面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

『ハチミツとクローバー』は面白い?スタンプ評価、関連作をまとめて紹介!感想、レビュー、ひとことコメントも!

漫画『ハチミツとクローバー』の面白さをみんなのスタンプ評価点数と感想レビュー、口コミや類似漫画、関連作品を徹底紹介。  ハチミツとクローバーは「ヤングユーコミックス」と「心に残るおすすめ漫画で映画化」と「映像化されてる少女漫画」と「長編少女漫画で完結」と「アニメ化少女漫画」と「泣ける漫画」と「純愛漫画」と「完結漫画名作」と「青春ドラマで漫画が原作」と「アニメ化恋愛漫画」と「初恋漫画」と「泣ける少女漫画」と「90年代ラブコメ少女漫画」と「泣けるラブコメ漫画」と「少女漫画名作」と「櫻井翔」と「羽海野チカ」と「2000年代前半のラブコメ漫画」と「恋愛漫画で実写化・ドラマ化」特集にランクインしています。 さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。さらに!この漫画へのあなたの評価を30秒でSNSシェアできる【スタンプ評価】が簡単にできます。この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪ 動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介! コミックス最新刊は『ハチミツとクローバー 3 』です。完結済です。

『ハチミツとクローバー』

更新日:2022年09月26日
第1巻公開日:2019年09月02日

作品紹介

6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら、結構楽しい生活を送る美大生・森田、真山、竹本の3人。そんな彼らが、少女のように小さく可憐な女の子・花本はぐみと出会い…!?はぐみに対する竹本と森田の不器用な恋…。そして真山と山田のすれ違いの恋…。悩み苦しみながらも彼らはちょっとずつ成長していく。大ヒット青春ラブ・コメディー
(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『ハチミツとクローバー』を評価する!読んだ!良かった!を伝える共有スタンプ あなたの評価とみんなの評価の平均点です

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

 4  [ストーリー性 5 | キャラクター性 3 | 画力 4 | 読後感 4]

ハチミツとクローバーのオススメ感想レビュー

実はみんな大好き!甘酸っぱくて恥ずかしさにのたうちまわるような青春を描いた名作

ハチミツとクローバー 10

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

2005年4月待望のアニメ化実現!フジテレビほかで『ノイタミナ』の第1弾として放送。全24話。
舞台となっている浜田山美術大学のモデルは武蔵野美術大学。
甘酸っぱくて恥ずかしさにのたうちまわるような青春を描いた「ハチクロ」は美大生たちの恋愛や進路の悩みなどが描かれ、芸術とかそんなの関係なしに青春ストーリーとして楽しめる作品。
それぞれ片思いをしていてすごく切なくどのシーンにも胸キュンしないではいられません!
5人の男女、竹本、真山、森田、はぐみ、あゆみの五人は、みんながお互いにそれぞれの恋心を胸に抱きながら、足早に流れていく季節の中、共に同じ時間を過ごすことで深い絆で結ばれていく。そしてそれぞれが次の人生を歩みはじめる時に事件がおこる!





竹本 祐太(たけもと ゆうた):神谷浩史
花本 はぐみ(はなもと はぐみ):工藤晴香
山田 あゆみ(やまだ あゆみ):高橋美佳子
真山 巧(まやま たくみ):杉田智和
森田 忍(もりた しのぶ):うえだゆうじ
花本 修司(はなもと しゅうじ):藤原啓治
原田 理花(はらだ りか):大原さやか

ハチミツとクローバーのおすすめ漫画レビューを投稿

繊細かつ心温まる青春漫画の金字塔

ハチミツとクローバー 10

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

美術大学に通う男女五人の日常と恋模様を描く甘酸っぱい青春恋愛漫画、それがハチミツとクローバー。読めば読むほど新しい発見ある素敵な漫画でもある。

ポップで可愛らしく、けれども繊細な画風が、若々しい学生たちの、甘くほろ苦い日々を元気に描き出している。

特に恋愛面においての甘酸っぱさや主要登場人物全員が片想い?というまれなる恋愛漫画でもある。

作品の随所に散りばめられた笑いのセンスは明るい気持ちを、胸がぎゅっと絞られるような切ないモノローグは読む人の心に潤いを与えてくれる。

読めば元気いっぱいになることは請け合いなのだけれども、舞台が美術大学ということもあり、単なる明るい青春だけに留まらないのがハチミツとクローバー良さでもある。

才能に溢れた人間と、そうでない人間の対比や苦労、双方が抱えるそれぞれの悩みといったものも、きちんと描かれている。

全体を通して、キャラクターの心理描写やストーリーテンポが素晴らしく、流れるような台詞、懐かしくなるような心温まる風景の描写、モノローグの数々に知らず引き込まれ、いつの間にかキャラクターたちや作品が大好きになっている。

