面白い漫画にドンドン出会えるマンガナビ

home

坂道のアポロンは面白い?評価点数・レビュー・無料の有無をチェック

『坂道のアポロン』をおすすめ!  坂道のアポロンの面白さを感想レビュー、みんなの評価点数と口コミ関連情報で紹介。  坂道のアポロンは「音楽漫画」と「アニメ化少女漫画」と「話題の漫画の実写化・アニメ化」と「高校生漫画」と「」と「小玉ユキ」と「実写化・アニメ化された人気の女性漫画」と「フラワーズ(flowers)」と「」と「片思い漫画」と「」と「」と「少女漫画歴史」と「ジャズ漫画」と「勉強になる漫画」と「昔の少女漫画」と「純愛漫画」と「実写化・アニメ化の神漫画」と「少女漫画名作」と「ノスタルジー漫画」と「名作青春アニメで漫画が原作」と「ピアノ漫画」と「神漫画」と「友情漫画」と「漫画ランキング」とにランクインしています。  このページでは坂道のアポロンの作者・小玉ユキ先生の他の漫画や坂道のアポロンが好きな人のためにテーマ・ジャンルでの類似漫画、お気に入りの漫画家の他の作品(過去作)、同じ掲載誌などからの面白い漫画も探せます。さらに各社の無料試し読みサービス比較表付き。  そしてあなたの評価を30秒で簡単にSNSシェアできる!【スタンプ点数評価】付き。  この作品を面白いと思う人のために最新刊~完結情報までしっかり紹介♪  坂道のアポロンの最新刊は『坂道のアポロン BONUS TRACK(10) (フラワーコミックスα) 』  完結済です。動画配信(動画配信各社の比較付き)・予告動画・声優・出演者・監督の関連情報も随時紹介!

公開日:2008年04月25日

作品紹介

1966年初夏、横須賀(よこすか)から地方の高校へ転入した薫(かおる)。幼い頃から転校の繰り返しで、薫にとって学校は苦しいだけの場所になっていた。ところが転入初日、とんでもない男と出会い、薫の高校生活が意外な方向へ変わり始め…!?
●収録作品/坂道のアポロン(1)/種男(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

漫画タイトルあいうえお検索

 4.3  [ストーリー性 4.3 | キャラクター性 4.3 | 画力 4.3 | 読後感 4.3]

坂道のアポロンのオススメ感想レビュー

バンドならぬジャズセッションが生きる!昭和初期を舞台にしたピュア恋音楽漫画

坂道のアポロン (8) (フラワーコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

音楽は万国共通語で、その土地の言葉が分からなくても知っている歌を口ずさむことで思いが通じることはある。
NYのハーレムでも日本でも、生まれ育った境遇が違っても、音楽は言葉の代わりになり人をつなぐ鎹になる。

ハーフで孤児で暴れん坊の千太郎と、両親が離婚して長崎の遠縁に引き取られた優等生の薫。
同じ学校に通っていても絶対に合うはずのない平行線の高速道路のような二人が親友になったのも、ジャズでコミュニケーションできたから。

流れる曲目もCMや映画で聞いたことがあるものばかりで音のイメージがつかみ易く、何となくコマから音楽が見えるような錯覚を生じるのは気のせい?

「ああ、あれはジャズだったのか」と気づくと同時に、学園祭の盛り上がりぶりを見てジャズを聴きたくなった人は、アート・ブレイキー「モーニン」からいかが。

坂道のアポロンのおすすめ漫画レビューを投稿

夢とロマンとノスタルジーにあふれていた時代に生き生きと輝いている青春群像劇

坂道のアポロン (5) (フラワーコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

1966年、長崎。昭和という時代に日本が急速な経済成長を遂げている真っ只中。
佐世保の高校に転校してきた秀才肌の薫と、腕っ節も正義感も人一番強いバンカラ男の千太郎。
千太郎との出会いをきっかけにジャズの魅力を知った薫は、仲間と奏でる音楽の楽しさに目覚めていく......。

アメリカ文化が色濃い海辺の街を舞台に、恋と友情、音楽の喜びが鮮やかに交錯し、夢とロマンとノスタルジーにあふれていた時代に生き生きと輝いている青春群像劇マンガ。

坂道のアポロンのおすすめ漫画レビューを投稿

友情の作り方の秘密がここある

坂道のアポロン(1) (フラワーコミックスα)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

戦後の日本の高度成長期・1960年代の長崎が舞台。
腕っ節も正義感も人一番強いバンカラ男の千太郎はケンカに明け暮れる日々。
そこに転校してきたのが優等生薫。
まったく接点の無い二人を偶然結びつけたのが「ジャズ」。
ジャズが千太郎と薫の二人の絆を強く、強く結びつけていく。

全編に漂う昭和の香りが彼らの青春を熱くさせ、ドンドン変化していく時代の熱気が伝わってくる。

男同士の友情、恋、嫉妬、ケンカ、恥、せつなさ、別れ、音楽、等青春のすべてがこれでもかと言わんばかりのストーリー展開だ。

どの男女も真っ直ぐで潔い。
こんな青春時代を送りたかったとおもわせる素敵な作品。

坂道のアポロンのおすすめ漫画レビューを投稿

昭和と男の友情=爽やかキャラコンビとジャズと初恋のベストマッチに萌え!

