面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

『ぼくは、おんなのこ』感想スタンプ・評価点数でどこが面白い?良い点は?関連作もまとめて紹介!

漫画『ぼくは、おんなのこ』の面白さをみんなのスタンプ評価点数とおすすめ感想レビュー、良い点・悪い点の点数評価からtwitterでの口コミや類似漫画、関連作品を徹底紹介。  ぼくは、おんなのこは「志村貴子」と「ビームコミックス 2010年代」特集にランクインしています。 さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。そしてこの漫画へのあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【感想スタンプ点数評価】ができます。 この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪ 動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介! コミックス最新刊は『ぼくは、おんなのこ (ビームコミックス) 』です。

※本サイトのコンテンツは引用部分を除きマンガナビが独自に制作しています。出版関係・他の事業者(広告主)がコンテンツ内容・各種ランキングの決定に関与することはありません。スポンサー等の依頼による広告にはプロモーションを表記します。また本コンテンツはEC・ASPサイト等から送客手数料を受領しています。詳細はマンガナビについて-制作・運営ポリシーを御覧ください。

『ぼくは、おんなのこ』

更新日:2024年03月01日
第1巻公開日:2013年12月17日

作品紹介

『青い花』テレビアニメ化で話題沸騰、志村貴子(『放浪息子』)の短編集。夢に出てきたハダカの女の子は…どう見ても、ぼくなんです。繊細で淡々とした作風で人気急上昇中の志村貴子、傑作読切作品が1冊に! 『放浪息子』の原点的作品である表題作「ぼくは、おんなのこ」など、計6作品を収録!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

-広告-

ブックライブ女性4
ブックライブ女性1

『ぼくは、おんなのこ』を評価する!読んだ!良かった!を伝える共有スタンプ あなたの評価とみんなの評価の平均点です

この漫画のスタンプ評価の最高点数

  • 大好き! 81
  • キッツ!厳し! 81
  • 世界観GOOD! 81
  • 熱い!! 81
  • 心理描写上手い 81
  • 泣ける 81
  • ニヤニヤ 81
  • 元気♪もらえる 81
  • 続き読みたい 81
  • トキメキ♪ 81
  • タメになる! 81
  • キャラ良し! 81

この漫画のみんなのスタンプ平均評価

  • トキメキ♪ 81
  • 癒され 81
  • グッと来る 81
  • 泣ける 81
  • タメになる! 81
  • キャラ良し! 81
  • 絵が上手い 81
  • 深い… 81
  • 尊い・・・ 81
  • 大好き! 81
  • 共感!ツボ♪ 81
  • キッツ!厳し! 81
  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

 4  [ストーリー性 4 | キャラクター性 4 | 画力 4 | 読後感 4]

-広告-

ブックライブ女性2
Renta少女漫画2

ぼくは、おんなのこのオススメ感想レビュー

やさしい視線を投げかけ続けてくれるように

ぼくは、おんなのこ (Beam comix)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

「やさしい」自分が一言で志村作品の感想を述べよと言われたら、そう答えます。どの作品も、感情を、生き方を、性を、「頑張ったね、それで良いんだよ」と受け止めてくれる。短編集「ぼくは、おんなのこ」でもそれはしっかりと描かれているので、自分にとってこの作品は、生活の中でちょっと頑張ったあとの安らかな避難所になってくれます。

表題作「ぼくは、おんなのこ」で自分の胸を強く打ったのが、1コマだけでてくる「オカマとして生きていた男性が、地球規模の性転換事件で男に戻る」というシーン。普通は女性化するはずなのに、男性になるのです。そして彼は、また女性になるためにホルモン注射をうちながら生きている。たった一コマなのですが、このバランス感覚に強烈なショックと感動を受けました。

また、「花」という短編では、「放浪息子」にも出てくるユキさんというニューハーフが自分の価値観や家族との葛藤を語るのですが、決してその現実は甘くないんです。しかしそれを笑顔で「異星人ですから」と開き直り、花を受け取る彼女がとても美しくて。「醜いオカマもいる」「バケモノ共」。そんな言葉に衝撃を受ける自分の上を、ユキさんは笑ってひょいひょいと通り抜けます。きつい視線を浴び辛い思いを抱えているのが、こちらに伝わっているのに。

女性に恋をしつつ打ち明けられない女の子、だらしない男とそれを許してしまう女、子供達の感情を浴びつつ死んだ父親。様々なキャラが性や生の部分で、自分の価値観で動き、ときには本当にどうしようもなくなるのもいるのだけれども、志村作品は「それで良いんだよ」と言ってくれます。辛い現実を描きつつも。だから、自分にとって志村作品は、本当に傷つき迷うときには温かく、浮かれているときにはきびしい。そんなやさしい視線を投げかけ続けてくれるように感じるのです。

ぼくは、おんなのこのおすすめ漫画レビューを投稿

セクシャリティやジェンダーに関係なく、万人におすすめしたい一冊

ぼくは、おんなのこ (Beam comix)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

人はみんな男の子の心と女の子の心を持っています。手塚治虫「リボンの騎士」を引用するまでもなく、これはどんな人にとっても真実です。遺伝子からしても、男親と女親から半分ずつ受け継ぐことになっています。脳の形成を研究している人たちによると、人間の脳や体の性別は発生段階ではみんな決まっておらず、妊娠中に母親からのホルモンシャワーを受けることで性別が決定するのだそうです。

