漫画系面白企業にインタビュー

Webマンガの新しい出口か!?NEXT大賞を実施中の宙出版

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


Webマンガの新しい出口か!?NEXT大賞の魅力に迫る!

"あなたのWebマンガが本になる"NEXT大賞を実施中の宙出版。
今回は、「となりの801ちゃん」、「奥さまはマリナーゼ」など、数多くのヒット作品を発掘してきた編集長の中江陽奈さんにインタビューしてきました。
9月30日に発表されたネクスト大賞の作品と照らしあわせつつ、今回のインタビュー内容を読んでみてはいかがでしょうか?
きっと、NEXT大賞に応募したくなる!

中江陽奈 宙(おおぞら)出版 NEXT編集部編集長
中江陽奈
新しい形で作家の開拓を続ける編集長。「となりの801ちゃん」「奥さまはマリナーゼ」などヒット作品を発掘。1999年に大学卒業後、ホイチョイ・プロダクション、NHKフリーディレクターを経て宙出版入社。担当作品は「生きるススメ」(戸田誠二)「こっこさん」(こうの史代)など。

NEXT大賞

宙出版
株式会社 宙(おおぞら)出版のホームページ。ネクストコミックスシリーズを始め見逃せないコミックスが続々刊行...
あなたのWebマンガが本になる!NEXT大賞大募集!!
宙出版NEXT編集部のWebマンガ投稿サイト。大賞作品には賞金50万円と書籍出版化をお約束。

NEXT大賞は、とにかく投稿しやすい形にしました!

――今回は、NEXT大賞の魅力から今後の展開までを中江編集長にズバリ聞いちゃいますのでよろしくお願いします。

中江編集長(以下 中江):よろしくお願いします。

――「NEXT大賞」はどのような経緯で始まったのか教えてください。

中江:去年の夏に、「となりの801ちゃん」2巻をリリースして盛り上がりましたが、その時には次の作品を見つけたいと思ってました。
常に新しい作品に出会いたい気持ちが強くて、どんな形で出会えるかと考えていたのが去年の秋ぐらい。
"募集"のキーワードが浮かんだのは今年の春で、Webの担当者と打ち合せして、実現化したのが今のNEXT大賞です。

――「NEXT大賞」の特徴を教えてください。

中江:"とにかく投稿しやすい形にして欲しい"と、Web担当者にはお願いしました。格式ばった形ではなく、必須項目を少なくしてハードルを低くして色んな作家が気軽に参加出来るように心掛けました。
Webマンガは、気軽さとか手軽さが大事ですから、"投稿しやすい形にして欲しい"と言うのがひとつのNEXT大賞の特徴になりますね。
もうひとつの特徴は、選考基準です。
サイトのアクセス数の多い少ないが、選考基準とは考えておりません。
最近、作家さんから尋ねられるのですがアクセス数が多い作品が大賞を取るのではなく、NEXT大賞は作家さんのポテンシャルを見せていただく事 を目的としております。
では、ポテンシャルとは何かと言うと"Webから本にした時の新鮮さや驚きなどを売りにした本"作りが出来るかどうかですね。
そこが一番の選考基準になります。

本にした時のインパクトが重要ですっ!

――どのくらいの応募がありましたか?

中江:100近くになります。3ヶ月弱の期間、自社HP内だけの告知でこれほど集まって、本当にありがたく思っています。

――応募の多い部門を教えてください。

中江:そうですね。オリジナル(ショート・一般)が多いです。
なかには、2~3年かけて描いている作品を投稿してくれた方もいらっしゃいました。

――主催者側として、どのような作品を求めていますか?

中江:NEXT編集部は雑誌を持っていないので、いきなり本を作ってデビューする形なんです。そうなると、1冊の本になった時書店に並んだ時にどれだけのインパクトを与えられるかが重要になってくるんです。
そういう意味で、個性的な世界観が重要だと考えております。
誰にでも描ける作品じゃなく、その人個人の魅力ある作品を送ってもらえればと思います。

――『奥さまはマリナーゼ』シリーズや『となりの801ちゃん』シリーズなど大ヒット作品を世に送り出しておりますが、WEBマンガの良さとは何だと思いますか?

中江:雑誌の休刊など相次ぎ、マンガ家さんの舞台が減ってるのが現状です。
そんな現状の中、マンガ家の方々がWebで舞台を作りはじめていると考えています。
また、自分が出来る範囲で、マンガをただ描きたいって人が増えてきているとも思います。
ただ純粋に、自分の描きたい作品を描いて色んな人に見てもらえるという形。
Web上では、ひとりよがりの作品が多いかもしれません。でもマンガの多くは元来一人の強い思いや「これはおもしろい!」という思い込みによってうまれてきました。
そこには充分な魅力があると考えています。

――「ネクスト大賞」の今後の展開をおしえてください。

中江:出来れば、大賞の作品を書籍化した形で年内中に出したいですね。
また、ネクスト大賞を受賞した方々がこれを通じてお仕事などを個別にもらったりして"NEXT大賞を受賞すると縁起がいい"って言われる形になればいいですね。

――中江陽奈編集長の今後の目標をおしえてください。

中江:Webマガジンを作れればと思っております。
ネットならではの形で読めるマンガを掲載するWebマガジン。
全く新しいWebマガジンを作れればと思ってますがあくまでも考えてるだけです(笑)

次回NEXT大賞の告知

第2回の募集も近日開始!!
詳細、宙出版HP上で近日公開予定。
宙出版

NEXT大賞



※漫画業界のリリースニュースお待ちしてます。こちらから


  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« ペンタブレットを30年間作り続ける株式会社ワコム

Webマンガの新しい出口か!?NEXT大賞を実施中の宙出版 »


スポンサーリンク


漫画系面白企業にインタビューのトップへ戻る

漫画系面白企業にインタビュー新着記事

漫画する人達
テーマ一覧

漫画する人達新着記事

これ面白い!みんなのおすすめ漫画レビュー新着テーマ一覧

みんなのおすすめ漫画これ読みたい♥ランキング

2位

好いも甘いも
好いも甘いもを読みたい!
小藤まつ

集英社
2019年11月25日 発売

みんなの評価評判

3位

推しに認知してもらうためにアイドル始めました。
推しに認知してもらうためにアイドル始めました。を読みたい!
まつもと

キルタイムコミュニケーション
2021年09月14日 発売

みんなの評価評判

みんなのおすすめ漫画ランキング5

あなた独自の面白い漫画ランキングを作って発表できる♪あなたのおすすめランキングが誰かの明日を幸せにするから

あなたのMy漫画ランキング
投稿こちらから→

みんなのMy漫画ランキングもっと見る


おすすめ漫画一覧

おすすめ漫画特集をもっと見る

新着!漫画ニュース

新着ニュース/イベントレポート/あなたの街の書店漫画コーナーミシュラン

スポンサーリンク


コメントを投稿する

コメントを投稿する