面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

弱虫ペダルは面白い?評価点数・レビュー・無料の有無をチェック

『弱虫ペダル』をおすすめ!  弱虫ペダルの面白さを感想レビュー、みんなの評価点数と口コミ関連情報で紹介。  弱虫ペダルは「渡辺航」と「」と「」と「実写化・アニメ化の神漫画」と「神漫画」と「【2022年】人気漫画ランキング【少年】」と「青春ドラマで漫画が原作」と「【2021年】人気漫画ランキング【少年】」と「」と「」と「大人漫画」と「モチベーションアップ漫画」と「マイナースポーツ漫画」と「自転車漫画」と「少年チャンピオン」と「青春漫画」と「青春漫画部活」と「ロードバイク漫画」と「完結漫画名作」と「部活漫画」とにランクインしています。  このページでは弱虫ペダルの作者・渡辺航先生の他の漫画や弱虫ペダルが好きな人のためにテーマ・ジャンルでの類似漫画、お気に入りの漫画家の他の作品(過去作)、同じ掲載誌などからの面白い漫画も探せます。さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。  そしてあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【スタンプ点数評価】付き。  この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪  弱虫ペダルの最新刊は『弱虫ペダル 78 (78) (少年チャンピオン・コミックス) 』  動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介!

公開日:2008年07月08日

作品紹介

ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km!! アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ!! ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

漫画タイトルあいうえお検索

 4.4  [ストーリー性 4.3 | キャラクター性 4.7 | 画力 3.7 | 読後感 4.7]

弱虫ペダルのオススメ感想レビュー

自転車競技の団体戦は涙無しでは読めない!

弱虫ペダル 77 (少年チャンピオン・コミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

「自転車は一人で漕ぐ乗りもの」という思い込みがぶっ壊された。

「弱ペダ」における自転車競技のインターハイは個人戦でもあり団体戦でもある。

平地では体格のデカいスプリンターが先頭を走って空気抵抗を引き受け、上り坂では軽量なクライマーの出番だ。

現実のロードレースとは少しルールが違うが、見慣れた自転車に惚れ直すきっかけをくれた作者にありがとうをいいたい。

この作品で自転車ブームが再来、いや襲来!
熱い、熱い作品に感謝!

弱虫ペダルのおすすめ漫画レビューを投稿

燃えるロードレース競技用自転車ブームの火付け役だが萌えられてる

弱虫ペダル(40): 少年チャンピオン・コミックス

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

主人公の小野田坂道は、アニメや漫画が好きでスポーツとは無縁の性格。
しかし、小学校の頃からママチャリで片道45キロ以上の秋葉原に通っているため、自転車に関しては驚異的な能力とポテンシャルを秘めていて。
そこを同じ学校の自転車部員に見出されて自転車部に入部。 ロードレースで成りあがっていく。

初心者が急に始めたスポーツで実力を発揮するというありがちなパターンながらも、スポーツとまるで無縁の坂道が体育会系ノリにとまどいながらも成長する姿は目新しくもあります。

一番の見どころは、ロードレースが個人戦でありチーム戦でもあるという特殊なスポーツで、それぞれが役割を果たし助け合い、協力しながら長いレースを戦っていく姿。
チームの優勝を最優先としながらも、一人一人しっかりと描かれた登場人物達の意地とプライドがぶつかり合い、読んでいて胸が熱くなる。

一見恐怖モノみたいな絵柄で「絶対に無いな」と思っていたのだが、まさかのアニメ化が高クオリティだったコトから腐女子ファンが急増。

フツーにカップリング対象になってたりする。 腐女子の許容力凄い。

弱虫ペダルのおすすめ漫画レビューを投稿

未だかつてこんなに自転車漫画が盛り上がったことはない!

