面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

『バクマン。』感想スタンプ・評価点数でどこが面白い?良い点は?関連作もまとめて紹介!

漫画『バクマン。』の面白さをみんなのスタンプ評価点数とおすすめ感想レビュー、良い点・悪い点の点数評価からtwitterでの口コミや類似漫画、関連作品を徹底紹介。  バクマン。は「ジャンプコミックス」と「少年漫画【発行部数】歴代売上ランキング」と「漫画家漫画」と「モチベーションアップ漫画」と「2012年秋アニメで漫画が原作の作品一覧」と「2011年秋アニメで漫画が原作の作品一覧」と「2010年秋アニメで漫画が原作の作品一覧」と「人気少年漫画実写化」と「ジャンプ 2010年代」と「大場つぐみ」と「小畑健」特集にランクインしています。 さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。そしてこの漫画へのあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【感想スタンプ点数評価】ができます。 この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪ 動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介! コミックス最新刊は『バクマン。 12 (集英社文庫 お 55-38) 』です。完結済です。

※本サイトのコンテンツは引用部分を除きマンガナビが独自に制作しています。出版関係・他の事業者(広告主)がコンテンツ内容・各種ランキングの決定に関与することはありません。スポンサー等の依頼による広告にはプロモーションを表記します。また本コンテンツはEC・ASPサイト等から送客手数料を受領しています。詳細はマンガナビについて-制作・運営ポリシーを御覧ください。

『バクマン。』

更新日:2024年02月22日
第1巻公開日:2013年12月16日

[バクマン。] について
  • 第3回(2010年)マンガ大賞ノミネート 作品
  • 第5回(2010年)全国書店員が選んだおすすめコミック6位
  • このマンガがすごい!2012 オトコ編 第21位
  • このマンガがすごい!2011 オトコ編 第8位
  • このマンガがすごい!2010 オトコ編 第1位
  • 『バクマン。』は総発行部数1500万部以上の超大ヒット作品。全20巻(他に文庫版・新装版等含む)【完結】
作品紹介

一握りの者にしか得られない栄光を手にするため、険しい“マンガ道”を歩む決意をした二人。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、新たなマンガ伝説を創る! 新時代成功物語開始!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

-広告-

ブックライブ青年

↓直前の読者の評価↓

『バクマン。』の9割は【面白い】でできている

『バクマン。』を評価する!読んだ!良かった!を伝える共有スタンプ あなたの評価とみんなの評価の平均点です

この漫画のスタンプ評価の最高点数

  • スゴい・・・ 91
  • 面白い♪ 91
  • 絵が上手い 88
  • 尊い・・・ 88
  • 深い… 84
  • 設定良し!! 83
  • 泣ける 83
  • 続き読みたい 83
  • 癒され 83
  • 世界観GOOD! 82
  • 共感!ツボ♪ 82
  • 元気♪もらえる 81

この漫画のみんなのスタンプ平均評価

  • 絵が上手い 84
  • 面白い♪ 82
  • 設定良し!! 82
  • 尊い・・・ 82
  • スゴい・・・ 82
  • キッツ!厳し! 81
  • 笑える 81
  • グッと来る 81
  • 共感!ツボ♪ 81
  • 熱い!! 81
  • 心理描写上手い 81
  • 大好き! 81
  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

 4.3  [ストーリー性 4 | キャラクター性 4 | 画力 5 | 読後感 4]

-広告-

Renta青年1
dアニメストア

バクマン。のオススメ感想レビュー

漫画業界マニアっぽい設定なのに誰が読んでも熱い、プロ漫画家マンガ

バクマン。 20 (ジャンプコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

佐藤健(サイコー)×神木隆之介(シュージン)のコンビで実写化が決定し、再び脚光を浴びている漫画家マンガのニューウェーブ。
掲載誌である「週刊少年ジャンプ」そのものを舞台にするという挑戦的なメタフィクションで、アンケート至上主義と言われるジャンプの編集体質を生々しく描いている。

「読み切り作品でどのくらいの人気を得れば連載に繋がるのか?」
「連載中は読者アンケートでどの程度の順位から打ち切りの対象になるのか?」
といった、これまで公にされていなかった情報も散りばめられており、漫画家志望者は必読。

また、こうしたファクターをマニアックに寄せすぎず、きちんとエンタメに昇華している点にも感服。

このあたりの手腕は、さすが大場つぐみ&小畑健の黄金タッグだと唸らされる。

バクマン。のおすすめ漫画レビューを投稿

2015年映画化決定☆マンガ家志望の必読書!

