面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

漫画『椿町ロンリープラネット』は面白い?かんたんスタンプ評価・みんなの感想・レビュー・関連情報もっと見る

『椿町ロンリープラネット』をおすすめ!  椿町ロンリープラネットの面白さを感想レビュー、みんなの評価点数と口コミ関連情報で紹介。  椿町ロンリープラネットは「やまもり三香」と「学園恋愛漫画」と「告白漫画」と「初恋漫画」と「2019年の少女漫画で注目作一覧」と「マーガレット 2010年代」と「マーガレットコミックスおすすめ漫画」と「20歳前後の女子が懐かしむ少女漫画」と「少女漫画のイケメン」と「同居漫画」と「女性向け漫画で完結済」と「モテ漫画」と「完結漫画名作」と「長編少女漫画で完結」とにランクインしています。  このページでは椿町ロンリープラネットの作者・やまもり三香先生の他の漫画や椿町ロンリープラネットが好きな人のためにテーマ・ジャンルでの類似漫画、お気に入りの漫画家の他の作品(過去作)、同じ掲載誌などからの面白い漫画も探せます。さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。  そしてあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【スタンプ点数評価】付き。  この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪  椿町ロンリープラネットの最新刊は『椿町ロンリープラネット 14 (マーガレットコミックスDIGITAL) 』  完結済です。動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介!

公開日:2015年08月25日
更新日:2022年08月10日

作品紹介

若干年の差アリ、でも朴念仁同士のたいへん初々しいカップルの恋愛漫画。
ヒロイン大野ふみ、高校2年生。父親の借金返済のため住み込み家政婦をすることに。家主は…目つきも態度も悪い小説家・木曳野暁。新しい町での同居生活。暁は普段はつっけんどん。ときに厳しく叱ったり、ふとしたときにやさしさをみせたり──。ともに暮らす内にすこしずつ暁を意識しはじめるふみだけど?(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

「椿町ロンリープラネット」のひとこと感想コメント

  • 胸キュン!
  • 暁先生かっこよすぎ!

椿町ロンリープラネットのオススメ感想レビュー

一緒にいて心地良い!これってとっても大切なこと。これを感じさせるのも告白の一つなのかもしれません。

椿町ロンリープラネット 13 (マーガレットコミックスDIGITAL)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

高校生・家政婦と小説家。恋に不慣れな二人が一つ屋根の下で少しずつ距離感を縮めていく物語。
日常の何気ないことを過ごす中で、二人で一緒に過ごすことが心地よいと感じてくる二人。
いつもそばにいても「好き」という気持をちゃんと伝えることの難しさを伝えてくれます。
言葉に出来ない気持が少しずつ二人の距離を埋めていきます。
また「好き」の気持は言葉だけで伝わるのではないということがわかります。
一緒にいて心地良いと感じさせるのも告白の一つなのかもしれません。

椿町ロンリープラネットのおすすめ漫画レビューを投稿

同居から始まる関係・恋をしてうろたえる不器用系大人男子を正面から!

椿町ロンリープラネット 12 (マーガレットコミックスDIGITAL)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

あの『ひるなかの流星』でお馴染みの[やまもり三香]先生の新作です。
 ヒロインのおウチは元々ビンボ~だった上に、さらにお父様が借金!その金額は諭吉さまが600人ほど...(!?)

 父親はマグロ漁船に乗り込み、住む家も失ったヒロイン大野ふみちゃん(高2)は単身とある作家先生宅に住み込みの家政婦として働きながら高校に通う事に。

 雇い主の作家先生は、ヒロインの『ふみ』という名前の印象から勝手にお婆さんだと思い込み、一方ふみちゃんも「売れてる作家先生=ジジイ」のダブル先入観のブッキング。 

だけどそこで出会った小説家・木曳野暁はどこかぶっきらぼうで目つきも態度も悪いが、意外と若いイケメン先生。
ちょっと怖い先生ですが、ふみは借金を返すために一生懸命に家政婦の仕事をこなそうとします。

