面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

『頭文字D』感想スタンプ・評価点数でどこが面白い?良い点は?関連作もまとめて紹介!

漫画『頭文字D』の面白さをみんなのスタンプ評価点数とおすすめ感想レビュー、良い点・悪い点の点数評価からtwitterでの口コミや類似漫画、関連作品を徹底紹介。  頭文字Dは「バトル漫画おすすめ」と「ヤングマガジン 2010年代」と「名作少年漫画」と「神漫画」と「青年漫画【アニメ化】」と「ヤングマガジン」と「しげの秀一」と「マガジン 2010年代」と「講談社プラチナコミックス」と「KCスペシャル」特集にランクインしています。 さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。そしてこの漫画へのあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【感想スタンプ点数評価】ができます。 この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪ 動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介! コミックス最新刊は『頭文字D 4WDの脅威編 玉砕上等! ハチロク最後の戦い アンコール刊行! (講談社プラチナコミックス) 』です。

『頭文字D』

更新日:2022年10月05日
第1巻公開日:2014年08月21日

作品紹介

群馬県の県立高校に通う拓海(たくみ)は車についての知識なんてほとんどない普通のとうふ屋の息子。ある日、拓海は親友の樹(イツキ)と共に、バイト先の先輩である池谷(いけたに)の走り屋チーム・秋名スピードスターズの走りを見に行くことに……。するとそこに赤城最速といわれる高橋兄弟が率いるチーム・赤城レッドサンズが現れ、秋名スピードスターズに挑戦を申し込んできた!! 地元で負けるわけにはいかないと燃える池谷だったが……!?(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『頭文字D』を評価する!読んだ!良かった!を伝える共有スタンプ あなたの評価とみんなの評価の平均点です

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

 3.5  [ストーリー性 3 | キャラクター性 4 | 画力 4 | 読後感 3]

頭文字Dのオススメ感想レビュー

走り屋漫画!いやもうバトルマンガなのだ

頭文字D(48) (ヤングマガジンコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

公道最速を争う自動車の走りや漫画。
いや、もはやバトル漫画ともいえる。

主人公「藤原拓海」は高校生ながらトヨタスプリンタートレノAE86型を乗りこなし、地元の山道を愛車で走るうちに卓越したドライビングテクニックを身に着けていた。

そんな折、赤城山を本拠地とする走りやチーム「赤城レッドサンズ」のNo.2に走り勝って、周囲に知られた走り屋として名を馳せていく。
そして、関東完全制覇を目指して走り屋としての名声を上げていく。

読んでいる最中にコーナーリングシーンで思わず腰が浮いてしまう。
男の友情も絡めた熱い、熱い戦いがビンビンと伝わってくる。

車についての知識やドライビング敵ニックを満載。
車ってやっぱりカッコイイんだよねぇ。
でも間違っても真似してはいけません。

頭文字Dのおすすめ漫画レビューを投稿

今読んでもワクワクする伝説のカーバトル漫画

頭文字D(48)<完> (ヤンマガKCスペシャル)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

ぼんやりした高校生・藤原拓海が、早朝の豆腐配達のために使っていたAE86 スプリンター・トレノ=通称ハチロクでドリフトの腕を磨き、車の知識もポテンシャルも遥かに上のライバルたちを次々に撃破していく初期の痛快な展開は、何度読み返してもワクワクが止まらない。

作品の人気が爆発するにつれて、すでに生産が終わっているハチロクの中古価格が急騰するなど、社会現象を巻き起こした。
「ヤングマガジン」誌上での連載は95年から長期に渡っていたが、昨年(13年)の35号をもって18年の歴史に幕を下ろした。

頭文字Dのおすすめ漫画レビューを投稿

おトクな! 無料エリア各社増量中!!
★今すぐ読める!アマゾンKindleで漫画ライフを満喫【Kindleを確認▶】

Amebaマンガで「頭文字D」を検索!