個人的には「自分探し3級」で教授達と盛り上がるシーンが何だか身につまされ忘れられない楽しいシーンの一つになっている。

読んでない方は幸せ者です!本当です。

ハチミツとクローバーのおすすめ漫画レビューを投稿

「登場人物全員片思い」というキャッチフレーズから泣けます!

ハチミツとクローバー 10

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

恋をしたい、誰かを好きになりたい。でも片思いがいいかも・・・・。こんな絶対理不尽なことを考えつつ、ちょっと幸せに悩んでみたいとつい考えてしまうほどの名作です。

どの登場キャラも深く描かれていてそれぞれの叶わない片思いに共感出来てしまうから不思議。

その中でも真っ直ぐに生きている竹本君が実は最高に濃いキャラかもしれない。
普通のチャリでフラッと家を出て、そのまま自分探しの旅にふと出てしまい、ドンドン北に向かって、チャリを改造しながら北海道まで漕ぎ続け・・・
その先に見る風景が、本当に感動的なのです。

なので、自転車が好きな人は是非本作を一気読みして下さい。
思わぬ胸キュンと甘酸っぱすぎる少年の恋に心揺さぶられること請け合いです。
やっぱり青春の恋って太陽に向かっていくのが素敵!    なのでしょう???


ハチミツとクローバーのおすすめ漫画レビューを投稿

竹本君 役の【自分探し3級】櫻井くんがとてもキュート

ハチミツとクローバー 10

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

この漫画を読むと大人になったことで忘れかけていた大切なもの、もしかしたら現実の忙しさの中で忘れようとしていたことを、強く思い出させてくれます。

「恋」「人生」「人間関係」という直球を投げられてボールを取り損ないそうになりながら、なんとかボールを落とさない様に頑張って読んでいる自分がいました。

この本の登場人物は皆、巻を追うごとに凸凹と恥ずかしい思いをたくさんしながら成長するのです。
そして読んでいる自分もいつのまにか一緒に成長したくなります。

要所要所で出てくる大人達のメーッセージにも含蓄があります。
あーこんなこといつか後輩達にさらりと言いたい。

といっても、シリアスはシーンばかりでは無く、学園漫画の王道を押さえつつ要所要所はギャクを上手に交えメインの登場人物達の心の動きを大変繊細に表現してくれます。

この青春片思い恋愛漫画はずっと手元に置いておきたくなる一冊。
そうですね、ツライことがあったときの心の処方箋になることでしょう。

ちなみに個人的には竹本君の【自分探し3級】で教授にいじられるシーンが好きです。

笑えるシーンだけど、このエピソードは実はもっと深い意味と私たちへの応援が込められているシーンでもあって、癒やされました

ハチミツとクローバーのおすすめ漫画レビューを投稿

片思いこそ最高の胸キュン!?美大生たちの片思い列伝に泣けて笑えて満たされる

ハチミツとクローバー 10

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

「登場人物全員片思い」というキャッチフレーズが本当に胸キュン展開を見せてくれる、美大生達のピュアキュン青春(死語?)な群像もの少女漫画です。

「美大生ってキャラ濃そうだよね?」という予想を地で証明してくれるみたいな本作は、キャラは濃いけれどピュアさも濃い。

そして「片思いこそ一番のピュア恋」なぁんて言葉がうなずけちゃうような胸キュンなエピソードと心理描写を次々と差し込んでくれます。

お気に入りシーンは沢山あるのですが、あえて紹介するならば---第1巻、昨今ではなかなかお見かけしないような年季の入ったアパートで美大生活を送っている竹本祐太は、美大で「はぐちゃん」こと、花本はぐみと出会います。

