面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

漫画『へうげもの』は面白い?評価点数・レビュー・無料の有無をチェック

『へうげもの』をおすすめ!  へうげものの面白さを感想レビュー、みんなの評価点数と口コミ関連情報で紹介。  へうげものは「山田芳裕」と「モーニングコミックス」と「戦国漫画」と「神漫画」と「織田信長漫画」と「完結漫画一覧」と「歴史漫画」と「完結漫画名作」とにランクインしています。  このページではへうげものの作者・山田芳裕先生の他の漫画やへうげものが好きな人のためにテーマ・ジャンルでの類似漫画、お気に入りの漫画家の他の作品(過去作)、同じ掲載誌などからの面白い漫画も探せます。さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。  そしてあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【スタンプ点数評価】付き。  この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪  へうげものの最新刊は『へうげもの(25) (モーニング KC) 』  完結済です。動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介!

公開日:2005年12月22日
更新日:2018年10月28日

作品紹介

群雄割拠、下剋上の戦国時代。立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。織田信長(おだのぶなが)の家臣・古田左介(ふるたさすけ)。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千宗易(せんのそうえき=利休)から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。生か死か。武か数奇か。それが問題だ!!

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

 3.8  [ストーリー性 3.3 | キャラクター性 4.3 | 画力 3.7 | 読後感 4]

へうげもののオススメ感想レビュー

安土桃山時代のいわばオタクのパイオニア的存在が活躍!?

へうげもの(18) (モーニング KC)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

「へうげもの(瓢軽者)」の「へうげる」は、「ふざける」「おどける」という意味。

主人公は安土桃山時代に活躍した戦国武将・古田佐介(後の古田織部)。

茶の湯や美術品をこよなく愛する粋人で、いわばオタクのパイオニア的存在だ。

織田信長に仕え、出世も考えている佐介ではあるが、気持ちは常に着物や建築物、美術品や調度品に向かっている。

そんなオタク武将が好奇心と物欲を武器に時代を駆け抜けていく様に加えて、天下の趨勢や有名戦国武将たちの生き様が、山田芳裕ならではのド迫力デフォルメで描かれる。

へうげもののおすすめ漫画レビューを投稿

構えることなく、気楽に読める稀有な戦国もの

へうげもの(17) (モーニング KC)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

信長・秀吉という2人の巨人に仕えた武将・古田織部。
織部は茶人としての功績も高いため、この作品では茶道や茶器、美術品など安土桃山文化の表の顔をしっかり描いている。
また物欲と出世欲のはざまで揺れる人間心理もユーモラスなキャラを通して描かれているため、構えることなく、気楽に読める稀有な戦国もの。

へうげもののおすすめ漫画レビューを投稿

千利休が秀吉に切腹を命じられた歴史上の謎が明かされる!

へうげもの(7) (モーニング KC)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

戦国時代に立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男・古田左介(ふるたさすけ)。彼が目指す「へうげもの」への道。その道は険しく、そして楽しい前人未到の世界。信長、利休達から直接学んだその世界観は江戸の世、そして現代を大きく変えていく。

独特の絵柄、独特の世界観で描かれてきたこの作品もとうとう完結。
7巻ではいきなり最初に最大の見せ場があります。千利休が秀吉に切腹を命じられた理由は歴史上の謎のひとつなのですが、その遠因はここにあり、と山田芳裕さんらしい表現でみっちり描き込まれています。

そして最後の最後に大告白。途中に登場する伊達政宗の男ぶりや、秀吉と離宮の緊張感あふれる茶席場面など、これまでにも増して緊張感あふれる展開が繰り広げられています。じつに濃密な巻であります。

そしてその後続く、家康との静かなる戦い。最後の最後までこれほどテンションを落ちない作品はなかなかありません。
ちょっと今日だけは数寄者になって見ませんか?

へうげもののおすすめ漫画レビューを投稿

もう一つの日本の歴史のがここに!信長によって花開いた安土桃山時代の文化と歴史のうねりを笑いながら読む

へうげもの(1) (モーニングコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

信長・秀吉という2人の巨人に仕えた武将・古田織部。

織部は茶人としての功績も高いため、この歴史マンガ作品では茶道や茶器、美術品など安土桃山文化の文化的な側面を描いている。

ただし、主人公の古田織部は作中では武人としても文化人としても中途半端。

必然的に物欲と出世欲のはざまで揺れる人間心理もユーモラスなキャラとして描かれているため爆笑シーンが多い。 構えることなく読んで欲しい。 読み始めるとすぐに気楽に読める稀有な戦国歴史マンガである。

なぜ光秀が信長を裏切ったのか、裏切ったのは本当に光秀だけだったのか、信長を取り巻く時代の大きなうねり、それから逃れられない家臣達。

絵に少々特徴があるが、現代のサラリーマンの悲哀と重なる部分もあり、巻を重ねるごとにどんどん引き込まれる凄い歴史漫画。 上手い。

へうげもののおすすめ漫画レビューを投稿

おトクな! 無料エリア各社増量中!!