志村貴子さんは、そんな二つの心の葛藤をさらりと描いてしまいます。今回とりあげる「ぼくは、おんなのこ」をはじめとして、「放浪息子」などからも読者の皆さんは既に気付かれていることでしょう。六花チヨさんの「I.S.」のように性同一性障害を正面からとりあげたシリアスな作品もありますが、志村貴子さんの切り口はあくまで自然で、誰もが共感してしまう力を持っています。

表題作「ぼくは、おんなのこ」では、突然女の子になってしまった男の子の気持ちを描いています。「このおっぱいがぼくの」と自分の胸を触り、まるっきり変化してしまった世界へ詰め襟学生服で踏み出していきます。

「花」は、「放浪息子」にも出てくるオカマのユキさん(性転換とかそのへんは未だに明らかでないので、「オカマ」が本当に適切なのかちょっとよくわからない)とその家族の物語です。オカマやニューハーフの皆さんは、自分の体の性別「男性」と心の性別「女性」が戦って、心の性別に素直に生きることを選んだ人たちです。だから、ちょっと気を許すと本物の女性も負けてしまうくらい女らしいし、自分に誇りを持っているのでとても美しいです。もちろん「みかけの美しさ」は人それぞれですが、ユキさんは惚れ惚れするくらいの別嬪さん。

最後に収録されている書き下ろしの「sweet16」は、家庭教師の先生に淡い好意を抱く女子高生の物語です。彼氏と別れたか振られたかして授業中泣き崩れる先生の背中を優しく包みます。

セクシャリティやジェンダーに関係なく、万人におすすめしたい一冊です。

なお、ここでは「女の子の中の男心」「男の子の中の女心」に関係する作品だけを拾ったので、他のヘテロな恋愛の作品は取り上げていません。どれも非常に心の琴線に触れる作品なので、お見逃しのないように。

ぼくは、おんなのこのおすすめ漫画レビューを投稿

残酷なのに前向きで明るい、そんな作品

ぼくは、おんなのこ (Beam comix)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

誰しも一度は想像すると思います。自分がもし別の性別に生まれ変わったら…?そして、その中には、それも悪くないかなと思う人もいると思います。自分もそんな一人です。しかし、そこにはひとつ条件があります。今の自分が「若い」こと。だれもジジババになってから性転換などしたくありません。

この本の標題作「ぼくはおんなのこ」は、世界中の人間の性別が入れ替わったお話。誰かと誰かが入れ替わる話は良くありますが、この作品ではドラ○もんのもしもボックスのごとき問答無用さで一斉に性別が逆転します。時は1999年。すべてを例のノストラダムスのせいにして。

そのノストラダムスまで後2年とせまっていた冬、当時まだ学生だった自分はこの強引で魅力的な世界に魅了されてしまいました。主人公である司は、女になった自分をごく自然に受け入れていきます。周りの友達もドキドキしながらも大概受け入れていきます。この部分が作品の最大の魅力で、想像力を最大限にかきたてます。

若いから柔軟だという言い方をしていますが、それだけじゃない。若いうちは自分と異性の肉体に興味があるものです。そして年と共にそれは薄れていき、やがて自分の体や同世代の異性の体なんて見たくもなくなります。主人公の兄や両親をはじめとした大多数の大人達が、そんな現実を受け入れられずにショックで寝込んでしまったり、夫婦関係が破綻してしまったり…。そんな残酷な陰影が優しいタッチで、時に生々しく、時にカワイらしく描かれていきます。

特に強烈なのは、小学生低学年「元」男の子が書いた作中作「ぼくはおんなのこ」。これは物凄い破壊力です。大人がこんなにショックを受けているのに子供にとっては不思議な出来事レベルの話なのです。これを読んだ大人が何を感じたのか想像すると笑えます。残酷なのに前向きで明るい、そんな作品です。

ぼくは、おんなのこのおすすめ漫画レビューを投稿

おトクな! 無料エリア各社増量中!!

この作品の無料お試しサービスを探す・比べる[PR]

漫画をおトクにたくさん読める♪電子書籍サービス徹底比較
\ 漫画をおトクにたくさん読める♪/電子書籍サービス徹底比較

-広告-

Renta少女漫画1
ブックライブTLクーポン

『ぼくは、おんなのこ』が気になる人のおすすめ漫画特集

『ぼくは、おんなのこ』の著者・レーベル・類似テーマ・関連作から面白い漫画を探す

ぼくは、おんなのこが好きな人のために、テーマやジャンルでの類似漫画、同じ掲載誌、同じ著者・志村 貴子先生の他の作品や関連する特集などから面白い漫画をもっと探せます。

『ぼくは、おんなのこ』のtwitter上でのみんなの感想や話題のまとめ

マンガナビの『ぼくは、おんなのこ』情報にアクセスありがとうございます。
最新のtwitter みんなの更新情報の再取得を要請できます。

『ぼくは、おんなのこ』を好きな人が見ているもっとおすすめの漫画特集

ぼくは、おんなのこが好きな人が一緒に見ている「もっとおすすめの特集ページ」で予想外の面白い漫画にドンドンで会える!

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

ぼくは、おんなのこにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • 桃タロス  
  • hitomiho  
  • 微放置  
  • Rio  
  • Yui  
  • うっかりQ太郎  
  • ぴー  
  • 高山  無限斎

ぼくは、おんなのこにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • 肉球大好き♪  
  • hirota  
  • skysora  
  • 靴下たらり  
  • 北の大地  
  • 奈菜  
  • <(^O^)テレテレ  
  • 桃タロス  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

-広告-

dアニメストア
ブックライブ女性3

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する

-広告-

dアニメストア