうちに腹筋が痛くなり、すぐレジに向かうことになった。 なんという力のある漫画なんだ。 いくえみ綾恐るべし。

猫を飼っているととても共感できることが多い。そして、笑いが止まらなかった。

ブンたんは秋にドングリを隠すリス並に綿棒を隠し過ぎである。 いろいろツッコミどころが豊富で、読んでいて飽きない。 さらに途中から、家猫だけでなく庭猫も出演しはじめ素敵な猫ライフは拡大していく。 これがまた個性的な猫で読んでいて大変面白い。

それぞれキャラクターが立っていて、すさまじく魅力的なのだ。 筆者の猫を好きな気持ちがこれでもか!これでもか!と詰まっている作品だ。 読んでいると、そうか!そうか!もっと猫の楽しい話を聞かせて!となる。


ページTopへ

スポンサーリンク

ちびネコ どんぐり

猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画

ちびネコ どんぐり

ねこまき(ミューズワーク)

ストーリー性星星星星星
キャラクター性星星星星星
画力星星星星星
読後感星星星星星

猫漫画特集もっと見る

表紙を見て「まめねこの人だ!」とわかる人は猫漫画スキーの同士だろう。 裏表紙の舞い落ちるドングリといい、上下にパカッと別れたドングリの中にいる子猫といったらもう! このゆるっとした絵が本当に好きだ。

この『ちびネコ どんぐり』は『まめねこ』の著者のコミックエッセイなので、これは実話なのだ。 そして先住猫と子猫の関係を描いているので、つまり最初から緊迫したシーンから始まるってこと。

どんぐりがブフズビいっていて可愛いなと思ったら、大分大変な顔面になっていたのも最高にかわいい。 どこか無邪気などんぐりは例え鼻水がカピカピでもにゃんこ先パイと遊びたい。そんなどんぐりの愛らしさがなんとも魅力的。

一方そんな猫たちを心配しながら暖かく見守る家族も大変いい感じなのだ。

ねこまきさんのふんわりした感じが漫画全体に溶けていて気持ちがいい。 旦那さんが常にパンツ一丁姿がなんだが健康的で許せてしまう。 お姑さんは頼りになってかっこいい。 みんな猫好きなのが最高にいい。

そして笑ったと思ったら思わず泣かされるのだ。 そうだろう。そういうこともあるだろう。 そして素敵な家族と共に居られる猫は幸せだろうとしみじみしてしまうのだ。

「ちびネコ どんぐり」は「まめねこ」にはまった人はもちろんだが、多頭飼いを考えている人に是非読んでほしい癒やされる猫マンガだ。


ページTopへ

にゃんからにゃんこ

猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画

にゃんからにゃんこ

杉作

ストーリー性星星星星星
キャラクター性星星星星星
画力星星星星星
読後感星星星星星

猫漫画特集もっと見る

猫漫画界では有名な『猫なんか呼んでも来ない』や名作『クロ號』で胸打ち抜かれた人はこの『にゃんからにゃんこ』も外さない。

心やさしいおっさんと、猫の次郎丸の日常を通して、猫と人との関係、猫の気持ち、人の気持ち、本当に細かい描写で表現されていて、考えさせられるものがある。

杉作先生の作品は、猫と人間の関係性をとてもリアルに、絶妙に描写していて毎度感心するが、本作「にゃんからにゃんこ」はもしかしたら今までの作品でも一番、「猫ってホント、こうだよなぁ」と言いながら読んでいたかも。

杉作先生の猫へのありあまるほどの愛をひしひしと感じる。 猫飼いの方なら、とても共感できるのではないだろうか。 

それにしても、でてくる猫はみんな味のあるキャラクターで見ていて飽きないし、かわいい。 そしてちゃんと可愛いだけでは終わらせない所も杉作節なのだ。 しんみりするテーマも扱いながら、全体を通して読後感はじんわりほっこりする。