★大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガで確認▶】
★【特典満載!】初めてebookjapanを使うなら【ebookjapanで確認▶】 ★独自コラボ・特集・お得な週末クーポン開催中【ebookjapanで確認▶】

まんが王国で「頭文字D」を検索!

★日替わりクーポン&ポイント還元を使い尽くして超お得♪【まんが王国で確認▶】

U-NEXT ブックで「頭文字D」を検索!

★漫画・映画の両方堪能するならコスパ最高(大人向も充実)【U-NEXTで確認▶】
★[紙]で読むならタイトル数1位のアマゾン【Amazonで確認▶】 ★読み放題充実!ラノベも強い♪KADOKAWA直営【BOOK☆WALKERで確認▶】 ★読み放題フルとポイント還元を徹底活用でお得【コミックシーモアで確認▶】 ★チケット制のレンタル方式が安くてお気軽【Renta!で確認▶】 ★毎日クーポンガチャ&割引セール中【BookLive!で確認▶】 ★楽天ポイントを使って便利、割引クーポンでもっとお得【楽天で確認▶】

頭文字Dの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideo新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-2016

”いまや最も注目される走り屋となった藤原拓海。当初は走り屋の自覚もなく、家業の豆腐屋の手伝いで乗っていたハチロクにも、峠のバトルにもさして興味を抱いていなかった拓海だったが、赤城最速の男・高橋涼介とのバトルを前に闘争本能 が芽生え、自分の中の変化に気付いていた。一方、沈着冷静な論理派の涼介はハチロクの弱点を見抜き、バトルに向けて愛機・FC3Sの最終調整に取りかかる。そして、2人が対決する運命の日が訪れる。”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo新劇場版「頭文字D」Legend1 覚醒2015

”1995年から18年間「週刊ヤングマガジン」で連載され、単行本の発行部数は累計4860万部を突破、テレビアニメ化や実写映画化もされて人気を博したしげの秀一による「頭文字D」を、新たにアニメーション映画化した3部作の第1 作。群馬県赤城山を拠点とし、優秀なメンバーを多数抱える「赤城レッドサンズ」の高橋啓介は、秋名山の峠下りで謎のパンダトレノ(AE86=ハチロク)に抜き去られてしまう。その勝負を目撃していた地元の「秋名スピードスターズ」は、赤城レッドサンズから交流戦を持ちかけられ、ハチロクと対戦したいと指名される。秋名スピードスターズのリーダー・池谷は、かつて「秋名最速の走り屋」とうたわれた藤原とうふ店の店主・藤原文太の存在を知り、交流戦に参加してくれるよう頼み込むが……。主人公・藤原拓海に宮野真守ほか、キャストも過去のアニメシリーズから新たにし、アニメーション制作はサンジゲンとライデンフ...”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo新劇場版「頭文字D」Legend2 -闘走 -2015

”「秋名のハチロク」の名は、赤城レッドサンズの高橋啓介を下した謎のダウンヒルスペシャリストとして、瞬く間に走り屋たちに知れ渡り、腕に自信のある走り屋たちが続々と秋名に集う。そしてある夜、秋名の峠を切り裂く高橋涼介のFCと 中里毅のGT-Rの2組のヘッドライトが交差する。一方、藤原拓海は池谷や樹から「走り屋」といわれても戸惑うばかりで、まわりの熱狂からひとり浮いていた。そんなとき、妙義ナイトキッズの中里毅の挑戦を樹が調子にのって勝手に引き受けてしまった・・・。ハチロク VS GT-R。GT-Rの380馬力にチューンしたRB26DETTエンジンは"バケモン"のひと言。ハチロクに勝ち目はないと思われる中、怒涛の全開バトルが幕をあける。その戦いを冷たく見つめる男、妙義ナイトキッズのナンバー2・庄司慎吾も怪しく存在感を光らせる。峠を切り裂く走り屋たちの本能が炸裂する。”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo頭文字D the movie (字幕版)2005