バクマン。 20 (ジャンプコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

「DEATH NOTE」の大場&小畑コンビが描くマンガ家のマンガ!
設定された舞台は少年ジャンプ!!
原作のシュージンと作画のサイコーが10年がかりでデビューから少年ジャンプで1番になるストーリーを一気に読ませてくれました。
マンガ家や少年ジャンプ編集部の内部事情をリアルに描写しているので、マンガ家志望者やマンガ業界に興味のある人には特に面白く読めたはず。

そんな圧倒的なリアル感がありつつも、作画担当サイコーのモチベーションは初恋相手の小豆ちゃんとの結婚というのが少年マンガっぽくて微笑ましいです。

20巻で潔く完結。もっと続いて欲しかったな~。

バクマン。のおすすめ漫画レビューを投稿

おトクな! 無料エリア各社増量中!!

この作品の無料お試しサービスを探す・比べる[PR]

漫画をおトクにたくさん読める♪電子書籍サービス徹底比較
\ 漫画をおトクにたくさん読める♪/電子書籍サービス徹底比較

バクマン。の映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

無料動画・見放題を探す♪動画配信サービス徹底比較
PrimeVideoバクマン。2015

”主演 佐藤健, 神木隆之介, 染谷将太 『DEATH NOTE』の原作者・大場つぐみ&小畑健による大人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督が実写映画化。高い絵の才能を持つ高校生の真城最高(サイコー)は、同じクラスの秀才 ・高木秋人(シュージン)から一緒に漫画家になろうと誘われる。プロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画を描くことを拒否するが、想いを寄せる声優志望のクラスメイト・亜豆美保(アズキ)と交わした約束をきっかけに漫画家を目指すことに。週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む最高と秋人は、編集者・服部に見出され漫画家としての第一歩を踏み出す。しかし、そんな2人の前に同年代の天才漫画家・新妻エイジが現われる。(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 ジャンル ドラマ 監督 大根仁”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideoバクマン。第3シリーズ

”人気TVアニメの第3シリーズ。ついに『週刊少年ジャック』での新連載『PCP』で、悲願の読者アンケート1位を勝ち取った真城最高と高木秋人。 (C)C)かし「亜城木夢叶」として大きく成長を遂げつづける二人を、かつてない試練 が襲う! 新たなライバルの出現、コンビ分裂の危機という困難と立ち向かい、宿命のライバル・新妻エイジとの対決は最高潮に! 果たして「一番人気のマンガ家になってアニメ化」そして「その作品のヒロインを演じる亜豆と最高の結婚」という夢は実現できるのか!? (C)大場つぐみ・小畑健・集英社/NHK・NEP・ShoPro 出演 阿部敦, 日野聡, 早見沙織”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideoバクマン。第1シリーズ

”人気TVアニメの第1シリーズ。マンガ家の叔父が不遇のうちに急死して以来、漫然と日々を過ごしていた中学生・真城最高は、クラスメイトの高木秋人から「俺と組んでマンガ家になってくれ!」 と声をかけられる。初めは断わった最高だ が、あこがれの美少女・亜豆美保が声優を目指していると知り、「自分のマンガをアニメ化して、そのヒロインを亜豆が演じる」ことを人生の目標に定め、その夢の実現を条件に亜豆に結婚を申し込んでしまう…。2人の少年が、マンガの創作、編集部への持ち込み、雑誌連載と熱い夢を熱い思いで一歩ずつ現実にしていく! (C)大場つぐみ・小畑健・集英社/NHK・NEP・ShoPro 出演 阿部敦, 日野聡, 早見沙織”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideoバクマン。第2シリーズ

”人気TVアニメの第2シリーズ。ついに、『週刊少年ジャック』での連載を勝ち取った真城最高(サイコー)と高木秋人(シュージン)。高校生活を送りながら「亜城木夢叶(あしろぎむと)」として週刊連載を抱えるという多忙な日々が始ま った。天才・新妻エイジを筆頭に、数々のライバルたちと競い合い、励まし合う日々の中で、人気マンガ家としての実力を育んでいく2人を、新たな試練が襲う! (C)大場つぐみ・小畑健・集英社/NHK・NEP・ShoPro 出演 阿部敦, 日野聡, 早見沙織”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXTバクマン。第3シリーズ