弱虫ペダル 36 (少年チャンピオン・コミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

もともと計り知れない才能があって、それが技術を添えると急激に開花するとしたら、その成長ぶりが他人事でも面白く、ぐいぐいと引き込まれる。

小野田坂道は運動と友達作りが苦手でアニメ好きの高校生。

斜度20%の激坂を上らなければ通えない総北高校に自転車で通い始めると、自転車に賭ける今泉とアニ研入部をかけて、激坂で勝負することになった。

ロードバイクVSママチャリ。

一見勝ち目のない戦いでも、ママチャリのサドルを適切な高さに上げると、今泉のロードバイクを追い上げる。

小野田の武器は毎日90キロのママチャリによるアキバ通いで鍛えられた、アホみたいなハイ回転数。

ギアをつけ、ロードバイクに乗り、テクニックを身に着ける度に伸びていく坂道の伸びしろの大きさに、引きつけられてぐんぐん読み進む。

同時に、何となく自分も自転車に乗ってテクニックを試して自転車レースの才能を開花させることができそうな気になるほど、テクニック解説も分かりやすい。

弱虫ペダルのおすすめ漫画レビューを投稿

ロードレースの風を感じる! 思わず声援を飛ばしたなる

弱虫ペダル 33 (少年チャンピオン・コミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

スタート地点がとにかくオモロイ。オタク×ママチャリ少年坂道がどんどん疾走していく。その変化にはついて行けないほど。
次はどうなる?次は…今度は…ワクワク感が増大していく。
人間関係が坂道を変えていく。グッ、グッ、グッと強い力に魅了されていく。それがイイ。
ママチャリで激坂、往復90キロのオタク魂が花開く時…なにかが起こる。
青春の風を感じます。
モバイルゲーム、舞台、テレビアニメとしても爆走。…坂道クンがキュートでカワイイ。惚れちゃいま~す。
今泉クンほかのメンバーもイケ面ぶりもステキ。
自転車を愛するなら是非読んでみて!

弱虫ペダルのおすすめ漫画レビューを投稿

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

弱虫ペダルにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • しゅがーまん  
  • ぷーさんぷー  
  • <(^O^)テレテレ  
  • かなん(^Д^)  
  • moon  
  • -*君の笑顔が好き*-  
  • kiss-777  

弱虫ペダルにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • タッチ  
  • さわ  
  • はっしー  
  • <(^O^)テレテレ  
  • kiss-777  
  • ちゃむねこ  
  • にゃげにゃげ  
おトクな! 無料エリア各社増量中!!

弱虫ペダルの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideo 弱虫ペダル(実写化)

” 千葉から秋葉原にママチャリで通う、運動が苦手で友達がいない高校生・小野田坂道(永瀬廉)。念願のアニメ研究部に入ろうとしたが、休部を知りショックを受ける。そんな時、坂道の自転車の走りを見た同級生の今泉俊輔(伊藤健太郎 )からレースの勝負を申し込まれる。自転車で走る楽しさを初めて感じた坂道は、秋葉原で出会った同級生・鳴子章吉(坂東龍汰)に誘われて自転車競技部に入部する。マネージャーの寒咲幹(橋本環奈)や部長の金城真護(竜星涼)、巻島裕介(栁俊太郎)、田所迅(菅原健)ら尊敬できる先輩たちとの出会いによって、自転車選手としての思わぬ才能を発揮する坂道。そして迎えた県大会。レギュラーメンバーに選ばれた坂道は、初めて出来た「仲間」とともに、インターハイ出場を懸けたレースに挑む。(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008 監督 三木康一郎 出演 永瀬廉, 伊藤健太郎, 橋本環奈”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo弱虫ペダル SPARE BIKE

”「弱虫ペダル SPARE BIKE 巻島裕介」春、総北高校に入学した巻島裕介。これまでたった一人で走ってきた彼は総北の自転車競技部に入部することで、自らの自由な走りで周囲から認められ、広い世界に羽ばたくことが出来る、と 胸を躍らせていた。しかし、彼の独特なダンシング走法は、部の先輩たちから嘲笑され、走り方を直すように言われてしまう。「自転車は自由だ」と信じていた巻島は…。/「弱虫ペダルSPARE BIKE 東堂尽八」オシャレであることがモットーの中学二年生・東堂尽八は、箱根の街に生まれ育った、老舗温泉旅館の嫡男。ある日、ロードバイクに乗る友人・糸川修作から自転車レースに誘われるも、ヘルメットで髪が乱れる理由から拒否。しかし試しに2人で競うように箱根の山を走ってみると、東堂の心の中にひとつの衝動が生まれ-。(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルSB製作委員会 出演 森久保祥太郎, 諏訪部順一, 安元洋貴”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo劇場版 弱虫ペダル

”インターハイにおいて、激闘の末に見事総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部の小野田坂道。夏も終わりに近づく中、卒業を控える3年生の金城、巻島、田所から、「全力で支え合い走りぬく」というチーム総北の魂を受け継いでいくた めに、日々の練習に取り組んでいた。そんなある日、チーム総北に、例年インターハイの成績優秀チームが出場する「熊本 火の国やまなみレース」の出場招待が届く。打倒総北に燃える箱根学園、京都伏見、広島呉南といったライバルチーム、そして“炎のクライマー”吉本を擁する地元熊本台一など、全国の強豪チームが参戦するこのレースにむけて、坂道ら総北メンバーは士気を高めていく。ただ、一人を除いて--。(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会 出演 山下大輝, 鳥海浩輔, 福島潤”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo弱虫ペダル Re:ROAD

