面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

漫画『PLUTO』は面白い?かんたんスタンプ評価・みんなの感想・レビュー・関連情報もっと見る

『PLUTO』をおすすめ!  PLUTOの面白さを感想レビュー、みんなの評価点数と口コミ関連情報で紹介。  PLUTOは「ビッグ コミックス」と「設定が上手いSF漫画ランキング」と「浦沢直樹」と「手塚治虫」と「ロボット漫画」と「ヒーロー漫画」とにランクインしています。  このページではPLUTOの作者・浦沢 直樹,手塚 治虫先生の他の漫画やPLUTOが好きな人のためにテーマ・ジャンルでの類似漫画、お気に入りの漫画家の他の作品(過去作)、同じ掲載誌などからの面白い漫画も探せます。さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。  そしてあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【スタンプ点数評価】付き。  この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪  PLUTOの最新刊は『PLUTO 8 (ビッグコミックス) 』  動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介!

公開日:2004年09月30日
更新日:2022年08月04日

作品紹介

▼第1話/モンブランの巻▼第2話/ゲジヒトの巻▼第3話/ブラウ1589の巻▼第4~6話/ノース2号の巻(前・中・後編)▼第7話/ブランドの巻●主な登場人物/ゲジヒト(ユーロポール所属の特別捜査官。人間そっくりの外見を持つロボット)●あらすじ/ある夜、スイス林野庁所属のロボット・モンブランが、山火事現場でバラバラの破片となって発見された。翌朝には、別の場所でロボット法擁護団体の幹部・ランケも遺体で見つかり、双方の現場を検証した捜査官・ゲジヒトは、二つの事件が同一犯のロボットによるものと考え、追及を開始する(第1話)。●本巻の特徴/巨匠・手塚治虫の代表作に、現代を代表するコミック作家・浦沢直樹が挑む! 『鉄腕アトム』の名作エピソード「地上最大のロボット」をモチーフにした話題作が、満を持して単行本化!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

おトクな! 無料エリア各社増量中!!

PLUTOの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideo鉄腕アトム(1980)

”2030年東京、科学省長官の天馬博士が亡き息子飛雄の身代わりとして作ったロボット「アトム」は、天馬博士失踪後、お茶の水博士に育てられ心優しいロボットとして成長した。社会が「人間」対「ロボット」で対立している中、両方の環 境で生活することでお互いの立場に理解を深め、時には怒り、涙を流し、嘆き悲しみながらアトムは成長し、対立に立ち向かい、双方にとっての理想的な世界を築き上げようとしていく。(C)手塚プロダクション 出演 清水マリ, 勝田久, 菅谷政子”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXT鉄腕アトム(1980年)

「マンガの神様」と呼ばれた手塚治虫が1952年から月刊少年漫画雑誌『少年』(光文社)で連載したSF漫画『鉄腕アトム』。21世紀の未来を舞台に、核融合(連載当時は原子力)をエネルギー源として活動し、人間と同じ感情を備え持っ た少年ロボット・アトムの活躍を描いた大人気作品。1963年にフジテレビ系でテレビアニメ第1期が製作され、1966年まで放送された。本作はそのリメイク版で1980年に日本テレビ系で全52話が放送された。第1期の「心を持つロボット」というテーマ性を崩すことなく、アクションシーンを重要視した本作の第2期『鉄腕アトム』は、1980年当時の現代にアレンジされている。また「善と悪」の明確な対立という明確なテーマが描かれ、善も悪もそれぞれ「弱さ」や「悩み」を抱えていることを表している。2030年の東京。ロボット工学の権威で、科学技術省長官の天馬博士は人間と同等の心を持つロボット製作に挑戦していたが失敗を重ねていた。そのなか、天馬博士のもとをスカンク草井という男が訪れる。スカンク草井は「科学省長官の面目丸つぶれ」と揶揄し、天馬博士を激怒させる。そのうえで、スカンクは「オメガ因子」という回路を紹介。「オメガ因子」はロボットの頭脳に組み込むと人間並みの心を持つといい、その回路を使用することを勧めるが、天馬博士は「そんなガラクタを使う気はない」と跳ねのけるのだった。

映像を観る
U-NEXT鉄腕アトム(1963年)

手塚治虫の虫プロが制作した、日本初の本格的な連続テレビアニメ。電子頭脳、10万馬力のパワーなどの力を備えたロボット・アトムが、さまざまな事件や悪に立ち向かう。科学省の天馬博士により制作されたロボット・アトムは天馬博士のエ ゴによりサーカスに売られてしまう。しかし新しい科学省長官のお茶の水博士によって救い出され、アトムは晴れて自由の身となった。そして、世のため人のため活躍することに。キャスト・スタッフ声の出演 アトム 清水マリ アトム 田上和枝 お茶の水博士 勝田久 ウラン 水垣洋子 ウラン 武藤礼子 ウラン 芳川和子 コバルト 小宮山清 ヒゲオヤジ 矢島和明 ヒゲオヤジ 和田文雄 天馬博士 横森久 原作 手塚治虫 アニメーション制作 虫プロダクション 音楽 高井達雄 総監督 手塚治虫 作画監督 内野純緒

映像を観る
dアニメストア 鉄腕アトム(1980)

2030年東京、科学省長官の天馬博士が亡き息子飛雄の身代わりとして作ったロボット「アトム」は、天馬博士失踪後、お茶の水博士に育てられ心優しいロボットとして成長した。社会が「人間」対「ロボット」で対立している中、両方の環境 で生活することでお互いの立場に理解を深め、時には怒り、涙を流し、嘆き悲しみながらアトムは成長し、対立に立ち向かい、双方にとっての理想的な世界を築き上げようとしていく。

dアニメストアで「鉄腕アトム(1980)」を検索!

映像を見る
FOD鉄腕アトム(1963)

鉄腕アトム(1963) アトム:清水マリ(97~106話・田上和枝)/お茶の水博士:勝田久/ウラン:水垣洋子(武藤礼子、芳川和子)/コバルト:小宮山清/ヒゲオヤジ:矢島正明(和田文雄)/天馬博士:横森久/中村警部:坂本 新平/タワシ警部:兼本新吾(千葉耕一)/ナレーター:谷津勲 日本のアニメーションの歴史を一変させた手塚治虫の金字塔のひとつです。日本最初のテレビ用連続アニメとして制作されたこの作品が、現在にまで至る、日本のアニメ文化隆盛の礎を築きました。 -(FODページより引用)

で「鉄腕アトム(1963) 」を検索!

映像を見る
PLUTO関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧

『PLUTO』がランクインしている特集一覧

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

PLUTOにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • 太郎  
  • ちゃんま  
  • Comomo  
  • (ㆁᴗㆁ✿)  
  • moon  
  • 桃タロス  
  • nuts  
  • Eve  

PLUTOにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • デージー  
  • マスリー  
  • Eve  
  • 桃タロス  
  • 広田 調  
  • ワーイ( ^∀^)  
  • <(^O^)テレテレ  
  • 017RI  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する