この時、同じ部屋に居た間山さんが「人が恋に落ちる瞬間をはじめてみてしまった まいったな」と。

もう、このシーンからハチクロにハマりまくりでした。

また美大生ながら同時に就職して働いている間山さんが「こんなアパート(失礼?)で暮しているのか?」と竹本くんに聞かれるシーンがあります。
間山さんの答えは、「もし好きな女に何かあった時さ 『何も考えないでしばらく休め』って言えるくらいは なんかさ 持ってたいんだよね」でした。

こんな風に想われてみたい!とトキメキ、同時に世の男性は本当にここを読め!と声を大にして叫びたかったです。

ハチミツとクローバーのおすすめ漫画レビューを投稿

モダキュン恋愛漫画と言えばこの作品

ハチミツとクローバー 8

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

【全10巻】
2005年4月待望のアニメ化実現!フジテレビほかで『ノイタミナ』の第1弾として放送。全24話。
舞台となっている浜田山美術大学のモデルは武蔵野美術大学。
甘酸っぱくて恥ずかしさにのたうちまわるような青春を描いた「ハチクロ」は美大生たちの恋愛や進路の悩みなどが描かれ、芸術とかそんなの関係なしに青春ストーリーとして楽しめる作品。
それぞれ片思いをしていてすごく切なくどのシーンにも胸キュンしないではいられません!
5人の男女、竹本、真山、森田、はぐみ、あゆみの五人は、みんながお互いにそれぞれの恋心を胸に抱きながら、足早に流れていく季節の中、共に同じ時間を過ごすことで深い絆で結ばれていく。そしてそれぞれが次の人生を歩みはじめる時に事件がおこる!





竹本 祐太(たけもと ゆうた):神谷浩史
花本 はぐみ(はなもと はぐみ):工藤晴香
山田 あゆみ(やまだ あゆみ):高橋美佳子
真山 巧(まやま たくみ):杉田智和
森田 忍(もりた しのぶ):うえだゆうじ
花本 修司(はなもと しゅうじ):藤原啓治
原田 理花(はらだ りか):大原さやか

ハチミツとクローバーのおすすめ漫画レビューを投稿

食べ物とはおよそ思えないきざみチョコたっぷりのバレンタインスコーンレシピが!

ハチミツとクローバー 6 (クイーンズコミックスDIGITAL)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

前衛的な味覚の持ち主か、はたまた凡人には解せない芸術的な作品の一つか。
唯一無二の料理を生み出す、あゆみとはぐみ。
バレンタインチョコも常識では計り知れない作品の発表の場となった。
見た目は普通でも強度はコンクリート並み?食べ物とはおよそ思えないきざみチョコたっぷりのバレンタインスコーンが完成。
愛情が込められたプレゼントと思いきや、そのチョコは彼女たちがおまけほしさに集めた食玩の残りもの。
それは愛情よりも廃品処理的な感じで......。

はぐみの保護者、花本先生はそれに気づかず、チョコをもらった嬉しさに舞い上がり、ホワイトデーのお返しは豪華食器セットをはぐみにプレゼントする始末。

そうそう、バレンタインとはエビで鯛をつる日だったんだよね。
10巻番外編「バレンタインの思い出」より。

ハチミツとクローバーのおすすめ漫画レビューを投稿

おトクな! 無料エリア各社増量中!!
★今すぐ読める!アマゾンKindleで漫画ライフを満喫【Kindleを確認▶】

Amebaマンガで「ハチミツとクローバー」を検索!

★大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガで確認▶】
★【特典満載!】初めてebookjapanを使うなら【ebookjapanで確認▶】 ★独自コラボ・特集・お得な週末クーポン開催中【ebookjapanで確認▶】

まんが王国で「ハチミツとクローバー」を検索!

★日替わりクーポン&ポイント還元を使い尽くして超お得♪【まんが王国で確認▶】

U-NEXT ブックで「ハチミツとクローバー」を検索!