”ダウンヒルの神"の称号を賭け、若者たちの青春が白熱する!家業の豆腐屋の配達でハチロク(AE86)を運転するうちに、知らぬ間に常人離れしたドライビング・テクニックを身につけた高校生・藤原拓海。ある晩、配達の帰りに秋名山の 峠道を流していた拓海は、「赤城レッドサンズ」の高橋涼介や「妙義山ナイトキッズ」の中里毅ら、峠のスペシャリストたちと出会い、自分が持つ走りの才能に目覚めていく。かつて"秋名最速の男"と言われた父・文太、拓海に好意を寄せる幼なじみの茂木なつきら、周囲の人々の期待を背負って、拓海と走り屋たちとの熾烈なドリフト・バトルが幕を開ける!(c)2005 Media Asia Films (BVI) Ltd.”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXT頭文字[イニシャル]D EXTRA STAGE

『頭文字D』は峠道において速さを競い合う走り屋たちの青春ドラマ。1995~2013年に『週刊ヤングマガジン』に全719話が連載されたしげの秀一の人気漫画で、1998年にフジテレビ系で全26話が放送。その後、2014年にV ODサービス「アニマックスPLUS」で配信された『頭文字D Final Stage』までシリーズは続いた。今作は2001年に販売されたOVA第1弾で、原作の番外編となる「インパクトブルーの彼方に」と、続編の「センチメンタルホワイト」をもとにしたに構成。美少女コンビの佐藤真子&沙雪を中心で展開されシリーズの主人公・藤原拓海は登場しない作品。峠をいつものように走る真子(根谷美智子)と沙雪(かかずゆみ)のコンビだったが、どこか集中力を欠く真子…。そんな真子を心配した沙雪は事情を聴く。すると真子は想いを寄せる池谷浩一郎(矢尾一樹)とすれ違いからフラれて、落ち込んでいたのだという。そこへ、沙雪のもとへ走り屋集団の「妙義ナイトキッズ」の庄司慎吾(藤原啓治)から、栃木ナンバーの須藤京一(ジョーダン・チャン)率いるランエボ軍団「エンペラー」に敗れたとの連絡が入る。沙雪は慎吾と会い、「エンペラー」への注意喚起をされる。しかし、沙雪は「女だと思って甘くみないで!どこの誰が来ても、私たちは逃げないよ」と「エンペラー」の挑戦を受けて立つ構えを見せるのだった…。

映像を観る
U-NEXT頭文字[イニシャル]D BATTLE STAGE 2

しげの秀一原作の漫画で絶大な人気を誇るテレビアニメ「頭文字D」シリーズ。主人公・藤原拓海が乗るトヨタスプリンタートレノAE86型、通称「ハチロク」が中古車市場において高騰するなどの社会現象を起こすほどの人気ぶりで、シリー ズが完結した後もファンから愛されている作品。本作『頭文字D Battle Stage 2』は2007年に発売されたOVA作品で、『頭文字D Fourth Stage』(2004~06年アニマックPPVで全24話放送)のバトルシーンの総集編。『Fourth Stage』で放送されたバトルはもちろん、カットされた「高橋啓介vs川井淳郎」「高橋啓介vsスマイリー酒井」のバトルが追加。追加されたバトルシーンについては、映像はもちろんセリフについても新たに収録されており、バトルシーンが堪能できる。また「SUPER EUROBEAT」がシリーズ初登場。究極のドライビングテクの持ち主・藤原拓海(三木眞一郎)は、高校卒業を機に、高橋涼介が率いる群馬県内選抜チーム「プロジェクトD」への参加を決める。プロジェクトDの目的はひとつ。関東の猛者たちを相手にバトルで勝利し、各地でコースレコードを打ち立てること。今回の対戦相手は末次トオル(中村大樹)が率いる栃木エリアのチーム「セブンスターリーフ」。「カミカゼ・ダウンヒラー」の異名を持つトオルを相手に拓海はどのような走りをみせるのか?