ページTopへ

しょぼにゃん

猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画

しょぼにゃん

きっか

ストーリー性星星星星星
キャラクター性星星星星星
画力星星星星星
読後感星星星星星

猫漫画特集もっと見る

初回登場時から、全力でしょんぼりしている。それもいい感じに。 主人公だというのにこのしょんぼり具合、新しい!!!!。

鳴き声も「ぷにゃ」と守ってあげたくなるような声。いつも震えていて、やることなすこと上手くいかないことが多いが、そこがまた可愛い。ゆっくりがんばれと応援したくなる。
表紙を見たときから、なんだろうこのパンツのようなおむつのようなものは、と思っていたらおもらししていた。あわあわしつつも、知恵を働かせて猫砂をかけた満足げな顔も大変可愛らしい。

中にはキリッとしているときもあり、猫ながらドキッとときめいてしまう。 猫漫画を読むと、あるある!と共感するものだが、しょぼにゃんにはそれが少ない。新しい!!!!!!

この漫画には、しょぼにゃんだけにしかできない魅力がたくさん詰まっている。

しょぼにゃんが一生懸命な姿やふてくされて泣いている姿、ちょっとくやしそうな顔など一挙手一投足にページめくるごとに和み、そして癒される。ほわほわゆるゆるの日常四コマが好きな人はたまらない作品である。 今一番おすすめの猫漫画。


ページTopへ


べいびー・ぞっちゃ

猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画

べいびー・ぞっちゃ

生藤由美

ストーリー性星星星星星
キャラクター性星星星星星
画力星星星星星
読後感星星星星星

猫漫画特集もっと見る

この世に生まれて来て、初めて見るものや聞こえる音、触れるものに、ちょっと腰は引けつつ興味は深々という子猫たちの世界は、毎日が冒険の日々だろう。 生藤由美は本当に猫の言葉がわかるのではないかと勘繰ってしまいたくなる。

子猫たちの驚きや不思議だけでなく、ママ猫の戸惑いや不安も描かれており、何となく「猫の育児書」のような体にもなっていて、優しい爆笑の連続である。

子を産み育てること、叱ること愛すること。 そこには「猫」とか「人間」の区別などなく、ただただ歓迎と祝福が広がっていく世界が正しいのではないか。

笑いの中にも、そんな著者の愛情が静かに息づいているような気がしてくるのだ。 だからこそ、上記の「勘繰り」はあり得るのではないかという幸せのループが生まれる。

本当に赤ん坊時代から子猫をこれだけ緻密に描写した猫漫画は希有である。 可愛さと共に「命」という事を幸福感と共に考えさせくれるのだ。

「はじめまして」と挨拶をしてくれた子猫たちが、次はどんな言葉で私たちを迎えてくれるのか、楽しみでたまらない。


ページTopへ

ぬくぬく

猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画

ぬくぬく

秋本尚美

ストーリー性星星星星星
キャラクター性星星星星星
画力星星星星星
読後感星星星星星

猫漫画特集もっと見る

一人暮らしの山田さんと猫の「しま」のほんわりあったかライフが描かれている『猫とぬくぬく』。 しまはもちろんだが、しまにメロメロで振り回されている山田さんがなんとも可愛いのだ。

外ではかなりキリッとした芯のぶれない山田さん(ちなみにオジサンである。)だが、家に帰るとしまにデレデレである。とくにしまちゃんと抱擁した後、山田さんとしまちゃんに訪れる一瞬の間がたまらない。

猫の性格や性質がかなり詳しく描かれているのがとっても読んでいてうれしい。買ったおもちゃに見向きもしない、新聞にドッシリと腰をすえる。これはどこの猫飼いも、そうそううちもなんだ、となるだろう。

猫漫画ではあるが、実はこの漫画は山田さんを見守る漫画だとも思っている。 読み進めていくうちに、しまちゃん以上に山田さんが好きになってしまうのだ。 エピソードの出し方が上手いのだ。 そしてそんな山田さんの作る料理は大変おいしそうなのだ。ぜひご相伴にあずかりたい。

