面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

『ヴィンランド・サガ』感想スタンプ・評価点数でどこが面白い?良い点は?関連作もまとめて紹介!

漫画『ヴィンランド・サガ』の面白さをみんなのスタンプ評価点数とおすすめ感想レビュー、良い点・悪い点の点数評価からtwitterでの口コミや類似漫画、関連作品を徹底紹介。  ヴィンランド・サガは「感動漫画」と「刀剣・日本刀漫画」と「アフタヌーンコミックス」と「世界の歴史漫画」と「青年漫画【アニメ化】」と「【2022年】人気漫画ランキング【大人編】」と「復讐漫画」と「幸村誠」と「戦記漫画」と「架空戦記漫画」と「完結漫画名作」と「ヨーロッパ・西欧歴史漫画」と「アフタヌーン 2020年代」特集にランクインしています。 さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。そしてこの漫画へのあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【感想スタンプ点数評価】ができます。 この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪ 動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介! コミックス最新刊は『ヴィンランド・サガ(26) (アフタヌーンコミックス) 』です。

『ヴィンランド・サガ』

更新日:2022年09月28日
第1巻公開日:2017年07月30日

作品紹介

千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!! 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩、堂々登場!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

↓直前の読者の評価↓

『ヴィンランド・サガ』の9割は【世界観GOOD!】でできている

『ヴィンランド・サガ』を評価する!読んだ!良かった!を伝える共有スタンプ あなたの評価とみんなの評価の平均点です

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

 4.2  [ストーリー性 4.3 | キャラクター性 4 | 画力 4.3 | 読後感 4.3]

ヴィンランド・サガのオススメ感想レビュー

躍動感溢れる重厚なストーリー漫画

ヴィンランド・サガ(26) (アフタヌーンコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

ヴィンランド・サガは、11世紀はじめの北ヨーロッパを舞台にヴァイキング達の生き様を描いた歴史マンガ。物語の前半は剣戟活劇の様相で、主人公トルフィンの荒々しさと、彼の生きたであろう時代の苛酷さが描かれている。物語が進むにつれ現代ではとかく乱暴な海賊というイメージしか持たれなかったヴァイキングという人々が、実は高度に組織化された集団であることが描かれていくのがいい。

宿敵との決着はつかぬまま、トルフィンは奴隷という身分に落とされてしまいる。この奴隷編がこの物語の大きなテーマに集約されていく、大きな布石になっている。

奴隷制度という歴史の暗い部分を、トルフィンやまわりを取り巻く魅力的な登場人物の視点で、独特の閉塞感とやるせなさを感じながら描いていき。

トルフィンは、彼の影のような存在であるデンマーク君主とは別の形で理想郷を目指しているのが、この絶望的な中にも、希望を見出していくトルフィンの生き様は胸に迫るものがある。 

現代人が忘れてしまった躍動感のようなものが伝わってくる、そんな作品。

ヴィンランド・サガのおすすめ漫画レビューを投稿

変わらずのストーリーテリング!

ヴィンランド・サガ(17) (アフタヌーンKC)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

前作「プラネテス」の近未来から一挙に過去へ。北欧の時代劇と設定を前作とはがらりと変えてもストーリーテラーの沽券は揺るぎもしない。

アイスランドの戦士の息子が目の前で偉大な父を殺された仇をとるためだけに生き延びる。

バイキングといえば、かなり残虐非道な戦士でもあるが、それを相手に勇敢に戦う。

武器と言えばまだ鈍器や刀、弓矢しかない白兵戦で、地の利を考え、どのように戦うか。

接近戦の場合は個体の重量感が勝利を分けるが、その個体差もはねのけて、小さな体の身軽さを生かして敵の大将の首を取るのは見もの。

ヴィンランド・サガのおすすめ漫画レビューを投稿

圧倒的な画力と緻密なストーリーに引き込まれる!