映像を観る
U-NEXT頭文字D THIRD STAGE

公道レースに懸ける若者たちを描くシリーズ第3弾にあたる劇場版。本作ではレース展開だけでなく、成長していく主人公の姿を描く青春ストーリーとしても魅力的。レッドサンズの高橋涼介に県外遠征チーム加入を誘われるも、拓海は自分の方 向性を見い出せず即答できないでいた。そんな中、父親のライバルの息子、カイから挑戦を受ける。拓海は自分がどうしたいかの答えが出ないままレースすることになる。キャスト・スタッフ声の出演 藤原拓海 三木眞一郎 イツキ 岩田光央 なつき 川澄綾子 藤原文太 石塚運昇 高橋涼介 子安武人 高橋啓介 関智一 須藤京一 田中正彦 子柏カイ 神奈延年 監督 山口史嗣 原作 しげの秀一 アニメーション制作 パステル スタジオディーン 脚本 戸田博史 岸間信明

映像を観る
U-NEXT頭文字[イニシャル]D BATTLE STAGE

しげの秀一原作の人気漫画『頭文字D』が1998年からテレビアニメシリーズが放送開始し、瞬く間にアニメファンを獲得。アニメに登場する車両はすべて3DCGで描かれ、車両の形状や動きだけでなく、エンジンやスキール音に至るまで忠 実に再現。スタッフが作品に向ける熱意が、車ファンの心も掴んだ。『頭文字D BATTLE STAGE』は2002年に制作されたOVA作品でテレビアニメ『First Stage』(1998)から劇場版『Third Stage』(2001)までのバトルシーンの総集編である。『First Stage』のCGがリメイクされ、原作やテレビアニメ『Second Stage』(1999~2000)では描かれなかった赤城山での「高橋啓介vs岩城清次」のバトルシーンが追加された。拓海とライバルたちの熱いバトルがよみがえる。藤原拓海(三木眞一郎)は藤原とうふ店のひとり息子で、一見どこにでもいる高校生。しかし、彼はほかの人にはない、とある”テクニック”をもっていた。それは、類稀なる”ドライビングテクニック”。豆腐を配達するため、毎日父親の車「ハチロク」で秋名山の峠道を運転しているうちに身についた技術である。そんな拓海の存在は、峠道で公道レースを行う者たちの間に知れ渡っていき、手ごわいライバルたちとのレースへと発展していく…。拓海は愛車「ハチロク」でどんな走りを魅せるのか!?

映像を観る
U-NEXT頭文字[イニシャル]D FOURTH STAGE

1995~2013年にかけて『週刊ヤングマガジン』で連載されたしげの秀一の人気漫画をテレビアニメ化。今作『イニシャルD Fourth Stage』は2004~06年までにCS放送「アニマックスPPV」で全24話が放送され た。「峠の走り屋」をテーマにした作品で、若者たちが公道最速を目指す物語。ドライビングテクニックを磨きマシンをチューニングし競い合う姿が描かれている。作品タイトル「D」は「Drifut」ドリフトという意味であるが、プロジェクトDのDには別の意味が隠されている。物語が進むにつれ「D」の意味が明かされていく。今作『イニシャルD Fourth Stage』は原作の高校生編が終わり、「プロジェクトD編」の最初のストーリーとなる。ここからプロジェクトDの走り屋チームとしての伝説が始まるー。高校を卒業した藤原拓海(三木眞一郎)は走り屋チーム「赤城レッドサンズ」のNo.2である高橋啓介の兄・涼介(子安武人)が立ち上げた群馬選抜チーム「プロジェクトD」のメンバーになる。拓海が峠の下りダウンヒルを担当し、啓介が峠の上りヒルクライムを受け持つダブルエース体制で県外の名だたる峠チームとレースをするべく遠征するのだった…。

映像を観る
U-NEXT頭文字[イニシャル]D EXTRA STAGE 2 ?旅立ちのグリーン?