へうげものの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideoへうげもの

”[歴史/戦記][ドラマ/青春]時は戦国乱世。織田信長が今まさに天下を獲らんとするその陰に、茶の湯と物欲に魂を奪われた一人の武将がいた。のちに数奇者として天下に名を轟かせる「古田左介(織部)」である。「出世」と「物」、二 つの欲の間で葛藤と悶絶を繰り返す日々の中、時代は大きく揺れ動く。やがて左介は「数奇者」としての天下獲りを心に決め、「へうげもの」への道をひた走る。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千利休から深遠な精神性を学び、戦国時代を駆け抜けた男/知られざる傑物の物語。?山田芳裕・講談社/NHK・NEP 主演 大倉孝二, 小山力也, 江原正士”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXTへうげもの(アニメ)

戦国の世に実在した数奇者の生きざまがここに!古田織部の笑って学べるへうげ道! 信長から秀吉、そして家康に数奇者として仕えた戦国武将、古田織部の人生をいきいきと描く。漫画をもとにNHKでアニメ化し、丁寧な描写とコミカルな 演出で話題を集めた。 時は戦国乱世。織田信長が天下を獲ろうかという乱世にあってさまざまな文化・芸術を愛する数寄者と呼ばれる者たちは、武人と同様に己の命を懸けて至高の“美”を追い求めていた。その中には、のちに数奇者として天下に名を轟かせる古田左介の姿もあった…。

映像を観る
dアニメストア へうげもの

時は戦国乱世。織田信長が今まさに天下を獲らんとするその陰に、茶の湯と物欲に魂を奪われた一人の武将がいた。のちに数奇者として天下に名を轟かせる「古田左介(織部)」である。「出世」と「物」、二つの欲の間で葛藤と悶絶を繰り返す 日々の中、時代は大きく揺れ動く。やがて左介は「数奇者」としての天下獲りを心に決め、「へうげもの」への道をひた走る。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千利休から深遠な精神性を学び、戦国時代を駆け抜けた男/知られざる傑物の物語。

dアニメストアで「へうげもの」を検索!

映像を見る
へうげもの関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧

『へうげもの』がランクインしている特集一覧

へうげものが入ったみんなの投稿My漫画ランキング5

  1. 1位 荒野のグルメ
  2. 2位 へうげもの
  3. 3位 恋は雨上がりのように
  4. 4位 大人スキップ
  5. 5位 大停電の夜に

天才・信長と茶聖・千利休の二人から直接の薫陶をうけてしまった戦国武将だったはず?の古田織部。 夢は一国一城の主だったはずの古田織部。 何をまちがったのか茶の湯と物欲に魂を奪われてしまう。 城を落とすより器を愛で、せっかく追い詰めた的の大将首も器で買収される始末・・・。 戦国武将としてはへっぽこだが、その後「へうげもの」(「へうげる(ひょうげる)」は「剽げる」とも書き、「ふざける」「おどける」の意。ウィキペディアより引用)として大成する。 そんな古田織部の人生を追ってみるのがとっておすすめ!

[大人には大人の人生の楽しみ方がある 漫画ランキング5]の詳細をもっと見る

  1. 1位 夫の遺言
  2. 2位 へうげもの
  3. 3位 新ナニワ金融道青木雄二物語
  4. 4位 U-31
  5. 5位 HaHa

戦国時代の真っ只中、何を間違ったのか?茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。 城を落とすより器を愛で、せっかく追い詰めた的の大将首も器で買収される始末・・・。 その名は古田織部。天才・信長からじかにその天才が描いた世界観を学び、茶聖・千利休との出会いにより後々茶の湯を極めていく。 戦国武将としてはへっぽこだが、その貪欲な才は秀吉、家康の時代に開花する。 こんな男があの時代にいただけでとっても嬉しくなる。

[この大人たちの生き様が面白い 漫画ランキング5]の詳細をもっと見る

  1. 1位 信長協奏曲
  2. 2位 信長のシェフ
  3. 3位 へうげもの
  4. 4位 センゴク一統記
  5. 5位 花の慶次 ―雲のかなたに―

[戦国時代歴史セレクションで熱いロマンに思いを馳せる 漫画ランキング5]の詳細をもっと見る

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

へうげものにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • AAA  
  • ロミロミん  
  • 芋侍  
  • 漫喫を満喫  
  • moon  
  • 桃タロス  
  • ぽるるん  

へうげものにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • dson  
  • 桃タロス  
  • kiss-777  
  • すぎたにかなえ   
  • ワーイ( ^∀^)  
  • 理子  
  • からから  
  • ぷーさんぷー  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する