ヴィンランド・サガ(15) (アフタヌーンKC)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

当初週刊連載だったものの、作者が遅筆すぎて月刊誌に移ったといういわくつきの作品。
しかし、画力の高さと緻密なストーリー展開を見ればそれもうなずける。

1000年前の中世ヨーロッパ、しかもデンマークとイングランド周辺とさほどメジャーではない舞台なのに、スッと話に入れるのがその証。

海賊が横行する時代だけにバトルシーンも多いが、主人公が「争いのない国づくり」を目指しているという前提があるだけに必然性があり、深みのある読み応えにつながっている。

ファイナルファンタジーなどでおなじみの北欧神話に興味がある人なら、ハマること間違いなしの名作だ。

投稿者 加古S  

ヴィンランド・サガのおすすめ漫画レビューを投稿

絶望のなかの希望が胸に迫るヴァイキングたちの物語

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

ヴィンランド・サガは、11世紀はじめの北ヨーロッパを舞台にヴァイキング達の生き様を描いた歴史マンガ。

物語の前半は剣戟活劇の様相で、主人公トルフィンの荒々しさと、彼の生きたであろう時代の苛酷さが描かれている。

物語が進むにつれ現代ではとかく乱暴な海賊というイメージしか持たれなかったヴァイキングという人々が、実は高度に組織化された集団であることが描かれていくのがいい。

宿敵との決着はつかぬまま、トルフィンは奴隷という身分に落とされてしまいる。この奴隷編がこの物語の大きなテーマに集約されていく、大きな布石になっている。

奴隷制度という歴史の暗い部分を、トルフィンやまわりを取り巻く魅力的な登場人物の視点で、独特の閉塞感とやるせなさを感じながら描いていき。

トルフィンは、彼の影のような存在であるデンマーク君主とは別の形で理想郷を目指しているのが、この絶望的な中にも、希望を見出していくトルフィンの生き様は胸に迫るものがある。 現代人が忘れてしまった躍動感のようなものが伝わってくる、そんな作品。

投稿者 茄崑  

ヴィンランド・サガのおすすめ漫画レビューを投稿

おトクな! 無料エリア各社増量中!!

ヴィンランド・サガの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideoヴィンランド・サガ

”千年紀の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族「ヴァイキング」。最強と謳われた戦士の息子トルフィンは幼くして戦場を生き場とし、幻の大陸ヴィンランドを目指す。激動の時代で巻き起こる、本当の戦士の物語(サ ガ)。 出演 石上 静香, 上村 祐翔, 松田 健一郎”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る

『ヴィンランド・サガ』の関連・類似・同一レーベル・著者の他の作品から面白い漫画を探す

『ヴィンランド・サガ』のtwitter上でのみんなの感想や話題のまとめ

マンガナビの『ヴィンランド・サガ』情報にアクセスありがとうございます。
最新のtwitter みんなの更新情報の再取得を要請できます。

『ヴィンランド・サガ』がランクインしている特集一覧

『ヴィンランド・サガ』を好きな人が見ているもっとおすすめの特集

ヴィンランド・サガが入ったみんなの投稿My漫画ランキング5

  1. 1位 アンゴルモア 元寇合戦記
  2. 2位 軍靴のバルツァー
  3. 3位 将国のアルタイル
  4. 4位 ヴィンランド・サガ
  5. 5位 天竺熱風録

北の海の荒くれ共=ヴァイキングたちだって好きで戦ってるわけじゃない。 ただしイヤイヤ戦ってもいないのが主人公たちの強さ。 豊かさのない海と氷の厳酷の地を、互いに名誉と一時の平和を求めて奪い合い戦い続ける主人公達。元ネタはあるらしい歴史的な背景を感じさせる戦闘漫画としておすすめ。

[歴史的背景を持つ戦闘漫画を熱く読むならこのマンガを絶対に外すな! 漫画ランキング5]の詳細をもっと見る

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

ヴィンランド・サガにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • 桃タロス  
  • hati  
  • cappa  
  • 鉄麻  
  • しゅがーまん  
  • 北の大地  
  • moon  
  • マスリー  

ヴィンランド・サガにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • 金田麻男  
  • もりやま  
  • Rio  
  • 凱風快晴  
  • Doodler  
  • Comomo  
  • ワーイ( ^∀^)  
  • アンナホッターマイヤー  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する