”総北高校入学を機に自転車ロードレースと出会い、その世界に足を踏み入れたオタク少年・小野田坂道。今泉俊輔や鳴子章吉らチームメイトとしのぎを削り成長した彼は、総北自転車競技部の全国大会<インターハイ>メンバーに選ばれる。栄 光を求める全国の強豪が一堂に揃う、過酷なレースがスタートを切った。己の誇りのために走る者。ライバルを超えるために走る者。“勝利”だけを欲しすべてを削って走る者。過去の復讐に燃える者。そしてチームのために想いを積んで走る者―。インターハイ総合優勝のゴールラインに最初にたどり着くのは、果たしてどの選手、どのチームか―。(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会 出演 山下大輝, 鳥海浩輔, 福島 潤”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo弱虫ペダル Re:RIDE

”アニメやフィギュアが大好きなオタク少年・小野田坂道は、入学した総北高校で、中学時代に自転車ロードレースで名を馳せた今泉俊輔と鳴子章吉と出会う。坂道は、小さな頃から自転車で毎週往復90kmの秋葉原通いで知らずのうちに鍛え られた自転車の才能、高回転<ハイケイデンス>なペダリングを彼らに見出され、自転車競技部の門を叩く。今泉や鳴子、そして金城、巻島、田所ら実力派の先輩たちとの練習でどんどん才能を伸ばしていった坂道は、意外性の力を見込まれ全国大会<インターハイ>のメンバーに”クライマー”として選出される。チーム全員の想いが詰まったユニフォームジャージを真っ先にゴールに届けるため、チーム総北は力の限りペダルを回し、疾走する!(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルRR製作委員会 出演 山下大輝, 鳥海浩輔, 福島潤”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideoドラマ 弱虫ペダル シーズン2 2017

”千葉県立総北高校に入学した新入生の小野田坂道は、秋葉原を愛するオタク少年。高校では友達を作るために、アニメ・漫画研修部に入部しようとする。しかし、同級生の今泉俊輔や鳴子章吉と出会い、自転車で速く走ることに楽しさを見出し た坂道は自転車競技部へと入部する。総北高校自転車競技部は3年のキャプテン・金城真護を中心に、田所迅や巻島裕介といった個性ある強力なメンバーを揃え、インターハイの頂点を目指している。自転車競技について素人だった坂道は、今泉や鳴子と一緒に走った経験、1年生ウェルカムレース、巻島とのクライム対決、4日で1,000Kmを走る耐久合宿を乗り越えながら、自分が持つ脚力と自転車競技部での経験を通じて、クライマーとしての素質を開花させていく。合宿の成果により見事、インターハイ出場メンバーに選ばれた坂道は、総北高校自転車競技部と共に、スタートラインに立つ。インターハイ、戦いの幕があがる。”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo弱虫ペダル2013

”千葉県にある総北高校に通う小野田坂道はちょっと気弱でアニメが大好きな高校一年生。坂道は高校に入ったらアニメ研究部に入部しようとしていたが、中学自転車界で名を馳せた今泉俊輔や、関西の自転車大会で賞を総なめにした鳴子章吉と の出会いによって、自転車競技部に入部することになる。自転車競技部では激しいトレーニングや事件が待ち受けていたが、金城、田所、巻島といった個性的な先輩や、沢山の仲間に支えられて数々の試練を乗り越えていく坂道。そうした日々の中で坂道の中に眠る自転車選手(ロードレーサー)としての才能が目覚め始める…!!(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo弱虫ペダル GRANDE ROAD

”総北高校に入学した、アニメやフィギュアが大好きなオタク少年・小野田坂道。同じく新入生で中学時代から自転車レーサーとして名を馳せた今泉俊輔と鳴子章吉との出会いをきっかけに、坂道は自転車の楽しさを知り、自転車競技部に入部す る。めきめきと才能を伸ばしていった坂道は全国大会<インターハイ>のメンバーに選出される。全国の強豪校が揃う、3日間に及ぶ過酷な戦いに挑む総北。3校同着という波乱の結果となったインターハイ1日目。そして、それぞれが決意を新たにスタートラインに立ったインターハイ2日目。総北はアクシデントに見舞われ、そして箱根学園と京都伏見高校の走りに劣勢を強いられるも、全員の力で両校を追い上げていく。そして、2日目のゴールを獲るべく、それぞれのチームの"エース"が動き出す!(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会 出演 山下大輝, 鳥海浩輔, 福島潤”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo弱虫ペダル Re:GENERATION