★漫画・映画の両方堪能するならコスパ最高(大人向も充実)【U-NEXTで確認▶】
★[紙]で読むならタイトル数1位のアマゾン【Amazonで確認▶】 ★読み放題充実!ラノベも強い♪KADOKAWA直営【BOOK☆WALKERで確認▶】 ★読み放題フルとポイント還元を徹底活用でお得【コミックシーモアで確認▶】 ★チケット制のレンタル方式が安くてお気軽【Renta!で確認▶】 ★毎日クーポンガチャ&割引セール中【BookLive!で確認▶】 ★楽天ポイントを使って便利、割引クーポンでもっとお得【楽天で確認▶】

ハチミツとクローバーの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideo ハチミツとクローバー・実写版

”浜美大に通う、竹本、森田、真山、あゆの4人は、花本研究会で知り合った仲間。ある日、竹本は花本先生の従兄弟の娘で、天才的な絵を描くはぐみと出会う。ダイナミックに絵を描くはぐみを見て、竹本は一瞬にして恋に落ちてしまう。竹本 と同じ寮に住む真山は、アルバイト先の年上の女性に恋をし、あゆはそんな真山に片想い。一方、天才肌で自信家の森田が大学に戻ってきて、はぐの才能に興味を持ち始め・・・。©2006「ハチミツとクローバー」フィルムパートナーズ 監督 高田雅博 出演 櫻井翔, 蒼井優, 伊勢谷友介”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideoハチミツとクローバーII

”大生の、竹本、真山、森田、はぐみ、あゆみ。お互いの、そして自分の気持ちにゆっくりと気づきはじめていく一方で、容赦なく日々は流れて行く。それぞれの華奢な未来と向き合い、憂い、もがき、まわり続ける5人の片想いのゆくえは・・ ・?彼らが選ぶ道とは・・・?(C)羽海野チカ/集英社・ハチクロ製作委員会”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideoハチミツとクローバー

”人が恋に落ちる瞬間を見てしまった。まいったな・・・・・・ 築25年、家賃3万8千円のボロアパートに住む、美大生の竹本祐太は、同じ大学の先輩・真山巧、森田忍にからかわれつつも楽しい共同生活を送っていた。新学期を迎えたあ る日、花本先生の従兄弟の娘で少女のように小さく可憐な編入生・花本はぐみを紹介される。これが6人の学生の運命の出会いになる!”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXTハチミツとクローバー(実写映画)

浜美大に通う、竹本、森田、真山、あゆの4人は、花本研究会で知り合った仲間。ある日、竹本は花本先生の従兄弟の娘で、天才的な絵を描くはぐみと出会う。ダイナミックに絵を描くはぐみを見て、竹本は一瞬にして恋に落ちてしまう。竹本と 同じ寮に住む真山は、アルバイト先の年上の女性に恋をし、あゆはそんな真山に片想い。一方、天才肌で自信家の森田が大学に戻ってきて、はぐの才能に興味を持ち始め・・・。櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ/中村獅童(特別出演)/西田尚美/堺雅人/堀部圭亮/宮崎吐夢/銀粉蝶

映像を観る
FODハチミツとクローバーII

『・・・・・・そして、僕たちは再び回り始める・・・・・・』 大学にほど近いアパートで、美大に入ったものの、自分の進むべき道を見つけられずに悶々としていた竹本祐太。気の合う先輩の真山巧や森田忍と、それなりに楽しい日常をす ごしていたのだが・・・。そんな頃、大学で編入生の花本はぐみと出会うことで、竹本の日常は、ゆっくりと回り始める。やがて、自転車のペダルを踏みしめながら、あてどもなく旅をすることになる竹本や仲間たちの青春恋愛模様を振り返る。 全員片思いの逆走ラブストーリー!涙の完結編 □声の出演:竹本祐太(CV:神谷浩史)/花本はぐみ(CV:工藤晴香) □原作:羽海野チカ『ハチミツとクローバー』集英社刊 □監督:長井龍雪 □シリーズ構成・脚本:黒田洋介 □アニメーション制作:J. C. STAFF-(FODページより引用)

で「ハチミツとクローバーII 」を検索!