『週刊ヤングマガジン』(講談社)で1995~2013年まで全719話が連載されたしげの秀一の漫画『頭文字D』をテレビアニメ化し、1998年にフジテレビ系で全26話が放送。アニメファンのハートを掴み、現在まで数々の作品が制 作されてきた。本作『頭文字D Extra Stage2 ?旅立ちのグリーン?』は、2008年に発売されたOVA第5作品目であり、『頭文字D』アニメ化10周年記念作品である。『頭文字D Extra Stage』に続く番外編第2弾となり、原作の番外編「旅立ちのグリーン」が映像化された。『頭文字D』の本編では脇役であった池谷先輩にスポットライトを当てて、走り屋の女性・真子との恋愛が描かれている。藤原拓海(三木眞一郎)が「ProjectD」で東堂塾とバトルをしている同じ頃…拓海のバイト先の先輩・池谷浩一郎(矢尾一樹)は、関越自動車道のサービスエリアで、偶然にも碓井峠の最強走り屋コンビ・佐藤真子(根谷美智子)と沙雪(かかずゆみ)と再会をする。半年前、池谷は惚れていた真子に告白をしようとしていたができず、苦い別れを経験していた。当時のことを詫びる池谷に、真子は「話したいことがある」と逆に切り出し再会の約束をする。約束の当日、万全を期して約束の2時間前に待ち合わせ場所に到着する池谷だったが、とあるトラブルに巻き込まれ…。池谷と真子の恋の行方はどうなってしまうのか――!?

映像を観る
U-NEXT頭文字[イニシャル]D SECOND STAGE

不敗神話が崩壊!? 限界を超えた激しいレースが…しげの秀一原作の漫画『頭文字D(イニシャル・ディー)』 は、1995年から2013年にかけて『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された公道レースに懸ける若者たちの青春を描 いたストーリー。1998年4月にテレビアニメ化され、第1期がフジテレビ系列などで全26話が放送。本作『頭文字D Second Stage』はシリーズ第2期となり、1999年10月15日から2000年1月21日までフジテレビ系列などで全13話が放送された。公道レーサーとして有名になった主人公・藤原拓海は車の性能の限界と、相手との駆け引きの難しさに直面する。本作前半は拓海の高校時代の話となっている。 藤原拓海はごく普通の高校生だが父親が営む「藤原とうふ店」の豆腐配達を中学生時代から手伝っていた。秋名山の峠道で日々AE86(ハチロク)を走らせているうちに高レベルなドライビングテクニックを身に付けていた。そんな拓海に走り屋が次から次へ勝負を挑み、勝利を続けてきたのだった。拓海と啓介の兄で「「赤城レッドサンズ」のNo.1との決戦も終わり、平穏な日々を取り戻していた群馬に、新たなバトルの予兆が…。栃木・日光を拠点とするランエボだけで構成された走り屋集団「エンペラー」が群馬エリア制圧に名乗りを上げたのだった…。

映像を観る
U-NEXT新劇場版頭文字D LEGEND2 -闘走-

「秋名のハチロク」の名は、赤城レッドサンズの高橋啓介を下した謎のダウンヒルスペシャリストとして、瞬く間に走り屋たちに知れ渡り、腕に自信のある走り屋たちが続々と秋名に集う。そしてある夜、秋名の峠を切り裂く高橋涼介のFCと中 里毅のGT-Rの2組のヘッドライトが交差する。一方、藤原拓海は池谷や樹から「走り屋」といわれても戸惑うばかりで、まわりの熱狂からひとり浮いていた。そんなとき、妙義ナイトキッズの中里毅の挑戦を樹が調子にのって勝手に引き受けてしまった・・・。ハチロク VS GT-R。GT-Rの380馬力にチューンしたRB26DETTエンジンは"バケモン"のひと言。ハチロクに勝ち目はないと思われる中、怒涛の全開バトルが幕をあける。その戦いを冷たく見つめる男、妙義ナイトキッズのナンバー2・庄司慎吾も怪しく存在感を光らせる。峠を切り裂く走り屋たちの本能が炸裂する。