”夏、灼熱のインターハイ。その戦いの地・栃木に、3人の男が向かっていた。昨年、総北高校自転車競技部のメンバーとしてインターハイを制覇した、金城真護、巻島裕介、田所迅だ。彼らは新生チーム総北の応援のために集結したのである。 高校からロードレースを始めた初心者ながら今やチームのエースクライマーとなった小野田坂道、新キャプテン手嶋純太をはじめとする総北高校自転車競技部。インターハイの戦いに臨む彼らのこれまでの道のりは、決して平坦ではなかった。信頼し支えてくれていた先輩との別れ。「全員で支え合い繋ぐ」というチームの魂の継承。他校だけでなくチーム内の仲間とも激しくぶつかったインターハイ出場を賭けた戦い…。それらを乗り越え、全国の強豪が集まるインターハイの頂点を目指して、灼熱の地を駆ける!?渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会 出演 山下大輝, 鳥海浩輔, 福島潤”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo弱虫ペダル GLORY LINE

”前年の全国大会<インターハイ>を制した主人公・小野田坂道が所属する総北高校。チームを引っ張った先輩たちが卒業・引退し、新たな世代のチームとして始動した彼らは、互いに刺激し合い、支え合い、高め合いながら、連覇を目指してイ ンターハイの切符を勝ち取った。そして迎えた決戦の時。ライバルであり王座奪還を狙う箱根学園、怪物レーサー御堂筋を擁する京都伏見、そして全国の強豪たちが一堂に集い、優勝を目指して激しくぶつかり合う!選手全員が各々に秘める想い。直線を疾走するスプリンターとして、山を制すクライマーとして、そしてチームを勝利に導くエースとして… 栄光へのそれぞれのゴールライン=“GLORY LINE”を最初に駆け抜けるのは、果たして誰なのか-!?(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会 出演 山下大輝, 鳥海浩輔, 福島潤”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
PrimeVideo弱虫ペダル NEW GENERATION

”全国大会<インターハイ>において、チーム全員の力で王者・箱根学園ら強豪たちを破り、みごと総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部。熱い夏が終わり、金城、巻島、田所の3年生が引退を控え、1年生ながらインターハイで活躍した 小野田坂道、今泉俊輔、鳴子章吉と、新主将の2年生・手嶋純太と副主将の青八木一らは“新チーム”として、インターハイ連覇をめざして始動する。王座奪還を目指し新たなメンバーを加えこちらも新チームとして動き出すライバルの箱根学園。怪物レーサー・御堂筋翔率いる京都伏見高校。全国の強豪たちもインターハイの頂点を目指して走りを磨く。新たな仲間、新たなライバル、そして新たな戦い…。男たちの熱きドラマが幕を開ける!(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会 出演 山下大輝, 鳥海浩輔, 福島潤”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXT弱虫ペダル RE:RIDE (リライド)

アニメやフィギュアが大好きなオタク少年・小野田坂道は、入学した総北高校で、中学時代に自転車ロードレースで名を馳せた今泉俊輔と鳴子章吉と出会う。坂道は、小さな頃から自転車で毎週往復90kmの秋葉原通いで知らずのうちに鍛えら れた自転車の才能、高回転<ハイケイデンス>なペダリングを彼らに見出され、自転車競技部の門を叩く。今泉や鳴子、そして金城、巻島、田所ら実力派の先輩たちとの練習でどんどん才能を伸ばしていった坂道は、意外性の力を見込まれ全国大会<インターハイ>のメンバーに”クライマー”として選出される。チーム全員の想いが詰まったユニフォームジャージを真っ先にゴールに届けるため、チーム総北は力の限りペダルを回し、疾走する!(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルRR製作委員会

映像を観る
U-NEXT弱虫ペダル SPARE BIKE

「弱虫ペダル SPARE BIKE 巻島裕介」春、総北高校に入学した巻島裕介。これまでたった一人で走ってきた彼は総北の自転車競技部に入部することで、自らの自由な走りで周囲から認められ、広い世界に羽ばたくことが出来る、と胸 を躍らせていた。しかし、彼の独特なダンシング走法は、部の先輩たちから嘲笑され、走り方を直すように言われてしまう。「自転車は自由だ」と信じていた巻島は…。/「弱虫ペダルSPARE BIKE 東堂尽八」オシャレであることがモットーの中学二年生・東堂尽八は、箱根の街に生まれ育った、老舗温泉旅館の嫡男。ある日、ロードバイクに乗る友人・糸川修作から自転車レースに誘われるも、ヘルメットで髪が乱れる理由から拒否。しかし試しに2人で競うように箱根の山を走ってみると、東堂の心の中にひとつの衝動が生まれ-。(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルSB製作委員会