マンガに、恋に、友情に!?青春を賭けた若きマンガ家たちの奮闘を描く熱い物語『バクマン。』シリーズがついに完結! 「亜城木夢叶」というペンネームで活動しているふたり組のマンガ家・真城最高と高木秋人。『PCP』という作品で マンガ誌・週刊少年ジャックでの新連載を獲得する。 意気揚々と作品づくりに励むふたりに、編集長は「半年以内に大人気マンガ家・新妻エイジを超えていなければ打ち切りにする」という過酷な条件を宣告するのだった! 条件をクリアすることができなければ、週刊少年ジャックではもう描かせてもらえない...。はたして最高と秋人はこの条件を乗り越え、週刊少年ジャックの作家として生き残ることができるのか?! そして、マンガ家を志すときに誓った「人気マンガ家になってアニメ化し、その作品の声優を務める恋人・亜豆美保と結婚」という最高と亜豆の夢は実現できるのか?! 若きマンガ家たちの物語は一気にフィナーレへと加速していく。

映像を観る
U-NEXTバクマン。実写版

少年のみならず、老若男女に人気の高い週刊少年ジャンプ。『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険』、『鬼滅の刃』など多くのメガヒット作を生み出してきた。『バクマン。』はそんな週刊少年ジャンプで漫画を連載する漫画家たちを描 いた、ヒューマンドラマである。原作を手掛けたのは、『DEATH NOTE』の作者としても知られる、大場つぐみと小畑健のコンビだ。実写版は『モテキ』を手掛けた大根仁が監督を務め、画期的な演出が多用されている。絵を描くことが好きなサイコー(佐藤健)は、将来の展望もなく生きている普通の高校生だった。しかし、漫画家志望のシュージン(神木隆之介)に誘われ、漫画家の道を歩み始める。サイコーには結婚を約束した女性・亜豆(小松菜奈)がおり、「自身の漫画をアニメ化すること」を約束する。ふたりはペンネーム「亜城木夢叶」を名乗り、少年ジャンプ編集室に持ち込みをおこなう。しかし漫画家になる道のりには、想像以上の苦難が待ち受けているのだった。

映像を観る
U-NEXTバクマン。第1シリーズ

中学生コンビがマンガ誌の王者「週刊少年ジャック」で頂点を目指す!? 『DEATH NOTE』原作者コンビによる、マンガに青春を賭けたふたりの少年の青春完全燃焼ストーリー! とくに目標もなく、ただただ平凡な毎日を送って いた中学三年の真城最高。ある日、学年トップの秀才・高木秋人にノートに描いたスケッチを見られてしまう。 スケッチを見て最高の画力を見抜いた秋人は「俺と組んでマンガ家になってくれ!」と声をかけるのだった。文才のある秋人と画力のある最高が組めば、絶対にマンガ家になれると豪語する秋人。 しかし、マンガ家だった叔父の過労死をきっかけにマンガ家の夢を捨てていた最高は、秋人の誘いをあっさり断ってしまう。 その夜、秋人は最高を無理やり呼び出した。そこには秋人だけではなく、最高の片想いの相手である憧れの美少女・亜豆美保の姿が...!? 亜豆が声優を目指していることを知った最高は突然「マンガ家になる」と宣言する。そして、「マンガがアニメ化されて、亜豆がその声優を務めることになったら結婚してほしい」とプロポーズしてしまうのだった! 最高は漫画家の夢を、亜豆は声優の夢を追い、お互いの夢が叶ったら結婚することを約束したふたり。夢が叶うまでは会わないという条件付きで...。 亜豆との約束を果たすべく、この日から最高と秋人のマンガ家への道のりが始まった。

映像を観る
U-NEXTバクマン。第2シリーズ

「マンガ家になる!」と決意し、マンガに青春と情熱を捧げる少年ふたりの物語。夢を叶えるために、幾度となく迫る困難にも立ち向かい奮闘する姿を描く『バクマン。』待望の第2シリーズ始動! 中学3年生の頃に、作画担当・真城最高、 脚本担当・高木秋人のコンビでマンガ家を目指していた。ふたりのペンネームは「亜城木夢叶」。 信頼できる担当編集・服部哲とともに作り上げた『疑探偵TRAP』という作品で、新人マンガ家の登竜門である金未来杯を優勝することができた! そして、高校生ながら初めて『週刊少年ジャック』での週刊連載デビューにこぎつけたのだった!しかし、このデビューのタイミングで、信頼していた担当編集の服部から新人の港浦吾郎に代わることになる。 常に現実的かつ慎重な服部と打って変わり、港浦はかなり楽観的で大雑把。「本当にこの人を頼って良いのか?」という不安を抱えながらも、ふたりは週刊連載を開始する…。 果たして、新人の港浦吾郎は当たりの編集者なのか?! 最高と秋人コンビのプロマンガ家「亜城木夢叶」として、マンガ家生活がいま幕を開ける!

