面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

『麻雀放浪記』感想スタンプ・評価点数でどこが面白い?良い点は?関連作もまとめて紹介!

漫画『麻雀放浪記』の面白さをみんなのスタンプ評価点数とおすすめ感想レビュー、良い点・悪い点の点数評価からtwitterでの口コミや類似漫画、関連作品を徹底紹介。  麻雀放浪記は「名作完結漫画」と「アニメ化・ドラマ化された完結漫画」と「ギャンブル・賭博・博打漫画」と「バンブーコミックス」と「麻雀漫画」と「アクションコミックス」と「バンブーコミック 2000年代」と「アクションコミックス2020年代」と「嶺岸信明」特集にランクインしています。 さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。そしてこの漫画へのあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【感想スタンプ点数評価】ができます。 この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪ 動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介! コミックス最新刊は『麻雀放浪記 : 10 (アクションコミックス) 』です。

※本サイトのコンテンツは引用部分を除きマンガナビが独自に制作しています。出版関係・他の事業者(広告主)がコンテンツ内容・各種ランキングの決定に関与することはありません。スポンサー等の依頼による広告にはプロモーションを表記します。また本コンテンツはEC・ASPサイト等から送客手数料を受領しています。詳細はマンガナビについて-制作・運営ポリシーを御覧ください。

『麻雀放浪記』

更新日:2024年03月01日
第1巻公開日:2017年07月10日

作品紹介

雀聖と謳われた阿佐田哲也の傑作小説「麻雀放浪記」を、当代随一の麻雀劇画家の嶺岸信明が劇画化。退役軍人の息子として生まれ、苦労せず育った哲也は、勤労動員で稼げる麻雀の味を憶える。終戦後、父の恩給が途絶え、一家の大黒柱として家計を支えるべく哲也は、チンチロや麻雀の世界へ飛び込んで行く――。(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

-広告-

ブックライブ青年2
Renta青年2

『麻雀放浪記』を評価する!読んだ!良かった!を伝える共有スタンプ あなたの評価とみんなの評価の平均点です

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

-広告-

ブックライブ青年1

麻雀放浪記のオススメ感想レビュー

勝負事で真剣に闘う男の世界が描かれた不朽の名作漫画

麻雀放浪記 : 10 (アクションコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

雀聖・阿佐田哲也の代表作『麻雀放浪記』は、1969年より「週刊大衆」にて連載がスタート。
焼け跡の残る戦後の東京を舞台に、まだ10代の“坊や哲”が熱い勝負を繰り広げる様が大受けし、空前の麻雀ブームを巻き起こした。

1984年には和田誠がメガホンを執り、弱冠23歳の真田広之が主演に抜擢されて映画化し、高い評価を獲得。
さらに2019年には原作の大ファンを公言する斎藤工の主演でオリジナルの続編『麻雀放浪記2020』(白石和彌監督)が公開。
時代を超えて新しいファンを生みだし続けている。

そんな傑作が麻雀劇画の第一人者・嶺岸信明のコミカライズされたのだから面白くないわけがない。

退役軍人の子として生まれ、苦労を知らずに育った哲也。
しかし、敗戦で父の軍人恩給が消滅したことで生活が一変してしまう。

勤労動員でギャンブルにズブズブと足を踏み入れた哲也は、家計を支えるために鉄火場へ。
ドサ健を筆頭にさまざまな博奕打ちと出会いを経て、勝負師として成長していく“坊や哲”。

麻雀を知らなくても面白い、知っていれば激烈に面白い、そんな不朽の名作をぜひご堪能いただきたい。

麻雀放浪記のおすすめ漫画レビューを投稿

おトクな! 無料エリア各社増量中!!

この作品の無料お試しサービスを探す・比べる[PR]

漫画をおトクにたくさん読める♪電子書籍サービス徹底比較
\ 漫画をおトクにたくさん読める♪/電子書籍サービス徹底比較

麻雀放浪記の映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

無料動画・見放題を探す♪動画配信サービス徹底比較
PrimeVideo 麻雀放浪記

”突然!?1945年の《戦後》から【東京■リン■■■】が中止となった2020年の新たな《戦後》へ“奴”はやってきた。その男の眼に映るのは、彼の知る戦後とは別の意味で壊れ果てた、驚くべきニッポンの姿。人口減少、マイナンバー による過剰な管理社会、AI導入がもたらした無感情政策、共謀罪による暴力的統制・・・国が掲げた輝かしい明日はなく、まるでジョークのように危険なディストピアだった。この禁断の未来に現れた“奴”の名は――――“坊や哲” (ボーヤテツ)!二十歳で童貞ながらフンドシを晒すイケメン男子。彼こそは、幾多の激戦を制してきた若き天才ギャンブラー。なぜ、彼は《戦後》からタイムスリップしてきたのか!?そして、この未来世界は、彼に一体何と闘わせようとしているのか!?(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会 監督 白石和彌 出演 斎藤工, もも, ベッキー”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo 麻雀放浪記