映像を観る
U-NEXT弱虫ペダル RE:GENERATION

夏、灼熱のインターハイ。その戦いの地・栃木に、3人の男が向かっていた。昨年、総北高校自転車競技部のメンバーとしてインターハイを制覇した、金城真護、巻島裕介、田所迅だ。彼らは新生チーム総北の応援のために集結したのである。高 校からロードレースを始めた初心者ながら今やチームのエースクライマーとなった小野田坂道、新キャプテン手嶋純太をはじめとする総北高校自転車競技部。インターハイの戦いに臨む彼らのこれまでの道のりは、決して平坦ではなかった。信頼し支えてくれていた先輩との別れ。「全員で支え合い繋ぐ」というチームの魂の継承。他校だけでなくチーム内の仲間とも激しくぶつかったインターハイ出場を賭けた戦い…。それらを乗り越え、全国の強豪が集まるインターハイの頂点を目指して、灼熱の地を駆ける!(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

映像を観る
U-NEXT弱虫ペダル RE:ROAD

総北高校入学を機に自転車ロードレースと出会い、その世界に足を踏み入れたオタク少年・小野田坂道。今泉俊輔や鳴子章吉らチームメイトとしのぎを削り成長した彼は、総北自転車競技部の全国大会<インターハイ>メンバーに選ばれる。栄光 を求める全国の強豪が一堂に揃う、過酷なレースがスタートを切った。己の誇りのために走る者。ライバルを超えるために走る者。“勝利”だけを欲しすべてを削って走る者。過去の復讐に燃える者。そしてチームのために想いを積んで走る者―。インターハイ総合優勝のゴールラインに最初にたどり着くのは、果たしてどの選手、どのチームか―。(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会

映像を観る
U-NEXT弱虫ペダル GRANDE ROAD (グランロード)

激闘のインターハイ、遂に決着!千葉県総北高校の自転車競技部を舞台に、内気な少年・小野田坂道(山下大輝)がロードレースと出会い成長していく姿と競技に青春を賭ける部員たちを描いた、渡辺航による青春スポーツコミックス『弱虫ペダ ル』。週刊少年チャンピオンによって連載中で、累計2,000万部突破した人気作品を原作としたTVアニメの第2シーズン。チーム一丸となって戦う総北と王者の威信を賭けて臨む箱根学園、そしてエース御堂筋翔(遊佐浩二)率いる京都伏見と、3校によるデッドヒートとなったインターハイ。過酷を極めるレースは徐々に脱落者を出しながら最終局面へと向かっていく。坂道も初めての大舞台に驚きながらも、自分らしさを貫きチームについていく。果たして最終日、トップでゴールを駆け抜けるのはどのチームなのか。インターハイ2日目。ゴールラインを目前に、坂道の活躍もあって箱根学園に追いついたチーム総北。追い込まれた京都伏見の御堂筋が力を振り絞るなか、総北と箱根学園もフィニッシュラインに向けてエースを送り出す。大激戦のゴール前を制すチームは一体?

映像を観る
U-NEXT弱虫ペダル NEW GENERATION

総北高校自転車競技部、新たな世代へ!内気な少年・小野田坂道(山下大輝)がロードレースと出会い成長していく姿を描いた青春スポーツコミックス『弱虫ペダル』。王道の熱血スポーツ漫画らしいストーリー展開と、自転車競技に青春の全て を賭ける多数の魅力的なキャラクターたちが話題を呼び、週刊少年チャンピオンで渡辺航によって連載中の原作が累計2,000万部突破した人気作品。坂道とロードレースの出会いを描いた第1期、白熱のインターハイの結末を描いた第2期に続く、TVアニメ化第3シーズン。インターハイという大舞台を終え、各校は3年生の引退を迎えることに。わずか半年前まで素人だった坂道も数々の厳しい場面を乗り越えてたくましく成長し、先輩との別れを経験しついに上級生として新入生を引っ張る立場に。新学年となり、新たなキャラクターも登場しさらに広がる『弱虫ペダル』ワールド。手嶋純太(岸尾だいすけ)新主将のもと新生チーム総北が始動する!激戦となったインターハイを終え、束の間の休息期間を経て新チームとして始動する総北高校。春に卒業を控え引退した3年生のためにもさらなる向上を目指すメンバーだったが、坂道は憧れの先輩である巻島(森久保祥太郎)からあることを告げられて…。