真面目なふみとどこか世間とはズレた感じのする先生。
そんなふたりがひとつ屋根の下で暮して行くというお話しです。
知り合いでもない二人が突然一緒に暮らすのですから、当然!?いろいろ、色々・・・事件やら問題は起きていきます。

それでもひとつ屋根の下で暮していく二人のつかず、離れずの微妙な距離感の描写がとてもいい感じなのです。
無意識にセクシーな先生とそれにいちいち真っ赤になって反応するふみちゃんがとっても読んでいてキュンとなります。

ほのぼのとした絵のタッチで癒されながら読める恋愛ヒーリング系の秀作。
この漫画、ほんのりそこはかとなく昭和の香りがします。

なんででしょう? 田舎っぽい町並みとか、家並みとか? いかにも和風建築っぽい作家先生の家のせい? 登場人物がギスギスしてないから?

とは言え『ひるなかの流星』で年上の男VS同級生の図式を見事に描いてくれたやまもり先生ですから!、先生とふみのピュアな二人の思いの行方がとっても楽しみ。
毎回いろいろな展開で楽しませてくれます。

「ひるなかの流星」の番外編(先生の次の恋が実る!)とのリンクもあるので要チェックです。

椿町ロンリープラネットのおすすめ漫画レビューを投稿

「自分は朴念仁タイプ」と思うなら本書を一読することをお勧め

椿町ロンリープラネット 8 (マーガレットコミックスDIGITAL)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

前作『ひるなかの流星』では1巻で出会ったイケメン先生に本気で惚れられながらも同級生を選んでいくヒロインを描いたやまもり三香先生の次の作品は「家庭的女子」と「クチも目つきも態度も悪い大人の男」のラブストーリーです。

この男、小説家・木曳野暁が「少女漫画界トップクラスの殺傷力を誇る男」と賞されたのはワケがあります。 この男は小説家と言っても「時代小説」を描いており、女性慣れしていないにも程がある朴念仁の塊のような男なのです。ちなみに本人も大いに自覚しており、いらぬ気遣いをしてストーリーを混乱させたりします。 美味しいです。

そんな男女がお近づきになるキッカケは「一つ屋根の下設定=住み込み家政婦」です。
ヒロインの大野ふみは父親の借金返済(諭吉さん600人分)のために高校に通いながら稼げる手段として知り合いから住み込み家政婦業を紹介してもらい・・・で始まります。

この男が第1巻から本当にぶっきらぼうで女性に対しては本当にちっとも気が利かないタイプですが、人間として気遣いできない人なワケじゃない。 ここがポイントです。 本質的に優しいのです。

この男が「少女漫画界トップクラスの殺傷力」などと言われる理由は、そのぶっきらぼうながらも、時々気遣いが明後日の方向に向かおうとも、「人としての優しさ」が度々飛び出してくるシーンが、本当に「ズキューン!」と音を立てて読者女子のハートを打ち抜くからです。
外見は優男ですが、大変男らしい言動が飛び出てくるのです。

「自分は女には縁が無くモテない」と思い込んでいる木曳野暁もサスガに後半からは他の女性からのアプローチを受けたりしますが、その対応も見事です。

「自分は朴念仁タイプ」と思うなら本書を一読することをお勧めします。
全14巻で完結しました。

椿町ロンリープラネットのおすすめ漫画レビューを投稿

おトクな! 無料エリア各社増量中!!

『椿町ロンリープラネット』がランクインしている特集一覧

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

椿町ロンリープラネットにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • moon  
  • yzrhnt  
  • おすすめタロウ  
  • 微放置  
  • マスリー  
  • 和智永妙  
  • 桃タロス  

椿町ロンリープラネットにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • 金田麻男  
  • あいちゃん   
  • 茄崑  
  • 桃タロス  
  • 凱風快晴  
  • 奈良崎コロスケ  
  • <(^O^)テレテレ  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する