映像を観る
U-NEXT新劇場版頭文字D LEGEND1 -覚醒-

1995年から18年間「週刊ヤングマガジン」で連載され、単行本の発行部数は累計4860万部を突破、テレビアニメ化や実写映画化もされて人気を博したしげの秀一による「頭文字D」を、新たにアニメーション映画化した3部作の第1作 。群馬県赤城山を拠点とし、優秀なメンバーを多数抱える「赤城レッドサンズ」の高橋啓介は、秋名山の峠下りで謎のパンダトレノ(AE86=ハチロク)に抜き去られてしまう。その勝負を目撃していた地元の「秋名スピードスターズ」は、赤城レッドサンズから交流戦を持ちかけられ、ハチロクと対戦したいと指名される。秋名スピードスターズのリーダー・池谷は、かつて「秋名最速の走り屋」とうたわれた藤原とうふ店の店主・藤原文太の存在を知り、交流戦に参加してくれるよう頼み込むが……。主人公・藤原拓海に宮野真守ほか、キャストも過去のアニメシリーズから新たにし、アニメーション制作はサンジゲンとライデンフィルムが担当。音楽を元「レベッカ」の土橋安騎夫が手がけた。

映像を観る
U-NEXT頭文字[イニシャル]D 1ST STAGE

公道最速を目指す若者たち!車に懸ける情熱を描く青春レースストーリー第1弾 公道レースに青春を懸ける若者たちを描くTVシリーズ。第1弾ではレースを通じて、主人公が車の魅力に惹かれていく。CGで描かれる実在の車による公道レ ースは迫力満点。 藤原とうふ店の一人息子 拓海はごく普通の高校生。そんな拓海のバイト先の先輩であり、走り屋グループ「秋名スピードスターズ」のリーダー池谷はある夜、「赤城レッドサンズ」から交流会とは名ばかりのダウンヒル・バトルを申し込まれてしまう。

映像を観る
U-NEXT新劇場版頭文字D LEGEND3 -夢現-

公道レースを繰り広げる走り屋のバトルと青春模様を描く人気漫画を新キャストで映像化した劇場作品第3弾。最終章となる本作では主人公・拓海と赤城最速の男の戦いの描く。平凡な高校生・藤原拓海は、愛車ハチロクとともに今や最も注目さ れる走り屋となった。強敵との戦いを繰り広げてきた拓海は、ついにFC3Sを駆る赤城最速の男・高橋涼介に挑む。秋名の峠を舞台に、ふたりの運命を決定づける伝説のバトルが今、始まる!キャスト・スタッフ声の出演 藤原拓海 宮野真守 高橋涼介 小野大輔 高橋啓介 中村悠一 茂木なつき 内田真礼 武内樹 白石稔 中里毅 諏訪部順一 庄司慎吾 阪口周平 立花祐一 志村知幸 健二 勝杏里 池谷浩一郎 土田大 監督 中智仁 原作 しげの秀一 アニメーション制作 ライデンフィルム サンジゲン 音楽 土橋安騎夫 脚本 関島眞頼

映像を観る
dアニメストア 頭文字[イニシャル]D Extra Stage 2 旅立ちのグリーン

拓海が参加するプロジェクトDが藤堂塾をターゲットに遠征を始めたころ。池谷は高速のサービスエリアで偶然にも碓氷最速のシルエイティ、真子&沙雪と再会する。半年前、池谷は惚れていた真子とデートの約束をしたのだが、時間に遅れてし まい会えなかった過去があった。意を決して謝る池谷に、真子は逆に話したいことがあると切り出してきた。池谷と真子は再会を約束するのだが・・・。

dアニメストアで「頭文字[イニシャル]D Extra Stage 2 旅立ちのグリーン」を検索!

映像を見る
dアニメストア 頭文字[イニシャル]D Extra Stage インパクトブルーの彼方に・・・

TV版にも登場し、ファンから絶大な支持を集めている美少女コンビ真子&沙雪を主人公に描くオリジナルストーリー。彼女達の出逢いから、“碓氷峠最速”と呼ばれるに到るまでの二人の知られざる過去に迫る。長年の謎“何故、青いシルエイ ティーなのか?が遂に明かされるなど、原作でも一切触れられなかったエピソードだけに、ファンにはこたえられない内容!

dアニメストアで「頭文字[イニシャル]D Extra Stage インパクトブルーの彼方に・・・」を検索!