映像を観る
dアニメストア バクマン。第3シリーズ

ついに「週刊少年ジャック」での新連載『PCP』で、悲願の読者アンケート1位を勝ち取った真城最高と高木秋人。 しかし「亜城木夢叶」として大きく成長を遂げつづける二人を、かつてない試練が襲う!新たなライバルの出現、コンビ分裂 の危機という困難と立ち向かい、宿命のライバル・新妻エイジとの対決は最高潮に!果たして「一番人気のマンガ家になってアニメ化」そして「その作品のヒロインを演じる亜豆と最高の結婚」という夢は実現できるのか!?マンガにかける青春を圧倒的な熱量で描ききる、シリーズ完結編!!

dアニメストアで「バクマン。第3シリーズ」を検索!

映像を観る
dアニメストア バクマン。第2シリーズ

ついに、「週刊少年ジャック」での連載を勝ち取った真城最高(サイコー)と高木秋人(シュージン)。高校生活を送りながら「亜城木夢叶(あしろぎむと)」として週刊連載を抱えるという多忙な日々が始まった。天才・新妻エイジを筆頭に、 数々のライバルたちと競い合い、励まし合う日々の中で、人気マンガ家としての実力を育んでいく2人を、新たな試練が襲う![キャスト] 真城最高:阿部 敦/高木秋人:日野 聡/亜豆美保:早見沙織/見吉香耶:矢作紗友里/新妻エイジ:岡本信彦/服部 哲:利根健太朗/佐々木編集長:堀内賢雄/服部雄二郎:野島裕史/福田真太:諏訪部順一/中井巧朗:志村知幸/蒼樹 紅:川澄綾子/相田聡一:風間勇刀/吉田幸司:子安武人※(「吉」の字は上が「土」になります)/平丸一也:森田成一/岩瀬愛子:藤村 歩[スタッフ] 原作:大場つぐみ・小畑 健/監督:カサヰケンイチ・秋田谷典昭/シリーズ構成:吉田玲子/キャラクターデザイン:下谷智之/美術監督:柴田千佳子/色彩設計:店橋真弓/撮影監督:岩井和也/音 楽:Audio Highs/音響監督:渡辺 淳/アニメーションプロデューサー:松倉友二/アニメーション制作:J.C.STAFF/制作統括:斉藤健治・野島正宏・齋藤雅弘/制 作:NHKエンタープライズ/制作・著作:NHK・小学館集英社プロダクション

dアニメストアで「バクマン。第2シリーズ」を検索!

映像を観る
dアニメストア バクマン。第1シリーズ

何となく毎日を過ごしていた中学生・真城最高は、ある日、同じクラスの秀才・高木秋人から「俺と組んでマンガ家になってくれ!」と声をかけられる。だが、3年前、プロのマンガ家だった大好きな叔父の死を目の当たりにし、マンガ家になる 夢を捨てていた最高はそれを断ってしまう。その夜、秋人に呼び出された最高は…?

dアニメストアで「バクマン。第1シリーズ」を検索!

映像を観る
バクマン。関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧
無料動画・見放題を探す♪動画配信サービス徹底比較
無料動画・見放題を探す♪動画配信サービス徹底比較

-広告-

Renta青年1
amebaマンガ赤

『バクマン。』が気になる人のおすすめ漫画特集

『バクマン。』の著者・レーベル・類似テーマ・関連作から面白い漫画を探す

バクマン。が好きな人のために、テーマやジャンルでの類似漫画、同じ掲載誌、同じ著者・大場つぐみ,小畑健先生の他の作品や関連する特集などから面白い漫画をもっと探せます。

『バクマン。』のtwitter上でのみんなの感想や話題のまとめ

マンガナビの『バクマン。』情報にアクセスありがとうございます。
最新のtwitter みんなの更新情報の再取得を要請できます。

『バクマン。』を好きな人が見ているもっとおすすめの漫画特集

バクマン。が好きな人が一緒に見ている「もっとおすすめの特集ページ」で予想外の面白い漫画にドンドンで会える!

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

バクマン。にこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • モモ  
  • R子 f^_^  
  • Rio  
  • タッチ  
  • <(^O^)テレテレ  
  • moon  
  • 霧島山  
  • 桃タロス  

バクマン。にこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • Eve  
  • Shouta  
  • 未完の蜜柑  
  • 玲  
  • 凱風快晴  
  • 桃タロス  
  • はるなるな  
  • 加古S  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

-広告-

Renta青年2
dアニメストア

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する

-広告-

dアニメストア