坂道のアポロン BONUS TRACK(10) (フラワーコミックスα)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

ドカベンを知っていますか?常に葉っぱを加えた岩鬼と、秀才でピアノが上手い殿馬。千太郎と薫の二人を見てふと思い出したのが昔懐かしいこのコンビ。

本作品には山田太郎を彷彿とさせる体型の丸尾くんもいて、「もしやこれはジャズ版のドカベン?」ととっかかりの期待はマックスに跳ね上がります。

千太郎は「石原裕次郎がアート・ブレイキーのように、効く人によっては若干耳障りなくらいドラムを叩きまくってるんだな」とか、絵だけで、それほど♪を散らしていないのにもかかわらずなぜかジャズの音の感覚、リズムが伝わってくるから不思議なんですよ。

ロックじゃなくて、ジャズセッションが見えてくるのは昭和という時代背景があるから?
読んだ後は久しぶりにライブを聞きに行きたくなるかも。

ジャズに興味が無い人でも学ランや学生運動などの、60年代の青春物語は平成っ子も「ああ、うらやましいくらい、これはこれでいい時代だったんだな」と、新鮮に映り憧れてしまいそう。

そして純な"男の子"と"女の子"達が経験していく友情、せつない恋がマンガの中から流れ出してくる音楽と最高の青春萌えセッションで魅了してくれます。

坂道のアポロンのおすすめ漫画レビューを投稿

昭和の香りを味わえる爽やかすぎるジャズセッションな高校生活

坂道のアポロン BONUS TRACK(10) (フラワーコミックスα)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

ケンカに明け暮れるハーフの千太郎と、転校ばかりの優等生薫。絶対接点がなさそうな二人をつないだのがジャズだった。

全編に漂う昭和の香りが彼らの青春を盛り上げて、時代の熱気が伝わってくる。

学生運動とか、ジャズとか、慣習に縛られた世間とかが昭和の時代感を醸し出して、画面を通じて当時の彼らにつきまとう時代の息苦しさ、その合間の音楽による解放感が伝わって、物語に引き込まれていく。

昭和を知らない世代が読んでも、「平成とは違うけれども、そこが良い」と素直に認められる、あざとくない「平成生まれの昭和の青春」を味わうのには最適な漫画。

坂道のアポロンのおすすめ漫画レビューを投稿

昭和中期を舞台にしながら今に通じる「絆」の物語り

坂道のアポロン BONUS TRACK(10) (フラワーコミックスα)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

多くの人を苦しめる「孤独感」からの解放に必要なのは「絆(きずな)」である。

「絆」があるということは、いつも一緒にいることを意味するのではなく、離れていても心が必ずどこかでつながっているということ。

それは持っている人にとって、とても尊いものと感じられるもの。

「坂道のアポロン」を読む度に人はこの「絆」を誰かと作るためにもっともっと時間を使うことの必要性があるということを、強く強く感ぜすにはいられない。

人と人とが出会うことでそこに必ず大きなエネルギーが生じる。あの時代だから出来たことではなく、今でも、いや今からでもやり直して「絆」を作ることをしたくなる。

この作品には、絆(きずな)、男同士の友情、恋、嫉妬、ケンカ、恥、せつなさ、別れ、音楽、等青春のすべてがこれでもかと言わんばかりにここに素敵に詰め込まれている。

千太郎と薫(主人公・男)の出会い、本当の友達になるシーン、ジャズを通してのやりとりなどどれをとっても読んでいて気持ちが温かくなったり、切なくなったりなぜか男の子二人の関係性ににときめいてしまう。

二人がそれぞれ持って強さ、弱さを真っ直ぐにぶつけ合って喧嘩して、結果として傷つけあい、でも信じて、言葉に出さずに支え合う。

そんなことができる友だとお互いに信じている二人が素敵だ。どのシーンを切り取っても、あぁ、自分もこんな友達や人達と知り合い、ケンカをして、10代の青春時代を過ごしたかった!!!と思わせる素敵な青春漫画作品。

何度読み返してもいいです!

坂道のアポロンのおすすめ漫画レビューを投稿

「男の友情」良いです!本当に良いです!

