面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

アルテは面白い?評価点数・レビュー・無料の有無をチェック

『アルテ』をおすすめ!  アルテの面白さを感想レビュー、みんなの評価点数と口コミ関連情報で紹介。  アルテは「青年漫画【アニメ化】」と「【2022年】人気漫画ランキング【大人編】」と「職場恋愛漫画」と「新刊・青年系恋愛漫画」と「コミックゼノン」と「ヒロイン漫画」と「ヨーロッパ・西欧歴史漫画」と「【2021年】人気漫画ランキング【大人編】」と「世界の歴史漫画」と「」と「大久保圭」と「ゼノンコミックス」とにランクインしています。  このページではアルテの作者・大久保圭先生の他の漫画やアルテが好きな人のためにテーマ・ジャンルでの類似漫画、お気に入りの漫画家の他の作品(過去作)、同じ掲載誌などからの面白い漫画も探せます。さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。  そしてあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【スタンプ点数評価】付き。  この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪  アルテの最新刊は『アルテ 16巻 (ゼノンコミックス) 』  動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介!

公開日:2014年04月19日

作品紹介

16世紀初頭・フィレンツェ。芸術など文化活動が花開いたルネサンス発祥の地。 そんな活気あふれる華やかなる時代に、貴族家生まれのアルテが画家工房への弟子入りを志願する。 女性がひとりで生きて行くことに理解のなかった時代、様々な困難がアルテを待ち受ける。(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

漫画タイトルあいうえお検索

 4.8  [ストーリー性 4 | キャラクター性 5 | 画力 5 | 読後感 5]

アルテのオススメ感想レビュー

絵が上手く、この時代の空気感がいい感じで描かれていて読んでいて気持ち良い

アルテ 1 (ゼノンコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

16世紀初頭フィレンツェを舞台に女性差別が激しい社会で、画家を目指す貴族令嬢が成長するにあたっての誠実さが強く描かれている作品『アルテ』。

貴族令嬢となれば礼儀作法などを重んじ、少しとっつきにくいという印象だが、どちらかというと田舎の少女のような親しみやすさがあり、誠実な心を持った女性が可愛く描かれています。

この時代において画家を目指すことでの家族からの反対や時代の逆境など様々な苦難があり、一生懸命で前向きな主人公の少女がどのように乗り越え成長していくのかをこの先も見てみたいと感じさせてくれる作品。

読み進めていくうちに、自然とその時代における歴史や風情などに興味をもたせてくれるほど、背景や人物の絵がかなり上手く綺麗に描かれています。
また、1つ1つのコマ割りが非常にうまく、物語の流れやその人物の感情が自然と伝わってきます。

ほっと一息つきたい時や、癒されたい時におススメしたい漫画でもあります。

アルテのおすすめ漫画レビューを投稿

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

アルテにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • さすらいのゲーム企画請負人  
  • 鉄麻  
  • 太郎  
  • さとう  
  • 桃タロス  
  • 野っ原しんのすけ  
  • 和智永妙  
  • 未完の蜜柑  

アルテにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • Rio  
  • ゆみこσ(^_^;)  
  • kiss-777  
  • 未完の蜜柑  
  • 凱風快晴  
  • もりやま  
  • 暇人doocooMO  
  • 広田 調  
おトクな! 無料エリア各社増量中!!

アルテの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideoアルテ

”舞台は16世紀初頭のフィレンツェ。絵画や彫刻が盛んな都で貴族の娘として生まれたアルテは、物心ついた頃から絵を描くことに夢中。いずれは画家になるという夢を抱きながら日々を過ごすアルテだったが、時代の流れが「女性が画家にな ること」をよしとしなかった。そこでアルテは、人生最大の決断を迫られる…。ルネサンス期に、ひとりの少女が夢に向かってひた走る、ヒューマンドラマ。多くの困難にぶつかりながらも、絵を描きたいと願う熱意と「自分らしく」生きようとする前向きな姿を描くその物語は、ふれるすべての人々の共感を呼び起こす。 (C)C)大久保圭/コアミックス,アルテ製作委員会 出演 小松未可子, 小西克幸, 榎木淳弥”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXTアルテ

16世紀のフィレンツェを舞台に、少女は夢に向かって奮闘する――。2020年4月4日より放送開始の『アルテ』は、「月刊コミックゼノン」で連載されている大久保圭の同名漫画を原作とするTVアニメ作品。監督は『テニスの王子様』で 有名な浜名孝行が務め、シリーズ構成は『けいおん!』などの大ヒット作を手がけた吉田玲子が担当する。オープニングテーマには坂本真綾が歌う「クローバー」が使われている。16世紀初頭、ルネサンス文化の中心地・フィレンツェ――。画家や彫刻家たちが研鑽を積むその街で生まれ育った貧乏貴族のひとり娘・アルテ(小松未可子)は、物心ついたころから絵を描くのが大好きで「画家になること」を夢見ていた。ところが、早くに父を亡くしたアルテの家には、いつまでも娘を自由にさせておく余裕はない。アルテの母親からは良家の跡取りと結婚するようにいわれていた。そんな母親の言葉に反発したアルテは、家を飛び出して画家工房に弟子入りしようとする。しかし、時代は女性が自立して生きていくことを認めてくれない。どこの工房でも「女である」というだけで門前払いを受けてしまう。途方に暮れるアルテだったが、唯一彼女の絵をまともに見てくれた画家工房の親方・レオ(小西克幸)に拾われ、彼のもとに弟子入りすることになる。こうしてアルテは画家になるために、はじめの一歩を踏み出すのだった――。

映像を観る
FODアルテ

舞台は16世紀初頭イタリア・フィレンツェ。 絵画や彫刻などの芸術が盛んなルネサンス発祥の地。 そんな活気ある華やかなる時代に、貴族の娘として生まれたアルテは、物心ついた頃から絵を描くことに夢中となった。 しかし女性 がひとりで生きていくことに理解がない時代、好きなことをまともにすることも許されなかった。 結婚してまともな生活をしてほしいと願う母親に反発し、アルテは画家になるべく工房への弟子入りを志願する。 同じ後悔なら自分の望むことをして後悔したい― 時代の流れに抗って、画家になる道を選んだ少女・アルテの物語が始まる。大久保圭(「月刊コミックゼノン」連載/コアミックス)アルテ:小松未可子/レオ:小西克幸/アンジェロ:榎木淳弥/ヴェロニカ:大原さやか/ダーチャ:安野希世乃/ユーリ:鳥海浩輔/カタリーナ:M・A・O■監督:浜名孝行■シリーズ構成:吉田玲子■設定考証:鈴木貴昭■キャラクターデザイン/総作画監督:宮川智恵子■サブキャラクターデザイン:宮地聡子■プロップデザイン:岡戸智凱/岩畑剛一■美術設定:吉原一輔■美術監督:SCOTT MACDONALD■美術:スタジオちゅーりっぷ■レイアウト監修:益田賢治■色彩設計:舘絵美子■撮影監督:能代拓也■特殊効果:福田直征■編集:関一彦■音響監督:えびなやすのり■音響効果:川田清貴■音響制作:グロービジョン■音楽:伊藤ゴロー■音楽制作:フライングドッグ■アニメーション制作:Seven Arcs (C)大久保圭/コアミックス,アルテ製作委員会-(FODページより引用)

で「アルテ 」を検索!

映像を見る
アルテ関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

アルテがランクインしている特集一覧

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する
affiliate:0.024041175842285