面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

リトル・フォレストは面白い?評価点数・レビュー・無料の有無をチェック

『リトル・フォレスト』をおすすめ!  リトル・フォレストの面白さを感想レビュー、みんなの評価点数と口コミ関連情報で紹介。  リトル・フォレストは「五十嵐大介」と「アフタヌーンコミックス」と「」と「」と「」とにランクインしています。  このページではリトル・フォレストの作者・五十嵐大介先生の他の漫画やリトル・フォレストが好きな人のためにテーマ・ジャンルでの類似漫画、お気に入りの漫画家の他の作品(過去作)、同じ掲載誌などからの面白い漫画も探せます。さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。  そしてあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【スタンプ点数評価】付き。  この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪  リトル・フォレストの最新刊は『リトル・フォレスト(1) (アフタヌーンコミックス) 』  完結済です。動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介!

公開日:2012年12月03日

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

漫画タイトルあいうえお検索

 4  [ストーリー性 4 | キャラクター性 4 | 画力 4 | 読後感 4]

リトル・フォレストのオススメ感想レビュー

忙しい日常から少し離れたい時に

リトル・フォレスト(2) (ワイドKC アフタヌーン)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

いつものように本屋で物色をしてる時に出会ったのが「リトル・フォレスト」でした。
色んな本が並んでる中で目を引いたのが、表紙の女の子。目のくりっとしたショートカットの可愛い女の子が白いワンピースを着て赤いくだものをほおばっている絵でした。
女の子好きだけどそれだけじゃないですよ!もう1つ目を引かれたのは、女の子の背景。
普通の街並だったりしたらそのまま素通りしたかもしれないけど、女の子の後ろには夏の里山のような緑の草木が一面に広がった田舎の風景。
ん?一体どんなストーリーなんだろ?そう思うと手に取らずにいられなかったのです。

白いワンピースの女の子は「いち子ちゃん」。里山にある農村で一人暮らしをしています。
手近にある農作物、果実を使って色んなモノを自給自足していく様子があたたかいタッチで描かれていて、ちょっとしたレシピなんかも含まれてます。
作品を読んでいて不思議なのがいち子ちゃんの生活に懐かしさを感じてしまうのです。
僕も幼少期は田舎で過ごしましたが、いち子ちゃんの住む世界とは全然違うところでした。
体験どころか見た事もない世界なはずなのにすごく懐かしいのです。まるで自分もそこにいたかのような錯覚を覚えるのです。
忙しい日常から少し離れたい時に僕はこの本をめくります。
あなたもいち子ちゃんのいる「リトル・フォレスト」を訪れてみませんか?

投稿者 ゾエ  

リトル・フォレストのおすすめ漫画レビューを投稿

おっさんながら、ここで泣いてしまった

リトル・フォレスト(2) (ワイドKC アフタヌーン)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

真っ二つに割れた空。
青い光と黒雲。

私と同じだ

と心につぶやく主人公”いち子”と同じ心を持つ僕は、36才になる立派なおっさんだ。
立派なのは、おっさんとしての年齢ばかりで、その他諸々はまったく立派ではない。
ネクタイを締め、家庭を持ち、社会的にそれなりの責任を負うと思われるような年齢にありながら、未だ心は思春期のように真っ二つ。
もう、びっくり。

まったく、自分が本当に心から望んでいるような生き方というのは、なんて多くのものを手放さないと手に入らないものなのか。
何も決められないまま、それでも歩き、路上にあった物を拾い集め、これはこれで素晴らしいものだから、と手放せず今に至る。
おっさんになるともうこんな迷いはないと思っていたのに、未だ同じ螺旋をぐるぐる巡る。

本当に望む自分へ至るには、今の自分を捨てなければならない。
今の自分という住み慣れた”家”を出て、辿りつける保証のない、しかも険しいと聞く道のりへ踏み出さなければならない。
一番捨て難いのは、この恐れだろうか。

一個(←おお、いちこを変換すると!)、いち子は延々、「食べる=生きる」を毎日繰り返しそれと真摯に向き合いながら、一方、二つに割れた自分と向き合うことを無自覚に避けていた。
それを自覚するには時と人が必要で、それらが揃い、自分が満たされつつ尚しかし、満たされない部分があらわになったとき、彼女は決断する。

おっさんながら、ここで泣いてしまった。
おっさんだから余計に、かも知れない。

「リトルフォレスト」という、簡単に言うと田舎暮らしとスローフードの漫画だ。
でも、僕の胸の一番深いところまで届いた”何か”は、味噌汁に入れる極微量のみりんのような隠し味、いち子の迷いと決意だった。

読了して2年、僕が何か変わったかというと、ほんの少しだけ。
ほんの少しだけど、この本と出合えて良かったと思う気持ちは、計量カップでは測れないほど大きい。

投稿者 研  

リトル・フォレストのおすすめ漫画レビューを投稿

グルメ漫画は数あれど、この味わいを出せるのは五十嵐大介だからこそ

リトル・フォレスト(2) (ワイドKC アフタヌーン)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

田舎に生まれ、田舎で育ち、一度は離れてもまた田舎に戻り、田舎で暮らす。
おいしいご飯と、そして農作業の日々。
都会で一緒に暮らしていた男性と別れ、田舎に戻った主人公いち子が一人暮らしなのは
中学生の時に母親がいきなり失踪したからだ。
それでも生まれた場所で生きて行こうとするいち子。

刈入れた稲束の側、田んぼで近所のおばあさんと世間話
「街で世話になった人に送ってやったら喜ぶんでないの」
「うん…、そういう人いないんだ」
と答えるいち子のバカ正直さったら!