映像を観る
U-NEXT弱虫ペダル

ロードバイクと仲間との出会いが、弱気な少年を変える。アニメ『弱虫ペダル』の原作は、週刊少年チャンピオンで連載中の、渡辺航による同名漫画。千葉県総北高校の自転車部を舞台に、内気な少年がロードレースと出会い成長していく姿と、 自転車競技部で夢を追いかける少年たちを描いた青春スポーツコミックス。累計2,000万部突破の人気作品で、舞台化や実写ドラマ化などメディアミックスも盛んにおこなわれている。今作はTVアニメの第1期で、2013年10月から2014年6月まで、テレビ東京ほかにて放送された。幼い頃から自転車に乗り続けたことで並外れた脚力を身に着けていた小野田坂道(山下大輝)は、アニメ研究会に入ろうとしていたが、部員不足で部は活動休止中となっていた。アニメ好きの同志を募ろうと一念発起した坂道は、ひょんなことから自転車競技を志す同級生・今泉俊輔(鳥海浩輔)とレースで対決することになる。「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」と今泉にいわれ、勝負をするも坂道はあと一歩のところで負ける。それから数日後、坂道は関西から引っ越してきた少年・鳴子章吉(福島潤)と仲良くなる。そんな鳴子は中学時代に自転車競技で活躍していた少年だった。自転車競技の世界に触れた坂道は徐々にその魅力に引き込まれていき、自転車部の一員としてロードレースに挑戦する。

映像を観る
U-NEXT劇場版 弱虫ペダル

インターハイにおいて、激闘の末に見事総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部の小野田坂道。夏も終わりに近づく中、卒業を控える3年生の金城、巻島、田所から、「全力で支え合い走りぬく」というチーム総北の魂を受け継いでいくため に、日々の練習に取り組んでいた。そんなある日、チーム総北に、例年インターハイの成績優秀チームが出場する「熊本 火の国やまなみレース」の出場招待が届く。打倒総北に燃える箱根学園、京都伏見、広島呉南といったライバルチーム、そして“炎のクライマー”吉本を擁する地元熊本台一など、全国の強豪チームが参戦するこのレースにむけて、坂道ら総北メンバーは士気を高めていく。ただ、一人を除いて--。(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会

映像を観る
U-NEXT弱虫ペダル GLORY LINE

『弱虫ペダル GLORY LINE』は「週刊少年チャンピオン」で連載中の、渡辺航による少年漫画『弱虫ペダル』を原作としたアニメの第4期。2018年1月から6月まで、テレビ東京ほかにて放送された。原作漫画は累計発行部数2, 000万部を突破し、アニメだけでなく舞台化や実写映画化などもされている作品。ロードバイクにすべてを捧げた自転車競技部の戦いを描いた『弱虫ペダル』!小野田坂道(山下大輝)は進級し、その強豪校である総北高校で2回目のインターハイを迎えた。高校から自転車を始めた坂道は技術も経験も不足しており、プレッシャーに押しつぶされそうになりながらもチームのために走ることを誓い大会へ臨む。しかし3日に及ぶ大会の2日目、体調が優れなかった1年生メンバー鏑木(下野紘)はチームから遅れをとってしまう…。それを皮切りにバラバラになっていく総北メンバー。その隙に、ライバル校である箱根学園や京都伏見は、体制を整えどんどん差をつけていく。そのピンチに指示を無視して、ひとり先頭を追いかける総北の鳴子(福島潤)。あまりの逆境に心が折れてしまうエース今泉(鳥海浩輔)…。ここから総北高校に巻き返す手段はあるのか? 果たして誰が1番にゴールするのだろうか…? 少年たちの熱い想いの結末は!

映像を観る
dアニメストア 弱虫ペダル Re:RIDE

アニメやフィギュアが大好きなオタク少年・小野田坂道は、入学した総北高校で、中学時代に自転車ロードレースで名を馳せた今泉俊輔と鳴子章吉と出会う。坂道は、小さな頃から自転車で毎週往復90kmの秋葉原通いで知らずのうちに鍛えら れた自転車の才能、高回転<ハイケイデンス>なペダリングを彼らに見出され、自転車競技部の門を叩く。今泉や鳴子、そして金城、巻島、田所ら実力派の先輩たちとの練習でどんどん才能を伸ばしていった坂道は、意外性の力を見込まれ全国大会<インターハイ>のメンバーに”クライマー”として選出される。”全員がエース”という最強チーム、王者・箱根学園や、今泉が激しく敵対視する”怪物”御堂筋を擁する京都伏見高校など、全国の強豪校が揃う、3日間に及ぶ過酷な戦い。チーム全員の想いが詰まったユニフォームジャージを真っ先にゴールに届けるため、チーム総北は力の限りペダルを回し、疾走する!

dアニメストアで「弱虫ペダル Re:RIDE」を検索!