映像を見る
dアニメストア 頭文字[イニシャル]D Fourth Stage

究極のドライビング・テクで群馬エリア敵なしとなった藤原拓海は、高校卒業を機にレッド・サンズの高橋涼介率いる県外遠征用スペシャルチーム「プロジェクトD」への参加を決めた。「プロジェクトD」はパソコンのネット上で挑戦者を募り 、ストリート限定で速さを追求、バトルに勝利し、各地でコースレコードを打ち立てることを目的としている。対戦するのは、命知らずのカミカゼ・ダウンヒラーで名をはせる末次トオル率いる、栃木エリアのチーム・セブンスターが現れる。

dアニメストアで「頭文字[イニシャル]D Fourth Stage」を検索!

映像を見る
dアニメストア 頭文字[イニシャル]D Battle Stage 2

未だ、誰も見たことのない壮絶バトルの全貌が明らかに!!頭文字[イニシャル]D Fourth Stageの名バトルシーンに加え、新作バトル映像を収録。シリーズ初登場のSUPER EUROBEATがあの興奮を呼び起こす!![ スタッフ] 原作:しげの秀一(講談社「週刊ヤングマガジン」連載)/監督:山口史嗣/音響監督:三間雅文/音楽協力:エイベックス・エンタテインメント株式会社/監修:土屋圭一・ホットバージョン編集部/制作:オービー企画・パステル/製作:ウェッジリンク・オービー企画[製作年] 2004年

dアニメストアで「頭文字[イニシャル]D Battle Stage 2」を検索!

映像を見る
dアニメストア 頭文字[イニシャル]D Second Stage

不利な挑戦の下に名だたる走り屋集団とのバトルに勝ち続けた「秋名のハチロク」。そのドライバーである藤原拓海は「ダウンヒルスペシャリスト」と呼ばれ、秋名だけでなく群馬エリア全体で知られる存在になっていった。しかし、それは同時 に最速を目指す男たちから狙われることに繋がった。群馬エリア制圧を狙うランエボ使いの走り屋集団「エンペラー」もそのひとつであり、リーダーの須藤京一はハチロクを「時代遅れの車だ」と斬って捨てる。これには拓海も怒りを露わにするが、彼自身も物足りなさを感じていた。バトルを通してテクニックに磨きが掛かるにつれ、ハチロクの絶対的パワー不足を意識せざるを得なかったのだ。次第に走り屋としての能力に目覚めていく拓海は、ハチロクの限界を超えた走りで京一とのバトルに挑むのだが……!?

dアニメストアで「頭文字[イニシャル]D Second Stage」を検索!

映像を見る
dアニメストア 新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-

しげの秀一の人気コミック「頭文字(イニシャル)D」を新たにアニメーション化した劇場版3部作の第3部。いまや最も注目される走り屋となった藤原拓海。当初は走り屋の自覚もなく、家業の豆腐屋の手伝いで乗っていたハチロクにも、峠の バトルにもさして興味を抱いていなかった拓海だったが、赤城最速の男・高橋涼介とのバトルを前に闘争本能が芽生え、自分の中の変化に気付いていた。一方、沈着冷静な理論派の涼介はハチロクの弱点を見抜き、バトルに向けて愛機・FC3Sの最終調整に取りかかる。そして、2人が対決する運命の日が訪れる。

dアニメストアで「新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-」を検索!

