面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

漫画『月影ベイベ』は面白い?かんたんスタンプ評価・みんなの感想・レビュー・関連情報もっと見る

『月影ベイベ』をおすすめ!  月影ベイベの面白さを感想レビュー、みんなの評価点数と口コミ関連情報で紹介。  月影ベイベは「フラワーコミックスα(アルファ)」と「日本文化漫画」と「フラワーズ(flowers)」と「名作恋愛漫画」と「少女漫画主人公vsライバル」と「女性漫画人気ランキング」と「20歳前後の女子が懐かしむ少女漫画」と「フラワーコミックス 2010年代」と「小玉ユキ」と「フラワーコミックα 2010年代」と「少女漫画名言」とにランクインしています。  このページでは月影ベイベの作者・小玉ユキ先生の他の漫画や月影ベイベが好きな人のためにテーマ・ジャンルでの類似漫画、お気に入りの漫画家の他の作品(過去作)、同じ掲載誌などからの面白い漫画も探せます。さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。  そしてあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【スタンプ点数評価】付き。  この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪  月影ベイベの最新刊は『月影ベイベ(9) (フラワーコミックスα) 』  動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介!

公開日:2013年06月10日
更新日:2022年08月13日

作品紹介

東京から転入してきた蛍子(ほたるこ)は、町の伝統「おわら」を踊れるが人前では緊張して踊れなくなってしまう。そんな蛍子にひかれる地元の高校生、光(ひかる)。どうやら、光の叔父と蛍子は昔からの知り合いらしいが、2人は何も語らない。
小さな町に吹き込む、謎と秘密の風。
(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

「月影ベイベ」のひとこと感想コメント

  • ジャズ漫画の前作に比べて地味だけど、読ませるキャラ設定がうまいと思う。

 4.3  [ストーリー性 4 | キャラクター性 4.5 | 画力 4 | 読後感 4.5]

月影ベイベのオススメ感想レビュー

秘めた恋と新しい友情を揺り動かす名言が魅力

月影ベイベ(3) (フラワーコミックスα)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

「おわら」って何? ってところから始まって、地方の伝統舞踊=おわらをキーワードに複雑に絡み合って展開するストーリーです。

東京から転校してきたのに、地元の伝統芸能である"おわら"を美しく踊るミステリアスなヒロイン・蛍子に心を寄せる光。

でも蛍子が好きなのは...。
伯父さんの秘密は?

家族の秘密も徐々に明かされていって、それぞれの想いが交錯するところや蛍子の感情描写が切なくて胸が痛くなるほどです。

円と蛍子の母親の物語は胸にキュンとくる青春ならではの恋物語。
あぁ青春時代は決して取り戻せない、だからせつない。

恋のせつなさをじっくり描くのが上手いこの作家の良さが巻を追うごとにどんどん伝わってきます。

真剣に誰かを好きになる。こんな恋もいいなぁと思わせてくれます。
本当に青春時代に自分もこんな恋をしてみたかったと思わせてくれます。オススメです。

月影ベイベのおすすめ漫画レビューを投稿

人物設定が上手い作家さんはマイナー題材の料理も上手い!

月影ベイベ(3) (フラワーコミックスα)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

前作「坂道のアポロン」で昭和時代の長崎を舞台にした小玉ユキが、次にテーマにしたのは現代の地方都市の伝統舞踊「おわら」を語り継ぐ高校生達の青春物語。

「おわら」は、民謡・越中おわら節に乗せて踊る富山市八尾の伝統芸能。
見たことも聞いたこともない踊りだったけど、「月影ベイベ」ではとても美しく踊られています。

日本の文化、伝統芸能をテーマにすることは簡単じゃないと思うけれど、「月影ベイベ」ではそれがたいへん情緒豊かに描かれていて、読み進めるたびに引き込まれました。

それを語り継ぐ高校生たちの恋や友情と葛藤が、素朴ながらもキラキラと描かれます。

ミステリアスな過去を持つらしいヒロイン・蛍子がだんだんと人間らしくなって、単純な学園ストーリーじゃない展開にもドキドキです。

月影ベイベのおすすめ漫画レビューを投稿

青春と伝統芸能の合わせ技が、未体験の読後感を生む

月影ベイベ 3 (フラワーコミックスアルファ)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

「坂道のアポロン」の小玉ユキ最新作ということで手に取った。
舞台は富山県富山市八尾町。その伝統芸能“おわら”が実に魅力的。

登場するのは“おわら好き”な男子高生と、東京からの転校生なのになぜか完璧に“おわら”を踊れる女子高生。
いろいろな謎とほのかな恋心が抑えめに、しかししっかりと表現されていてほろ苦さと甘酸っぱさをバランスよく感じられるのがイイ。

それを引き締めているのが、“おわら”のリアルな描写。
長年その土地で受け継がれてきた伝統芸能が持つチカラが、読み手を作品世界の深い部分まで引き込んでいく。

投稿者 加古S  

月影ベイベのおすすめ漫画レビューを投稿

一途な恋は理想の恋愛の形のひとつだ

月影ベイベ 1 (フラワーコミックスアルファ)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

富山県の八尾に越してきた峰岸蛍子。
教室で彼女がおわらを踊っているのを見た佐伯光が帰り道、突然の雨の中、彼女の傘に入れてもらい、叔父の店に立ち寄った。

叔父の円と彼女の親密な場面を見てしまう。
なぜ蛍子がおわらを上手く踊れるのか、円と蛍子の関係や、蛍子の親など、蛍子を巡る謎に取りつかれ、気持ちが蛍子に入り込む光の様子がかわいい。

隠れ蓑とか、踊りの練習とか、光の行動の一つ一つを見て、ああこんな風に好かれてみたいと思い、胸が熱くなる。


月影ベイベのおすすめ漫画レビューを投稿

『月影ベイベ』がランクインしている特集一覧

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

月影ベイベにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • あーりん  
  • RINTring  
  • R子 f^_^  
  • ゆきまさ  
  • 北の大地  
  • 麦茶  
  • マスリー  
  • 更砂糖  

月影ベイベにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • 加古S  
  • Rio  
  • ワーイ( ^∀^)  
  • あいちゃん   
  • ののか  
  • R子 f^_^  
  • 広田 調  
  • 気分屋  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する