映像を見る
dアニメストア 弱虫ペダル Re:ROAD

総北高校入学を機に自転車ロードレースと出会い、その世界に足を踏み入れたオタク少年・小野田坂道。今泉俊輔や鳴子章吉らチームメイトとしのぎを削り成長した彼は、総北自転車競技部の全国大会<インターハイ>メンバーに選ばれる。栄光 を求める全国の強豪が一堂に揃う、過酷なレースがスタートを切った。己の誇りのために走る者。ライバルを超えるために走る者。“勝利”だけを欲しすべてを削って走る者。過去の復讐に燃える者。そしてチームのために想いを積んで走る者―。インターハイ総合優勝のゴールラインに最初にたどり着くのは、果たしてどの選手、どのチームか―。

dアニメストアで「弱虫ペダル Re:ROAD」を検索!

映像を見る
dアニメストア 弱虫ペダル SPARE BIKE

「弱虫ペダル SPARE BIKE 巻島裕介」春、総北高校に入学した巻島裕介。これまでたった一人で走ってきた彼は総北の自転車競技部に入部することで、自らの自由な走りで周囲から認められ、広い世界に羽ばたくことが出来る、と胸 を躍らせていた。しかし、彼の独特なダンシング走法は、部の先輩たちから嘲笑され、走り方を直すように言われてしまう。「自転車は自由だ」と信じていた巻島は…。/「弱虫ペダル SPARE BIKE 東堂尽八」オシャレであることがモットーの中学二年生・東堂尽八は、箱根の街に生まれ育った、老舗温泉旅館の嫡男。ある日、ロードバイクに乗る友人・糸川修作から自転車レースに誘われるも、ヘルメットで髪が乱れる理由から拒否。しかし試しに2人で競うように箱根の山を走ってみると、東堂の心の中にひとつの衝動が生まれ―。/「弱虫ペダル スペアバイク それいけアラキタくん」箱根学園1年生ヤンキー、荒北靖友は今日も授業をサボり、校舎裏へ。そこで出会ったのは…。

dアニメストアで「弱虫ペダル SPARE BIKE」を検索!

映像を見る
dアニメストア 弱虫ペダル Re:GENERATION

夏、灼熱のインターハイ。その戦いの地・栃木に、3人の男が向かっていた。昨年、総北高校自転車競技部のメンバーとしてインターハイを制覇した、金城真護、巻島裕介、田所迅だ。彼らは新生チーム総北の応援のために集結したのである。車 を走らせながら、3人は昨年の戦いを振り返りながら、新生チームへの期待に胸を膨らませていた。高校からロードレースを始めた初心者ながら今やチームのエースクライマーとなった小野田坂道、新キャプテン手嶋純太をはじめとする総北高校自転車競技部。インターハイの戦いに臨む彼らのこれまでの道のりは、決して平坦ではなかった。信頼し支えてくれていた先輩との別れ。「全員で支え合い繋ぐ」というチームの魂の継承。他校だけでなくチーム内の仲間とも激しくぶつかったインターハイ出場を賭けた戦い…。それらを乗り越え、全国の強豪が集まるインターハイの頂点を目指して、灼熱の地を駆ける!新世代(ニュージェネレーション)の始まりの物語が、ここに―!

dアニメストアで「弱虫ペダル Re:GENERATION」を検索!

映像を見る
dアニメストア 弱虫ペダル GLORY LINE

週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載中、渡辺航による日本を代表する自転車(サイクル)ロードレースコミック「弱虫ペダル」。ロードレースに全てをかける高校生たちが繰り広げる熱いドラマと戦いにファンは熱狂し、コミックス累計発 行部数は1700万部を超える。TVアニメシリーズはこれまで第1期(2013年)から第3期『弱虫ペダル NEW GENERATION』(2017年)まで放送され、性別・年齢を問わず多くの幅広いファンを獲得、まさに“自転車ロードレースアニメの金字塔”となった。そして2018年1月、TVアニメ第4期シリーズ『弱虫ペダル GLORY LINE』がいよいよ放送スタート!前年の全国大会<インターハイ>を制した主人公・小野田坂道が所属する総北高校。チームを引っ張った先輩たちが卒業・引退し、新たな世代のチームとして始動した彼らは、互いに刺激し合い、支え合い、高め合いながら、連覇を目指してインターハイの切符を勝ち取った。そして迎えた決戦の時。ライバルであり王座奪還を狙う箱根学園、怪物レーサー御堂筋を擁する京都伏見、そして全国の強豪たちが一堂に集い、優勝を目指して激しくぶつかり合う!選手全員が各々に秘める想い。直線を疾走するスプリンターとして、山を制すクライマーとして、そしてチームを勝利に導くエースとして… 栄光へのそれぞれのゴールライン=“GLORY LINE”を最初に駆け抜けるのは、果たして誰なのか―!?

dアニメストアで「弱虫ペダル GLORY LINE」を検索!