映像を見る
FODハチミツとクローバー

浜美大に通う、竹本、森田、真山、あゆの4人は、花本研究会で知り合った仲間。ある日、竹本は花本先生の従兄弟の娘で、天才的な絵を描くはぐみと出会う。ダイナミックに絵を描くはぐみを見て、竹本は一瞬にして恋に落ちてしまう。竹本と 同じ寮に住む真山は、アルバイト先の年上の女性に恋をし、あゆはそんな真山に片想い。一方、天才肌で自信家の森田が大学に戻ってきて、はぐの才能に興味を持ち始め・・・。羽海野チカ「ハチミツとクローバー」集英社刊櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ/中村獅童(特別出演)/西田尚美/堺雅人/堀部圭亮/宮崎吐夢/銀粉蝶■監督:高田雅博■脚本:河原雅彦/高田雅博■音楽:菅野よう子■撮影:長谷川圭二■照明:山崎公彦■美術:中村桃子■録音:井家眞紀夫■整音:太斉唯夫■編集:高田雅博/阿久津リエ子■主題歌:「魔法のコトバ」スピッツ■エンディング・テーマ:「アオゾラペダル」嵐■オリジナルサウンドトラック:「ハチミツとクローバーオリジナル・サウンドトラック」 (C)2006「ハチミツとクローバー」フィルムパートナーズ-(FODページより引用)

で「ハチミツとクローバー 」を検索!

映像を見る
ハチミツとクローバー関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧

『ハチミツとクローバー』の関連・類似・同一レーベル・著者の他の作品から面白い漫画を探す

『ハチミツとクローバー』のtwitter上でのみんなの感想や話題のまとめ

マンガナビの『ハチミツとクローバー』情報にアクセスありがとうございます。
最新のtwitter みんなの更新情報の再取得を要請できます。

『ハチミツとクローバー』がランクインしている特集一覧

ハチミツとクローバーが入ったみんなの投稿My漫画ランキング5

  1. 1位 HELLSING
  2. 2位 ハチミツとクローバー
  3. 3位 うさぎのヨシオ
  4. 4位 ドラゴンボール
  5. 5位 CHERRY TEACHER 佐倉直生

辛いとき読み返す、こころがとっても優しくなれる作品です。

[俺的面白い作品を示そう! 漫画ランキング5]の詳細をもっと見る

  1. 1位 ハチミツとクローバー
  2. 2位 NANA―ナナ―
  3. 3位 最終兵器彼女
  4. 4位 彼氏彼女の事情
  5. 5位 3月のライオン

1位の「ハチミツとクローバー」は恋をする人の気持ちがとっても素敵に描かれています。 人って本当に誰かを好きになるとどれだけ不器用になれるのだろう。 その姿はどんなにか微笑ましいのだろう。 とある「好き」が実らなくても誰かを本当に好きになることで人って成長できる。 そんなことを丁寧に伝えてくれる。

[それでも好き!どうしても手放せない、切ない・・・ 漫画ランキング5]の詳細をもっと見る

  1. 1位 関根くんの恋
  2. 2位 失恋ショコラティエ
  3. 3位 暁のヨナ
  4. 4位 ちはやふる
  5. 5位 ハチミツとクローバー

最後は「登場人物みんな片想い」(!) がサブキャッチフレーズだった『ハチミツとクローバー』 真山君や森田君などのイケメン扱いの男子は多いが、ほぼ全編に渡って報われていない。 頑張れイケメン男子。

[恋で苦労するイケメン達にキュン。イケメンが恋愛に悩む姿が最高な 漫画ランキング5]の詳細をもっと見る

  1. 1位 お伽もよう綾にしき ふたたび
  2. 2位 神様はじめました
  3. 3位 ラストゲーム
  4. 4位 ハチミツとクローバー
  5. 5位 菩提樹寮(リンデンホール)のアリ…

ハチミツとクローバーは私の青春(自分探し何級までいったろう?)でした。 連載中に学生じゃ無くなって「大人になったら漫画止めよう」とか思っていたのにハチクロだけはずっと読んでた。 一度手放したけどまた読みたい。 全員片思いなモードも切なすぎてもう最高!

[読むだけで恋愛力がアップ!ときめき胸キュン恋愛 漫画ランキング5]の詳細をもっと見る

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

ハチミツとクローバーにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • しゅがーまん  
  • やちゃん801  
  • ricomoson  
  • Rio  
  • (・_・`)*。゚amnos  
  • 桃タロス  
  • ワーイ( ^∀^)  

ハチミツとクローバーにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • もりやま  
  • ( v^-゜)♪246  
  • 加古S  
  • 奈良崎コロスケ  
  • ☆k☆a☆m  
  • -*君の笑顔が好き*-  
  • 太郎  
  • Rio  

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する