映像を見る
dアニメストア 新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒-

最速を謳う高橋兄弟と拓海の行動壮絶バトルを描く三部作第一弾!豆腐屋の息子で、ガソリンスタンドでバイトする高校3年生の藤原拓海。このところ、彼の周囲が妙に騒がしい。秋名山・峠下りのドリフト勝負で、赤城レッドサンズの代表・高 橋啓介の駆る黄色のFD3Sが、謎のパンダトレノ(AE86/通称ハチロク)に軽々と抜き去られてしまったというのだ。まもなくして赤城レッドサンズは秋名山に集結し、あの勝負を目撃していた池谷をリーダーとする秋名スピードスターズに交流戦を持ちかけ、何と対戦相手にハチロクを指名してきた。池谷はかつて“秋名最速の走り屋”と謳われていた拓海の父・藤原文太の存在を知り、彼に交流戦の参加を頼み込む。しかし当日、池谷や啓介たちの前に現れたのは……!

dアニメストアで「新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒-」を検索!

映像を見る
dアニメストア 新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-

「秋名のハチロク」の名は、赤城レッドサンズの高橋啓介を下した謎のダウンヒルスペシャリストとして、瞬く間に走り屋たちに知れ渡り、腕に自信のある走り屋たちが続々と秋名に集う。そしてある夜、秋名の峠を切り裂く高橋涼介のFCと中 里毅のGT-Rの2組のヘッドライトが交差する。一方、藤原拓海は池谷や樹から「走り屋」といわれても戸惑うばかりで、まわりの熱狂からひとり浮いていた。そんなとき、妙義ナイトキッズの中里毅の挑戦を樹が調子にのって勝手に引き受けてしまった・・・。ハチロク VS GT-R。GT-Rの380馬力にチューンしたRB26DETTエンジンは“バケモン”のひと言。ハチロクに勝ち目はないと思われる中、怒涛の全開バトルが幕をあける。その戦いを冷たく見つめる男、妙義ナイトキッズのナンバー2・庄司慎吾も怪しく存在感を光らせる。峠を切り裂く走り屋たちの本能が炸裂する。

dアニメストアで「新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-」を検索!

映像を見る
dアニメストア 頭文字[イニシャル]D 1st stage

峠最速を目指してしのぎを削るストリートレーサー、走り屋。なかでもマシンの差がなくなるダウンヒル勝負は純粋にドライバーの腕が試され、ダウンヒル最速の称号は、走り屋仲間のうちで最高の名誉である。そんな折、群馬の秋名峠でひとつ の噂が流れ始めた。「秋名の下り最速は、とうふ屋が乗るハチロクだ……」赤城を拠点とする走り屋集団「レッドサンズ」は、その噂を調べるために秋名に乗り込むが、地元チームの「スピードスターズ」に尋ねても詳しい情報は得られなかった。しかし秋名からの帰り道、レッドサンズのNo.2 高橋啓介はどこからともなく現れたハチロクに、コーナーで簡単にちぎられてしまった。プライドを傷つけられた啓介はハチロクとの再戦を誓う。そしてこの一戦が、「秋名のハチロク」誕生の伝説に繋がったのである。

dアニメストアで「頭文字[イニシャル]D 1st stage」を検索!

映像を見る
dアニメストア 頭文字[イニシャル]D Battle Stage

あの衝撃バトルシーンがさらにリアルな3DCGで蘇る!First StageからThird Stageまでの17バトルをリメイク。全新曲のユーロビートにのせて一気に回顧!

dアニメストアで「頭文字[イニシャル]D Battle Stage」を検索!

映像を見る
頭文字D関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧

『頭文字D』の関連・類似・同一レーベル・著者の他の作品から面白い漫画を探す

『頭文字D』のtwitter上でのみんなの感想や話題のまとめ

マンガナビの『頭文字D』情報にアクセスありがとうございます。
最新のtwitter みんなの更新情報の再取得を要請できます。

『頭文字D』がランクインしている特集一覧

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

頭文字Dにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • ぷんすけ  
  • はるな  
  • ‥☆~くぅ~☆‥  
  • 凱風快晴  
  • ミライ  
  • 更砂糖  
  • マスリー  

頭文字Dにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • 奈良崎コロスケ3  
  • りかっち  
  • 肉球大好き♪  
  • RINTring  
  • えりたま♪  
  • なすびん  
  • 奈良崎コロスケ  
  • もりやま  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する