漫画業界をささえるプロのお仕事

しりあがり寿が『マンガ入門』で伝えたかったこと-その3-今の世代ってチャンスじゃないですか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


逆に今の世代ってチャンスじゃないですか。
僕なんかはもうパソコンあまりできないし、だめですよ。--
「表現したい人のためのマンガ入門」 しりあがり寿

しりあがり寿が語る『マンガ入門』で伝えたかったこと

しりあがり寿 (しりあがりことぶき)
1958年、静岡市生まれ。
多摩美術大学グラフィックデザイン専攻を卒業後、キリンビールに入社。
宣伝やパッケージデザインや商品開発を担当。
チームの一員として手がけた〈一番搾り〉が大ヒット。
1985年、会社員の傍ら「エレキな春」(白泉社)でプロ漫画家デビュー。
1994年、退職。専業漫画家となる。
2000年、「時事おやじ2000」(アスペクト)、「ゆるゆるオヤジ」(文芸春秋)にて第46回文芸春秋漫画賞を受賞。
2001年、「弥次喜多 in DEEP」(エンターブレイン)で第5回手塚治虫文化賞「マンガ優秀賞」を受賞。

しりあがり寿作品はコチラ!

「表現したい人のためのマンガ入門」 しりあがり寿

いいんじゃないですか。ITとかってよくわからないけど。

レンタルや電子コミックなど新しいマンガ流通の流れや、国際漫画賞の設立などマンガをめぐる新展開が話題の昨今
。 さまざまな表現活動と平行して、マンガ表現の現在と未来についての新書を昨年執筆された、マンガ家しりあがり寿さんに「マンガの現在と未来」について直撃インタビューしました。

「表現したい人のためのマンガ入門」

21世紀の自己表現法。自分をプロデュースしてみよう。
マンガやイラスト、映画において成功のかなりの部分は「売れる」ということ。
描きたいことを描いて、しかも売れるにはどうすればいいか、マンガだからできることとは何か。
多様なマンガ表現を追究する著者が説くマンガ入門書。

――ネットの世界に多い、失われた10年で社会に出たロストジェネレーション世代、別名「貧乏クジ」世代へのメッセージが何かあれば。

あぁ、朝日新聞で取りあげられていたのはあなた方でしたか(笑)。
もう、かわいそうだねとしか言いようがないけど。
しかし、世代でくくる意味はないんじゃないかな。
逆に今の世代ってチャンスじゃないですか。
僕なんかはもうパソコンあまりできないし、だめですよ。
それに、ネット社会ってさ、本当に賢いやつがほんとに悪いこと考えたらすごい悪いことが起こるんじゃないかと思って怖くてパソコン入りこめない。
せいぜい片足。
でも、みなさんの世代はパソコンとかITってどっぷりいけるじゃないですか。
だからこのマンガソーシャルメディアなんていう新しいものができるんだろうしね。
それと、マンガ家に関していうと、若い世代はみんな賢いよね。
僕らの世代はもう少しいろいろあがいてる。
下の世代は売れなきゃいけないとか普通にわかってて、変な幻想よりプロ意識があって、この本(マンガ入門)を読んでも、「何をいまさら当たり前のこと言ってるの?」という感じなんじゃないかな。
今、教えてる学生なんかもマジメだしね。
欲が表に出ないだけなのかもしれないけど。
ところで、今、ネットで働いてる人たちってどうなんですか?新しいサービスや企画を開発することに熱中してるのかな。
mixiみたいに一番新しいことをやったもの勝ちみたいなものもあるんでしょうね。