「ぬくぬく」は何気ない日常にあふれる小さな幸せや発見を、ひとつも取りこぼさず描いている。 だから幸せってこういうことかな? と、ちょっとしんみりしちゃうのだ。 そんな所も読後感のよい、幸せになれちゃう猫キュン漫画なのだ。


ページTopへ

トラジマのミーめ

猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画

トラジマのミーめ

松本零士

ストーリー性星星星星星
キャラクター性星星星星星
画力星星星星星
読後感星星星星星

猫漫画特集もっと見る

「子供の頃から家に猫がいなかったことがない」という松本零士。 SF漫画の第一人者となってからもトラジマの猫にミーくんと名付け、長年飼い続けている。 特に青春をともに送った初代ミーくん(メス)への思い入れは大変強いのだとか。

それを反映するかのように、「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「宇宙海賊キャプテンハーロック」など、多くの松本作品にはミーくんという名の猫が登場する。
そこではストーリーを和ませる貴重なサブキャラクターとして登場することが多いが、「トラジマのミーめ」は、そのミーくんが主人公として描かれた貴重な作品である。

ミーくんと飼い主のあつ子一家、野良猫仲間たちとの日常を描いた作品で、ミーくんはどの話にも登場するが、飼い主や設定などは異なっており、それぞれ独立したストーリーとなっている。
月刊プリンセスなどの少女漫画誌に1975年から1977年にかけ発表された。これは2代目のミーくんが健在だった時期にあたる。

あつ子とミーくんとの出会いを含め、作品のエピソードは松本自身の実体験がもととなっていることが多いのだそうだ。

悲しい結末を迎える話もあるが、そんなシーンも含めて作者独特の「命」に対する慈しみや温かさが胸に染み入る、松本零士による1冊まるまる猫漫画である。


ページTopへ

renai-boto-d.jpg

猫大好き♪猫漫画をたっぷり読みたい!!ねこ漫画もっと色々こちらから


猫キュン!猫のドラマが可愛くてついホロリと泣ける猫漫画も他の特集も♪
おすすめ漫画まだまだあります!



  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 猫あるある漫画で楽しく学ぶ猫と暮らす漫画好きの猫の飼い方しつけ方

猫大好き作家のおすすめ猫漫画は癒やされ効果もバツグンすぎる »


猫のトップへ戻る

おすすめ漫画一覧

もっと見る

みんなのおすすめ漫画レビュー新着テーマ一覧

みんなのおススメ漫画これ読みたい♥ランキング

1位

熱帯デラシネ宝飾店
熱帯デラシネ宝飾店
夏目 イサク

新書館
2017年02月25日 発売

もっと見る漫タン

  • この本の購入
  • 電子書籍

2位

帰る場所
帰る場所
近藤 ようこ

KADOKAWA
2017年02月25日 発売

もっと見る漫タン

  • この本の購入
  • 電子書籍

3位

悪のボスと猫。
悪のボスと猫。
ボマーン

双葉社
2017年02月28日 発売

もっと見る漫タン

  • この本の購入
  • 電子書籍

漫画する人達

コンテンツの中の人情報!絵師作家漫画家クリエイター=プロと周辺のお仕事情報

もっと見る

漫画する人達テーマ一覧


アニメ化やテレビドラマ化、劇場映画公開!映像化した漫画は絶対に面白い!映像化漫画【動画特集】

映像化された漫画は絶対に面白い! 話題の動画から話題の漫画を探そう♪ テレビアニメからテレビドラマ、劇場公開版映画化、書店向けプロモーション映像もあります! あのムービーもう一度見たい! 漫画関連の動画をあつめました。

漫画関連の映像化動画もっと見る

新着!漫画ニュース

新着ニュース/イベントレポート/あなたの街の書店漫画コーナーミシュラン

もっと見る

漫画ニュース
カテゴリ一覧

みんなのおすすめ漫画情報

もっと見る

スポンサーリンク


コメントを投稿する

コメントを投稿する