それまで作者の描いてきた、寓話的幻想譚とは一変した現実的すぎるほどに現実的なこの作品は、五十嵐大介氏本人が一時期体験した東北地方での生活が存分に生かされている。
一人で暮らすいち子の側に猫を描いてしまう程に。

いち子のおいしいものをほおおばる表情を見ると、田舎暮らし礼賛!とかスローライフスローフード万歳!なんて単純な思考に走りそうになるけれど、もちろんそれだけで終わるはずが無く、小森と同じように過疎化の進む田舎で生まれた私には、体験した者にしか描けない田舎暮らしの厳しさや現実の方がむしろ強烈に印象に残ってしまう。
2巻で加筆された「一緒に暮らすモノ」、普通にあるもんな~実家に。

でも、リトル・フォレストを読むと田舎に帰りたくなる。
つきたてのお餅を温かいうちに食べたくなる。
落ちた実の臭いを思い出す、裏庭のグミの木はもう枯れたっけ?
満月の恐ろしいくらいの神々しさや、晴れた新月の夜、満天の星の輝き。
掘ったさつまいもはイノシシが来ないようにムシロをかけておかなくちゃ…
子供の頃に食べたもの、生活した環境はギリギリと身に刻まれていて、やっぱりいち子はそこに帰る事が一番だったんだろうな。私にはできそうにないけど。

それにしても作者は相当なくいしんぼうだ。
旬の自然の恵みを楽しむ究極の贅沢。もちろんおいしく食す工夫も怠らない。
小森のような場所でデロンギのコンベクションオーブン使ってる人もそうそういないぞ。
添えられたレシピは料理やお菓子を作り慣れていることが良く伝わってきて、男性の作者があーでもないこうでもない、と試行錯誤しながらお菓子を焼いているのを想像すると、なんだかほっこりにんまりしてしまう。
画力の高さゆえ、調理している擬音さえおいしそう。

グルメ漫画は数あれど、この味わいを出せるのは五十嵐大介だからこそ。
読んだあと、無性にパンを焼きたくなるんだよなぁ。

そして、作者と飼い猫一匹との田舎暮らしを綴った「カボチャの冒険」とを併せて読むと尚いっそう楽しめることでしょう。

投稿者 紅緒  

リトル・フォレストのおすすめ漫画レビューを投稿

リトル・フォレスは五感を刺激する漫画である

リトル・フォレスト(2) (ワイドKC アフタヌーン)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

昨今、都会暮らしに疲れた人々は、田舎暮らしの自給自足生活に淡い夢を抱く。こころ癒され、心豊かに過ごせるだろうと。

リトル・フォレスは、街から小森(東北のとある集落)にUターンした「いち子」が主人公。
いち子は、言葉よりも自分の体で感じながら実践するタイプ。一人で自給自足の田舎暮らしをしている。
特に調理して食べることが大好きで畑の作物から自生している植物まで食す。時には自然と一体化し心遊ぶ。

あらすじを要約してみたが、この漫画はだたの「田舎暮らしの漫画」ではない。
誰もが抱えるこころの不安や解せなさを描いている漫画なのである。
人は誰でも自分の居場所捜し求める。ささやかな幸せを受け止めて自分の居場所だと認識する者。終生自分の居場所探しの旅を続ける者。
どちらの考え方も可でもなく不可でもないことを温かく描いている。

また、リトル・フォレスは五感を刺激する漫画である。
調理のシーンでは、美味しそうな匂いが香り。新緑のシーンでは風が緑が薫る。
小説は、読者の想像力を育成するが、漫画は、読者の想像力を欠如すると論じる人もいるが、五十嵐氏の作品は、漫画から更に掘り下げた世界を想像させる。

漫画と小説のエッセンスが詰まった新たな分野の漫画と言うところだろうか。

だからこそ、「もう大人だから漫画は読まない」と公言されている方々に一度読んでみてもらいたいと思う。

リトル・フォレストのおすすめ漫画レビューを投稿

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

リトル・フォレストにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • (ㆁᴗㆁ✿)  
  • kyunkyun  
  • 桃タロス  
  • hirota  
  • 更砂糖  
  • プロアル  

リトル・フォレストにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • ゆり  
  • kyunkyun  
  • ちょい丸漫画之進  
  • プロアル  
  • すぴんく  
  • 広田 調  
  • -*君の笑顔が好き*-  
  • あやこ  
おトクな! 無料エリア各社増量中!!