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)

ストーリー性
キャラクター性
画力
読後感

クラッシックしか弾かない真面目な優等生が、転校先でジャズに夢中の不良と出会い、正反対の2人が音楽を通して友情を深めていく青春群像劇。アニメ化もされている人気作品。

家庭の事情が複雑だったり、トラウマを抱えていたりしてお互い衝突しながらも、どんどん信頼を深めて乗り越えていく。男の友情は素敵だなとしみじみ感じた。

幼馴染のそばかす娘との恋愛模様にも注目してほしい。素朴で清楚で可愛らしく、近年見る女の子キャラとは一味違う、
ノスタルジックないい味が出ているキャラクターだ。三角関係、四角関係と発展していくけれども、みんながみんなお互いのことを考えて行動していて、胸がキュンとなる。

また、坂道のアポロンでは、なかなか触れることのできないジャズについても勉強することができる。主人公と一緒にジャズに興味を持っていく感覚で、すっと自然にジャズの世界に入っていくことができたので、人生観を変えてくれた一冊だと思っている。"

投稿者 Re:Nuts  

坂道のアポロンのおすすめ漫画レビューを投稿

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • おすすめ
    コメントを投稿する

坂道のアポロンにこれ読みたい!ボタンを押した人達

  • kyunkyun  
  • 凱風快晴  
  • Soy-latte  
  • hitomiho  
  • kiss-777  
  • ぴっぴかん  
  • いっきゅう。  
  • 桃タロス  

坂道のアポロンにこれおすすめ!ボタンを押した人達

  • 加古S  
  • Rio  
  • (・_・`)*。゚amnos  
  • 優  
  • うりうり  
  • <(^O^)テレテレ  
  • moon  
  • 微放置  
おトクな! 無料エリア各社増量中!!

坂道のアポロンの映画化・TVドラマ化・アニメ化等の関連映像紹介

PrimeVideo坂道のアポロン

”1966年初夏。高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる九州へ引っ越してきた。それまで優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きのワル”と恐れられる破天荒なクラスメイト・川渕千太郎と の出会いが彼を変えていく。 (C)太郎を通じて知ったジャズの魅力、そして初めての「友達」と呼べる存在。仲間と奏でる音楽がこんなにも楽しいなんて!千太郎の幼なじみで心優しいレコード屋の娘・律子、ミステリアスな上級生・百合香、憧れの兄貴分、淳兄・・・。 (C)メリカの文化漂う海辺の街を舞台に、友情・恋心・音楽がまぶしく交錯する青春群像劇!(C)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会”

(アマゾンより引用‐リンクは表紙画像から)

映像を観る
U-NEXT坂道のアポロン(実写版)

医師として病院に勤める西見薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”・・・・・・薫は転校先の高校で、誰もが恐れる不良 千太郎と、運命 的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい――。知念侑李/中川大志/小松菜奈/真野恵里菜/中村梅雀/ディーン・フジオカ/山下容莉枝/松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)/野間口徹

映像を観る
U-NEXT坂道のアポロン(アニメ)

1966年初夏。高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる九州へ引っ越してきた。それまで優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きのワル”と恐れられる破天荒なクラスメイト・川渕千太郎との 出会いが彼を変えていく。 千太郎を通じて知ったジャズの魅力、そして初めての「友達」と呼べる存在。仲間と奏でる音楽がこんなにも楽しいなんて!千太郎の幼なじみで心優しいレコード屋の娘・律子、ミステリアスな上級生・百合香、憧れの兄貴分、淳兄・・・。 アメリカの文化漂う海辺の街を舞台に、友情・恋心・音楽がまぶしく交錯する青春群像劇!

映像を観る
FOD坂道のアポロン(2018)

医師として病院に勤める西見薫。 忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。 10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”・・・・・・ 薫は転校先の高校で、誰もが恐れる不良 千 太郎と、運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい――。原作:小玉ユキ『坂道のアポロン』(小学館「月刊flowers」FCα刊)知念侑李/中川大志/小松菜奈/真野恵里菜/中村梅雀/ディーン・フジオカ/山下容莉枝/松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)/野間口徹■監督:三木孝浩■脚本:髙橋泉■音楽:鈴木正人■主題歌:「坂道を上って」小田和正(アリオラジャパン)■エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎/上田太地■プロデューサー:八尾香澄/田辺圭吾/岡本順哉 ■ラインプロデューサー:森徹■音楽プロデューサー:安井輝■撮影:小宮山充■照明:保坂温■美術:花谷秀文■録音:矢野正人■編集:穗垣順之助■装飾:鈴木仁■スタイリスト:望月恵■ヘアメイクプランニング:池田真希■VFX:菅原悦史■音響効果:伊藤瑞樹■スクリプター:古保美友紀■助監督:成瀬朋一■制作担当:藤野尚美■製作:アスミック・エース/東宝/小学館/ジェイ・ストーム/C&Iエンタテインメント/KDDI/東急エージェンシー/GYAO/日本出版販売■制作プロダクション:アスミック・エース/C&Iエンタテインメント (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会(C)2008 小玉ユキ/小学館-(FODページより引用)

で「坂道のアポロン(2018) 」を検索!

映像を見る
坂道のアポロン関連の映像・動画を見れるおすすめサービス一覧

好みが一緒かも!?

これ読みたい!これおすすめ!
ユーザー画像ボタンからその人の投稿履歴や
読みたい!おすすめ!漫画棚を見ることができます。

無料会員登録する

クリックして表示する

漫画タイトルあいうえお検索

「坂道のアポロン」のひとこと感想コメント

  • TEST

坂道のアポロンがランクインしている特集一覧

漫画タイトルあいうえお検索

ログイン
マンガナビゲーター無料登録

マンガナビのメニューをフルに利用するためのログイン登録こちらから

無料登録する
affiliate:0.020222187042236