”敗戦直後の上野。哲は終戦後も学校へは戻らずブラブラしていたが、ある日、勤労動員の工場で働いていた時にバクチを教えてくれた上州虎と偶然会った。そして、虎に連れられてチンチロ集落に足を踏み入れる。なけなしの金しかない哲は、 プロのバクチ打ちであるドサ健の張りにノッた。ドサ健のおかげで相当な勝金を得ることができた哲だか、その大半をコーチ料としてドサ健にとられてしまった。そんなドサ健に哲は、強烈な対抗心と同時に奇妙な友情を抱く。数日後、二人はアメリカ兵相手の秘密カジノ「オックス・クラブ」へ乗り込んだ。しかし、ドサ健は勝つだけ勝つと、哲が金を持っていないのを承知で帰ってしまい、哲は負け金が払えずアメリカ兵に打ちのめされてしまう。そんな哲を介抱してくれたのは、カジノのママだった。 監督 和田誠 出演 真田広之, 鹿賀丈史, 大竹しのぶ”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXT麻雀放浪記2020

突然!?1945年の《戦後》から【東京■リン■■■】が中止となった2020年の新たな《戦後》へ“奴”はやってきた。その男の眼に映るのは、彼の知る戦後とは別の意味で壊れ果てた、驚くべきニッポンの姿。人口減少、マイナンバーに よる過剰な管理社会、AI導入がもたらした無感情政策、共謀罪による暴力的統制・・・国が掲げた輝かしい明日はなく、まるでジョークのように危険なディストピアだった。この禁断の未来に現れた“奴”の名は――――“坊や哲” (ボーヤテツ)!二十歳で童貞ながらフンドシを晒すイケメン男子。彼こそは、幾多の激戦を制してきた若き天才ギャンブラー。なぜ、彼は《戦後》からタイムスリップしてきたのか!?そして、この未来世界は、彼に一体何と闘わせようとしているのか!?(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

映像を観る
U-NEXT麻雀放浪記(1984年)

「本物のろくでなし、あんたに惚れた。」 負けた奴は、裸になる― それがキマリだ。 あいつは俺の最後の持ち物なんだ。 惚れているから…売り飛ばす。 安全な生き方って奴は 僕も捨てちまった。 でも、あの人を女郎に売るなんて あこぎすぎるぜ。 ひたすら賭ける、青春。十七歳の夏、ギャンブルという名の人生を選んだ。

映像を観る
麻雀放浪記関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧
無料動画・見放題を探す♪動画配信サービス徹底比較
無料動画・見放題を探す♪動画配信サービス徹底比較

-広告-

Renta青年1
見逃し配信バナー

『麻雀放浪記』が気になる人のおすすめ漫画特集

『麻雀放浪記』の著者・レーベル・類似テーマ・関連作から面白い漫画を探す

麻雀放浪記が好きな人のために、テーマやジャンルでの類似漫画、同じ掲載誌、同じ著者・阿佐田哲也,嶺岸信明先生の他の作品や関連する特集などから面白い漫画をもっと探せます。

『麻雀放浪記』のtwitter上でのみんなの感想や話題のまとめ

マンガナビの『麻雀放浪記』情報にアクセスありがとうございます。
最新のtwitter みんなの更新情報の再取得を要請できます。

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

麻雀放浪記にこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • 凱風快晴  
  • よっちゃんのママ  
  • moon  
  • yzrhnt  
  • 3年A組3番  
  • て~~る~~~ん  
  • さわ  
  • 桃タロス  

麻雀放浪記にこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • kiss-777  
  • シエル  
  • なかじ  
  • <(^O^)テレテレ  
  • 凱風快晴  
  • (´`@)…みうみう  
  • デージー  
  • (ㆁᴗㆁ✿)  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

-広告-

Renta青年2
マンが読むならdブック

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する

-広告-

dアニメストア