リトル・フォレストの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideoリトル・フォレスト 春夏秋冬(字幕版)

” 恋愛、就職と何一つ思いどおりにいかない日常から抜け出し故郷に戻ってきたヘウォンは、旧友であるジェハとウンスクに再会する。他人とは違う自分だけの人生を生きるために故郷に戻ってきたジェハ、平凡な日常からの逸脱を夢見るウン スクと共に自ら育てた農作物で一食一食を作っては食べ冬から春、そして夏、秋を経て再び冬を迎えることになったヘウォン。こうして特別な四季を送りながら、故郷に戻ってきた真の理由を悟ったヘウォンは新たな春を迎えるための第一歩を踏み出すが…。 出演 キム・テリ, リュ・ジュンヨル, チン・ギジュ”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideoリトル・フォレスト 冬・春

” 都会から東北の小さな山村・小森に帰郷したいち子(橋本愛)は、自ら農作業に励み収穫した作物や、山菜、木の実など四季折々の恵みを使って日々の食事を作る生活を送っていた。冬は雪に覆われるなど自然の厳しさに改めて直面するも、 生きるために食べ、食べるために自分で作るシンプルな暮らしを通じ、自分の生き方を見つめ直していく。(C)「リトル・フォレスト」製作委員会 出演 橋本愛, 三浦貴大, 松岡茉優”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideoリトル・フォレスト 夏・秋

””小森”は東北のとある村の中の小さな集落。いち子は一度都会に出たけれど、自分の居所をみつけることができず、ここに帰ってきた。近くにスーパーやコンビニもない小森の生活は自給自足に近い暮らし。稲を育て、畑仕事をし、周りの野 山で採った季節の食材から、毎日の食事をつくる。夏は畑でとれたトマトを使ったパスタや麹から作った米サワー、秋には山で採ったくるみの炊き込みごはん、栗の渋皮煮、冬は温かいひっつみや小豆を入れて焼いたマフィン、春はふきのとうを使ったばっけ味噌、春キャベツのかき揚げ。四季折々に様々の恵みを与える一方で、厳しさも見せる東北の大自然。時に立ち入りながら、自分と向き合う日々の中で、いち子は美味しいものをもりもり食べて明日へ踏み出す元気を充電していく・・・。(C)「リトル・フォレスト」製作委員会 出演 橋本愛, 三浦貴大, 松岡茉優”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXTリトル・フォレスト 冬・春

2015年に公開された森淳一監督の『リトル・フォレスト 冬・春』は、2014年に上映された『リトル・フォレスト 夏・秋』の続編にあたる映画作品。原作は、『魔女』や『海獣の子供』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞 し、自然の風景や生き物を繊細かつ丁寧に描いた作品で知られる漫画家・五十嵐大介の『リトル・フォレスト』である。ロケ地は原作と同じ岩手県奥州市で約1年にわたってオールロケの撮影を敢行し、東北の美しい四季の移りかわりを映し出した作品となっている。主人公のいち子を演じた橋本愛は、劇中に登場する料理や農作業、自給自足の生活などのすべてを自ら実際におこなった。東北地方の山あいにある小さな村、小森。そこに住んでいたいち子(橋本愛)は、一度村を離れて街暮らしをしてみたものの、自分の居場所を見つけられず再び小森に帰ってきていた。そして、秋も終わりに差し掛かったころに、いち子のもとに1通の手紙が届いた。それは5年前、突然いち子の前から姿を消した母・福子(桐島かれん)からのものだった…。やがて迎える厳しい東北の冬の中、いち子は自分の人生を少しずつ見つめ直す。そして、春を迎えようとするころ、彼女は春じゃがいもを植え付けようか迷うのだった――。

映像を観る
U-NEXTリトル・フォレスト 夏・秋編

「冬・春」に先駆けて公開されたこの「夏・秋」には、自然の瑞々しさと豊かさが全編に。息づかいや汗で“生”を伝えるいち子役の橋本愛も、ただただ素晴らしい!都会で自分の居場所が見つからず、自然豊かな東北の故郷に戻ってきたいち子 。彼女は、乾いた心を潤すように野菜を育てて野山で食材を採り、3度の食事を作って食べる。そんな自給自足に近い生活は、夏が過ぎて秋が来ても続いていくのだった。キャスト・スタッフ出演 いち子 橋本愛 ユウ太 三浦貴大 キッコ 松岡茉優 佐藤さち子 千葉登喜代 南中将志 山形吉信 岩手太郎 北上奈緒 小島康志 監督 森淳一 原作 五十嵐大介 音楽 宮内優里 脚本 森淳一 製作 加太孝明 中村理一郎 宮本直人 鈴木伸育 松田陽三 板東浩二 宮田三清

映像を観る
リトル・フォレスト関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する
affiliate:0.028083086013794