映像を見る
dアニメストア 劇場版 弱虫ペダル

インターハイにおいて、激闘の末に見事総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部の小野田坂道。夏も終わりに近づく中、卒業を控える3年生の金城、巻島、田所から、「全力で支え合い走りぬく」というチーム総北の魂を受け継いでいくため に、日々の練習に取り組んでいた。そんなある日、チーム総北に、例年インターハイの成績優秀チームが出場する「熊本 火の国やまなみレース」の出場招待が届く。打倒総北に燃える箱根学園、京都伏見、広島呉南といったライバルチーム、そして“炎のクライマー”吉本を擁する地元熊本台一など、全国の強豪チームが参戦するこのレースにむけて、坂道ら総北メンバーは士気を高めていく。ただ、一人を除いて――。

dアニメストアで「劇場版 弱虫ペダル」を検索!

映像を見る
dアニメストア 弱虫ペダル

千葉県にある総北高校に通う小野田坂道はちょっと気弱でアニメが大好きな高校一年生。坂道は高校に入ったらアニメ研究部に入部しようとしていたが、中学自転車界で名を馳せた今泉俊輔や、関西の自転車大会で賞を総なめにした鳴子章吉との 出会いによって、自転車競技部に入部することになる。自転車競技部では激しいトレーニングや事件が待ち受けていたが、金城、田所、巻島といった個性的な先輩や、沢山の仲間に支えられて数々の試練を乗り越えていく坂道。そうした日々の中で坂道の中に眠る自転車選手(ロードレーサー)としての才能が目覚め始める…!!

dアニメストアで「弱虫ペダル」を検索!

映像を見る
dアニメストア 弱虫ペダル GRANDE ROAD(グランロード)

総北高校に入学した、アニメやフィギュアが大好きなオタク少年・小野田坂道。同じく新入生で中学時代から自転車レーサーとして名を馳せた今泉俊輔と鳴子章吉との出会いをきっかけに、坂道は自転車の楽しさを知り、自転車競技部に入部する 。めきめきと才能を伸ばしていった坂道は全国大会<インターハイ>のメンバーに選出される。“全員がエース”という最強チーム、王者・箱根学園や、“怪物”御堂筋を擁する京都伏見高校など、全国の強豪校が揃う、3日間に及ぶ過酷な戦いに挑む総北。3校同着という波乱の結果となったインターハイ1日目。そして、それぞれが決意を新たにスタートラインに立ったインターハイ2日目。総北はアクシデントに見舞われ、そして箱根学園と京都伏見高校の走りに劣勢を強いられるも、全員の力で両校を追い上げていく。そして、2日目のゴールを獲るべく、それぞれのチームの“エース”が動き出す!勝利のため、想いの詰まったジャージをゴールに届けるため、総合優勝を賭けた、男たちの戦いが加速する!

dアニメストアで「弱虫ペダル GRANDE ROAD(グランロード)」を検索!

映像を見る
dアニメストア 弱虫ペダル NEW GENERATION

全国大会<インターハイ>において、チーム全員の力で王者・箱根学園ら強豪たちを破り、みごと総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部。熱い夏が終わり、金城、巻島、田所の3年生が引退を控え、1年生ながらインターハイで活躍した小 野田坂道、今泉俊輔、鳴子章吉と、新主将の2年生・手嶋純太と副主将の青八木一らは“新チーム”として、インターハイ連覇をめざして始動する。王座奪還を目指し新たなメンバーを加えこちらも新チームとして動き出すライバルの箱根学園。怪物レーサー・御堂筋翔率いる京都伏見高校。全国の強豪たちもインターハイの頂点を目指して走りを磨く。新たな仲間、新たなライバル、そして新たな戦い…。男たちの熱きドラマが幕を開ける!

dアニメストアで「弱虫ペダル NEW GENERATION」を検索!

映像を見る
弱虫ペダル関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

弱虫ペダルがランクインしている特集一覧

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する
affiliate:0.039813041687012