――ネットの世界は、捕まってしまったホリエモンもそうですが20代後半~30代の人が多いですね。

出版界の人が昔、フロンティアというか新しい企画を模索してあがいていたようにネットの世界でもこの世代中心に頑張ってあがいてる感じです。

「表現したい人のためのマンガ入門」 しりあがり寿

マンガソーシャルメディアへのメッセージ

●マンガソーシャルメディアへのメッセージ
――マンガソーシャルメディアは新しいマンガメディアになりたいのですが。

いろんな新しいサービスがあって、いいんじゃないですか。
マンガをネットで読むという習慣が自分にはないんだけど若い人は違うのかもしれないね。
そういうところから新しいものが出てくるのかもしれないなと。
ずっとやってみたかったのは、いきなりネット用の「ニュータイプマンガ!」なんて構えるんじゃなくて、テレビ番組のテロップみたいな細かいテクニックからマンガに取り入れること。
ネットならたやすく入れられるよね。
そういうのをうまく活用した、紙ではできない表現が生まれるといいね。
人の想像力とか認知能力とかのすりあわせもあるんだろうけど。
今すぐにではないですけど、いきなり大袈裟なことをやるんじゃなくて、今あるマンガをこうしたら面白いな、こう変えたら面白いなというような具体的で地道なレベルのものをやっていきましょうよ。
もうすぐ広島でフラッシュアニメの個展もやるんですけど、今、教えてる神戸の学校がマンガ・アニメ・デジタル・写真とか近いジャンルが一緒になってる学部なんです。
そうした学生と組んでフラッシュを使ったネット用のマンガが開発できたらおもしろいものができるかもしれないよね。

――そのプロジェクトが進んだらパソコンを使わないといけないですね。

うん、大丈夫。
人に使わせるから(笑)。

しりあがり寿さんの最近の活動紹介:

■最新刊
「地球防衛家のヒトビト」3巻発売中 詳しくはコチラ!

「表現したい人のためのマンガ入門」 しりあがり寿

マンガ界の「ラストサムライ」

■個展

「オレの王国、ちぢんじゃったよ。」 スケジュール: 2007年06月01日 ~ 2007年06月23日 17:00 会場: ASK? Art Space Kimura 住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F 電話: 03-5524-0771 ファックス: 03-5524-0772 詳しくはコチラ!

「オヤジの世界」展 スケジュール: 2007年7月28日(土)~10月14日(日) 会場: 広島市現代美術館 住所: 〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 電話: 082-264-1121 詳しくはコチラ!

■神戸芸術工科大学メディア表現学科特任教授

詳しくはコチラ!

■公開講座「しりあがり寿先生の漫画塾」

詳しくはコチラ!

編集後記:

売れっ子マンガ家でご多忙にもかかわらず、いろいろユニークかつ新しい活動をされているしりあがり寿さん。
一見、マルチプルなアーティスト特有の斬新な発想をもとに作品を生みだされていると思いきや、「ケダモノ」や「動機」の大切さを説くマンガ界の「ラストサムライ」というような侍魂をひしひしと感じました。
落ち着いた語り口のなか、流行りもの・売れるものへの一極集中化・表層化や、ITのこわさを懸念しつつも新しいモノには貪欲なクリエイターとしての「ケダモノ」の姿が垣間見えた印象です。
パソコンはあまりやらない、とご本人はおっしゃっていましたが、取材後、鬼神のようにPCディスプレイに向かって創作している姿を思わず想像してしまいました。
ぜんぜん違っているかもしれませんが(笑)。



※漫画業界のリリースニュースお待ちしてます。こちらから


  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« しりあがり寿が『マンガ入門』で伝えたかったこと-その2-「表現したい人のためのマンガ入門」の背景

しりあがり寿が『マンガ入門』で伝えたかったこと-その3-今の世代ってチャンスじゃないですか »


スポンサーリンク


漫画業界をささえるプロのお仕事のトップへ戻る

漫画業界をささえるプロのお仕事新着記事

もっと見る

漫画する人達
テーマ一覧

漫画する人達新着記事

これ面白い!みんなのおすすめ漫画レビュー新着テーマ一覧

みんなのおすすめ漫画これ読みたい♥ランキング

1位

億万長者と愛を運ぶメイド:孤独な富豪のクリスマス秘話
億万長者と愛を運ぶメイド:孤独な富豪のクリスマス秘話を読みたい!
夏海 鈴,モーリーン・チャイルド

ハーレクイン
2020年01月26日 発売

みんなの評価評判

2位

追憶:一生忘れられない初恋
追憶:一生忘れられない初恋を読みたい!
塩森 恵子,サラ・クレイウ゛ン

ハーレクイン
2020年01月26日 発売

みんなの評価評判

みんなのおすすめ漫画ランキング5

あなた独自の面白い漫画ランキングを作って発表できる♪あなたのおすすめランキングが誰かの明日を幸せにするから

あなたのMy漫画ランキング
投稿こちらから→

みんなのMy漫画ランキングもっと見る


おすすめ漫画一覧

おすすめ漫画特集をもっと見る

新着!漫画ニュース

新着ニュース/イベントレポート/あなたの街の書店漫画コーナーミシュラン

スポンサーリンク


コメントを投稿する

コメントを投稿する